その他

『箸りんぴっく』を知っていますか?

 

ひょんなことから、「箸りんぴっく」世界大会に参加することになりました。

 

「箸りんぴっく? なあに、それ?」と思う方もいるのではないでしょうか?

かくいう私がそのクチで、お誘いいただくまで知りませんでした。(スミマセン)

 

「箸りんぴっく」は、殻付きピーナツを箸でつまみ、皿から皿へ、どれだけ早く移せるかを競うゲーム。楽しく箸使いに親しめるようにと、国際箸学会が始めた競技です。

 

国際箸学会とは、箸使いの変な子どもが増えて来たことに危機感を感じた有志が立ち上げたもので、全くのインデペンデントな学会です。学会の本拠地川口では、地道な箸文化の啓蒙活動をしています。

 

→ 国際箸学会HP はココ!

 

その国際箸学会が、今年1月、第一回「箸りんぴっく」世界大会を開催することになり、箸学会に所属する知人から、参加しないかと誘われたのでした。

 

どうです? 世界大会ですよ? 参加しちゃうでしょう、そりゃ。

まずは「箸りんぴっく」の競技「箸ピー」がどんなものか、やってみました。

 

hasi_1

 

左手で箸を持つのが、意外なほど難しい。ちょっとやったら腕がパンパンになりましたが、何だか新鮮な感覚です。(ちなみにいつまでも若いヒロミ・ゴーさんは、最近ペンや箸を左で使うとTVで言っていました。脳の刺激になるんだって)

 

で、箸ピー、地味にハマります。家ではこの1ヵ月、いつでも練習できるよう、料理用のバットにピーナツを入れてテーブルの隅に置いていたのですが、気づくと息子がスマホのアラームを横に、箸ピーをしていたりして。大会にまったく関係ないのに、日々記録を伸ばしていました。

 

そして迎えた大会当日。川口市教育委員会が大会を後援しているとあって、開会式では市長から祝電が届いたりと、かなり本格的でした。

hasi_2

私は「個人戦」「団体戦」と2種類に参加したのですが、個人戦で隣に座ったのは取材に来た文化放送の方で、箸ピーしながら実況中継するという、離れわざをやっていました。番組名を聞き、後日放送(「セットアップ」という番組でした)を聞いたら、完璧な実況中継!プロは凄いと思いました。

 

で、試合も終わり表彰式。

hasi_3
個人戦・団体戦ともに1位に輝いたのは、長野県の養護施設「愛育園」の子ども達でした。もう、この子達はスピードがケタ違い。違う競技みたいでした。競技中もと~ってもお行儀が良く、帰り際は一列で美しく挨拶をして行くなど、負けて悔いなし!の相手でした。

 

で? オマエはどうしたんだって?

ふふふ、我々「熟女チーム」は! ドロロロ・・(ドラムロールのつもり)

 

団体戦 総合3位入賞です!

 

メンバー5人は、当日会場で初対面だったり、会場に来て何をやるか知った方もいたのですが、そこはソレ、皆さん毎日台所に立つ身。主婦歴長いっす!これからは、どうぞアタクシを、「銅メダリスト」と呼んでください。(言ったもん勝ち)

 

 

(奥岡 伸子)

 

 


8 Comments

  1. nobuko2

    おめでとうございます!

    よっ!!メダリスト!!
    (『銅』なーんて要らないでしょう)

    これで世の中に「箸にも棒にも掛からない」ようなことはなくなったってことですね♪
    めでたい!!

  2. ひれり

    うゎ~、胴メダルおめでとうございます!
    あっ、銅メダル(へ・へ・へ)
    さすが世界大会、厳かな感じがしますね。
    左手?そりゃ、難しい。出来る気がしない@@。
    銅メダリスト伸子さんの左手公式記録はいくつですか?
    集中力を鍛えるためとボケ防止に私もトライしてみようかな。
    私たちはお箸を毎日使って暮らしていますが、ホントにお箸って便利だと思います。
    サラダだって、お箸が一番食べやすいよね。
    日本人でよかった♪と思います。
    応援に行けずに残念でした、来年も参戦されますか?
    チアゲールのボンボン作って 応援します!

  3. nobuko

    きゃー!  nobuko2 さんいらしゃーい!

    >よっ!!メダリスト!!
    >(『銅』なーんて要らないでしょう)

    いや~ん。 そお? そお?
    樹に登っちゃう~。ガシガシ・・・

    >これで世の中に「箸にも棒にも掛からない」ようなことはなくなったってことですね♪

    うまいね、どうも。

    へえ、箸にはかかるみたいです。

  4. nobuko

    ひれりさん♪ 遊んでくれてありがとう!

    >さすが世界大会、厳かな感じがしますね。

    わははは(^▽^;) 会場で『世界大会』という言葉が出ると皆がちょっと笑うという。た~いへんのどかな世界大会ですが。

    世界に広がっていこう!と意気軒昂です。

    >左手?そりゃ、難しい。出来る気がしない@@。

    いやこれが、最初はびっくりします。お箸がバッテンになっちゃったりして「幼児か?アタシは!」と思う。
    でも、成長するんですこれが。

    >銅メダリスト伸子さんの左手公式記録はいくつですか?

    ふふふふ個人戦では、予選落ちしましたが結構イイセンだったんですよ。

    私は箸以外は左利きなので、左右の差があまりないんです。記録紙は提出しちゃったので確認出来ないんですが、公式記録は確か182かな。
    右93 左89だったんじゃないかと思います。

    決勝進出した6名の最後の方が195位だったから、もうちょっとだったなー。

    で、試合が終わってからもついついやっちゃってるのですが、今の非公式記録では200出せます(何にもならないけど自慢)

    ちなみに先日初めてやったツレは、右85左15合計100という成績で、「右脳がもう老化してる」と言ってました。

    >応援に行けずに残念でした、来年も参戦されますか?

    やっちゃうかも~(^^;)
    踊るアホウは 割と楽しいです。 

    ポンポンチアガールと言わず、練習して参戦してください。

  5. 餡子

    うっわ〜、祝メダリスト!
    すごいじゃん。
    私も応援に行きたかったなあ。
    参加は・・・う〜んとえっと、相当特訓してからじゃないと
    戦力外通告を受けそうだけど(汗)
    きっとダーさまよりも成績悪いと思う。
    左手でお箸持ったことないし。
    『箸りんぴっく』何より面白そうなのがいいっすね。
    ヒロミ・ゴーの若さを目指して、今から左手特訓を始めようかしら。

  6. nobuko

    おお、餡子ちゃん。いらっさ~い!

    >私も応援に行きたかったなあ。

    いや~(^^;)応援されると恥ずかしいですよ。
    なんせ真剣に、V(@@)。箸でピーナツつまんでるんですから。

    >参加は・・・う〜んとえっと、相当特訓してからじゃないと

    確かに両利きの私はアドバンテージが大きいのですが
    これがね、意外とやれるようになります。

    主婦は普段箸を使う機会が段違いに多いですから、割と有利な競技かもしれません。

    >『箸りんぴっく』何より面白そうなのがいいっすね。

    大の大人が大真面目にやってるのが楽しいです。

    平和だなあって嬉しくなる。

    箸学会の方々は、「ミスVJ観光大使」だったかな、世界73か国の美女コンで「箸ピー」紹介したんですよ。

    外国のものすごい美女さん達が「箸ピー」やっている映像は、楽しいったらない。やっている皆さんも笑顔で、しかもかなり上手いのが驚きでした。

    ボヤボヤしていると、お家芸の箸競技で世界に負けちゃうかも~~。

  7. けい

    なんと世界3位!
    おめでとうございます(≧ω≦)b

    箸りんぴっくも箸ピーも初めて聞きましたが
    楽しそう!
    こんなに盛り上がってお箸が上手に使えるとイイですね

  8. nobuko

    けいさん、いらっしゃませ~!

    遊んでくれて、ありがとうです!

    >おめでとうございます(≧ω≦)b


    きゃ~!(≧ω≦)v ありがとうございます!!

    >箸りんぴっくも箸ピーも初めて聞きましたが
    >楽しそう!

    楽しいんです、これが。

    当日はまさに老若男女がゲームに参加したのですが、貫録のある壮年男性が左手箸で「む。む。む。。」なんてピーナツと格闘している画は、可愛らしいというか微笑ましいというか。

    どんな年齢の人でも、ガチンコ勝負出来る、良いゲームだと思います。

    >こんなに盛り上がってお箸が上手に使えるとイイですね

    そうですよね。

    お箸の国のヒトだもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。