その他

50代、老眼鏡デビューめざします

この2か月くらい、外国語会話本の校正を繰り返す日が続いてた私。

久しぶりに自分が執筆に関わってもいる本で愛着もひとしお。途中で修正が何度も入ったので、全体に変な食い違いが出ていないかのチェックも大変だ。
しかしこの本、とにかく細かい字が頻出する。読みづらいよ~。
「もう少し字を大きくしないと読者が読めません」と注文つけまくっていたら、共同執筆者が不思議そうな顔でこう言った。
「うーん、でもねタムラさん、この字なら僕は読めるよ」
あ、そうか。これが老眼なんだ。

ちょっとショックなのは、「僕は読めるよ」の友人は私より3歳上だということだが、個人差は仕方ない。
そこで今回の校正では拡大鏡が大活躍した。ていうか、拡大鏡なかったら作業がたちゆかない状態。
出先で使う持ち歩き用と、自分の机で使う高倍率の2種類を使い分けた。

でもけっこう面倒くさいんですよね、拡大鏡。
引き出し開ける→箱から出す→見る→しまう

「どこに置いたっけ」→「あ、会社に2つとも置きっぱなし」→裸眼で読む→目の奥から頭の芯まで疲れる→校正にならん
そして見える範囲は狭いし、端のほうは歪む。
頭が疲れちゃうよ。

やっぱりそろそろ買うか、老眼鏡。今まで手を出さずにきたけど、あれば便利なのかもしれないし、1本試しに買ってみるか……。
いくらぐらいなのかな。100均でも見かけたことがあるけどさすがにちょっとなあ。初めてだからなあ。

度数ってあるのかな。

あんまり老人くさいのはイヤだな。おしゃれなのってあるのかな。
と、そのとき頭に浮かんだのは、朝のNHK-BS「日本縦断 こころ旅」で見る火野正平だ。この人が番組中で視聴者のお便りを読むときにかける眼鏡(老眼鏡)が妙にかっこいいのだ。

首からかけてて、使うときは真ん中でばらして、それをカチッとくっつけて眼鏡になるものなんだけど……

 

2014070408380000.jpg 2014070408390000.jpg
すいませんこの説明じゃ全然わからないですね。
見てもらうのが早いので、見てください。これです。

 

今のネット検索はほんと便利で「火野正平 老眼鏡」で検索するとすぐ出てきた。
これを候補にして、えーと度数は…
自分の度数がわからない。
老眼初心者は、まずは度数から調べることにしたのでした。

 

(つまりまだ買っていません。続きます。タムラ♪)

6 Comments

  1. YUKO

    タムラさん。私は老眼鏡いろんなデザインで5~6本持ってます。季節や気分で変えるつもりで作ったんですけど、結局、いろんなところに置き忘れるので、5~6本あってちょうどいい、って感じです。ときどき頭の上に2個くらいのっけてることもあるんですよ。

  2. kaoru

    私も45才くらいからグッと目が悪くなり、
    パソコン使う時だけメガネ使ってました。
    今は、紙ですっごく小さい字の時は、
    特大虫メガネ!!
    たまたま家にあったけど便利です。
    なんにしても、とにかく目が疲れやすくなったのは確かです・・・。

  3. nobuko

    YUKOさん、頭に2つはのせ過ぎでは(≧∇≦)
    私は近視&乱視なので、遠近両用ですが、両用はPCが見にくい。

    顎を上げて顔をそらす形になり、PC仕事が長引くと背中がコリます。

    それではと「楽近」メガネにすると、今度はそのまま出かけて周りが見えなかったりして。
    老眼鏡は難しいです。

  4. タムラ

    YUKOさん、5~6本とはおしゃれですね!まあ、きっと私も置き忘れ頻発だから、どんどん買い足すかも・・・まずは、初めの1本えらびです!

  5. タムラ

    kaoruさん、特大虫めがねも考えたんですけど、両手を空いた状態にするにはやはり老眼鏡という選択肢が出たんですよ。ほんとに目が疲れちゃって、肩もこる・・・。

  6. タムラ

    nobukoさん、私は現在「中近(ちゅうきん)両用」というタイプ使ってます。遠くと、1.5メートルくらい先のものを見るというもの。最近、近くが見えないのがすごいストレス…先週は針に糸がどーしても通らず、ボタン付けを投げ出しました。「楽近」というのもあるんですかー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。