その他

50代、老眼鏡デビューめざします(その2)

老眼鏡を買おうと思ってはいる話を先日書いたが、日々の雑事に追われてなんとなく後回しにしている自分。
心のどこかでまだ認めたくないからなのかなあ。
しかし目の疲れは進む。小さな字を読むと頭がクタクタ。

この間はボタン付けしようとしてどうしても針穴に糸が通らず、投げ出した。

 

いかんいかん、前に進もう!
えーと、度数を調べるところからだ。
ネットで「老眼 度数」と検索すると、「老眼度数確認表」が何種類か出てきた。
「適度な明るさの下で、30センチ離して字を読んでください。読みづらいところがあなたの度数」

ふーむ。読んでみよう。

2014072617110000

 

読もうと思えば、がんばって読めてしまうんだよなー
どこが「読める」と「読みづらい」の境界なのかがよくわからない。
こういうときはプロのアドバイスを受けたほうが話が早い。
ちょうど私が気になっている老眼鏡・クリックリーダーが店頭で見られるショップが東京には1軒だけあるというので、
そこに行けばついでに現物も試せるし、行ってみるか。

ということで重い腰を上げ、新宿・京王百貨店に向かった。

京王百貨店

 

京王の1階にあるショップを探す。場所がわからないのでインフォメーションの女性に
(「老眼鏡」って言えなかった。見栄っ張りなワタシ)

「すみません、リーディンググラスの……」

エレベーター前の小さなスペースを案内される。リーダーズという、老眼鏡ばかりを扱っているコーナーがあるらしい。

 

老眼鏡の度数は1~3.5まで0.5刻みになっているんだって。順番にかけてみて、文字が一番読みやすいのはどれかを探った結果、1.50というのが今の自分に合うようだ。
老眼鏡通販のウェブサイトで見ためやすは、
40~45歳 1.00
45~53歳 1.50
50~58歳 2.00
55~63歳 2.50
60~68歳 3.00
65歳以上 3.50
いま54歳の私は、まあだいたい人並みの老眼度数なのねー。

しかし老眼鏡ショップって面白いなあ。初めて行ったけど、思いっきりかわいい柄とか、折りたたむと眼鏡が平たくなってしまうものとか色々あるんだ。
近視に加えてもう1つ、ということになるとカバンの中でも邪魔くさい存在になるから、なるべくコンパクトになるように工夫しているのかな。

「ほら、このように小さくなります」と店員さん。

「おおーっ」と驚くわたし。

その繰り返しが何度かあって……

 

そんな中にありました、クリックリーダー。
コンパクトとは真逆のその姿。さっそくかけてみる。
なかなかいいじゃないの。
持ち歩くのは不便そうだけど、

まずは会社に置きっぱなしにしておこうと思ってるからその点は問題ないし。
「ユーロ」というモデルがかっこいい。
ただ、サイズが1種類しかないのが難点といえば難点。
私は頭が小さくて顔の幅もあまりないので、ふだん眼鏡を買う時でも合うものを探すのに苦労するほうだから、これもけっこう奥行がゆるい。
かける人のサイズに合わせてツルの部分が引き出せるようになっていて、
大きな顔の人にはある程度対応可能なんだって。

 

ショップでいろいろ見せていただいたし、ここで買おうかなとも思ったのだけど
色が1色(パープル)しかないというのでその日は買わずに帰宅。
帰る前に価格をチェックした。通販でもっと安く出てないかなとも思って…。
(つまり、まだ買っていません。続きます。タムラ♪)

8 Comments

  1. YUKO

    先日仕事でご一緒したカメラマン、たぶん60代中盤のお年。「老眼鏡をかけたくなくて、ずっと使わないで我慢してたら、だんだん見えるようになってきた、気力でしょ」と言ってました。
    ウソでしょ、と思うけど、ちょっとわかるような気もする。
    私も3~4年前までは、ちょっと見にくいなと思いつつも、めがねナシでけっこういけた。
    でも、そういう状態はよくない。どんどん目が悪くなる、とかなんとかものの本で読んで、めがねを使うようになった。
    するとどうでしょう。
    アッという間に、めがねナシでは本が読めなくなってしまいました。
    ギリギリのところで、もう少しふんばってたらよかったかも、と思う今日このごろです。

  2. nobuko

    そっかー・・

    もともと近視+乱視で眼鏡の私は、レンズを変えるだけなので「老眼鏡にしたくない」という抵抗がなかったかもしれなません。

    クイックリーダーって、フロントホック(?)がカッコいいですね。

    私は遠近両用なのですが、寝転んでDVDを見ると画面がボケることに最近気づき、ダラダラしたいがために遠近でない眼鏡に変えるというずぼらをやっております。

  3. タムラ

    YUKOさんコメントありがとうございます。うーん、気力か。「戻れない道に踏み込む」という不安があるのだけど、やっぱり一度使ったら手放せなくなっちゃうんですね。もう少し気力でいくかなぁ。

  4. タムラ

    nobukoさん、コメントありがとうございます。そうそう、フロントホックですね!「買っちゃえば楽になるじゃん」というわたしと「いちど買ったら、後は度が進むだけだ!」というわたしがここ数日、頭の中で戦っています。ミョーな抵抗があるんですよね。まずは遠近からという考え方もあるか…(いまは中近なので1歩前進)。

  5. kaoru

    実は今「老眼はくい止められる!」という本にとりかかっていて
    色々調べたら、日々努力すればある程度はキープできるみたい。
    でも見えなければ仕事にならないし、危ないので老眼鏡は必要ですよね。
    努力というのは目のストレッチとか部屋の環境とか簡単なことですが・・・
    私は右目だけは見えるので目の疲れは酷いけど、最近はメガネなしでやってます。
    詳しくは本が出たら読んでみてね!!

  6. タムラ

    kaoruさん、コメントありがとうございます。目のストレッチって!?興味しんしんです!本が出るまで老眼鏡がまんしようかな……

  7. kaoru

    タムラさん、目も筋肉を使って見ているので、
    目の疲れ=体の疲れ(筋肉痛)と一緒らしい。
    だから筋肉をほぐすストレッチや温めたりすることがいいみたい。
    でも、メガネをかけないと危険、もしくは仕事にならないなら
    ぜひカワイイのを買って下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。