その他

寝過ごしおじさんの冒険(下)

前回は、上越新幹線で寝過ごしたおじさん3人がタクシーで宿へ向かったところまで。
そして後半は宿に着いたところから始めます。
(ほんとにたいしたオチがないから、すみませんが)
宿に着いたおじさんたちがフロントで明朝のタクシーを頼むと、それはできないと断られた。

なんでだよ?

説明してくれたフロントさんの話だと、「朝イチの新幹線に乗るから」と前日予約してても、翌朝くじけるお客さんがけっこう多いんですって。
「予約する→しかし起きてきやしない→タクシーに謝って帰ってもらう」

の繰り返しに懲りた宿は、最近では
「朝、ちゃんと起きてきたら、そこでタクシーを呼ぶ」ことにしたそうだ。
タクシーはすぐ来ますから大丈夫、という。
知らない同士のおじさん3人は大きな温泉に浸かり、ちょいとまた1杯やり、
「明日、必ず起きようね」と誓い合って床に就く。
そして朝。3人はみごとに起きて、タクシーを呼んでもらい、
越後湯沢から始発の上り新幹線に乗ったそうだ。

******************************
ふーん。これがおばさん3人だったらどうかなあ。
やっぱり自己紹介しちゃうかなあ。
話に花が咲き・・・寝坊して・・・になるかなあ。
「名前も、連絡先も、なにも聞かなかったなあ。
お互い気を付けような、って別れておしまい」
まああっさりした結末、なのだが、
Tさんたら、思いがけず再会したという。それもまた上越新幹線で。
ある日の電車が下車駅の高崎に差しかかるのにまたもうつらうつらしていたら、通路を行く人にポンと肩を叩かれた。
びっくりして顔をあげると、あの、タクシーに誘ってくれたおじさん。
「高崎だよっ」とひと声のあとTさんにピースサイン。
サッと通路に戻って歩いていったそうだ。


「だからたぶん降りる駅も高崎、一緒なんだけどね。見かけないなぁ。まあ、いいのさ」

 

なーんか、かっこいいのかカッコ悪いのかわからない話でした。

(やっぱりあんまり面白く終われませんでした。すんません)
以上、レポートは
♪タムラ

8 Comments

    1. タムラ

      yukoさんすいません、「大冒険」じゃなくて「冒険」程度の話なんで・・・。こんなもんで…。
      でも乗り過ごしたくないなー。近郊電車でも気を付けよう、と思います。

  1. nobuko

    お店がタクシー予約を聞いてくれない理由が笑えました。
    しょーがねえなあもうと言いつつ人間らしさに笑っちゃいます。私も先日また寝過ごしましたが、山手線だったから大丈夫。ビバ山手線。

    1. タムラ

      わたしもかつての御徒町~神田のつもりが神奈川のどこかへ、のとき思いました。これが山手線だったらよかったのにって。ビバビバ山手線!

  2. うらん

    いや~、久々に癒やされる話ですね。新幹線通勤のサラリーマンならではの哀愁が感じられます。おじさんの精一杯の心意気、カッコイイ!

    1. タムラ

      癒されてくださって感謝、感謝です!ちなみに私はТさんの本名を知りません。Тってニックネームなんです。かっこいいおじさんです。

  3. りーたん

    こういう話、大好きです!

    私も最近、一本違いか、反対方向とか、飛び乗ったら急行とかよくあります。
    気づいた時、あっちゃあ〜〜やっちゃった!と愕然としますよね。
    スマホいじって乗り越すことも多いなぁ。

    ただいま、池袋から逗子までの湘南新宿ライン横須賀線に乗車中の私。
    目的地は逗子。終点だと思うと、本当にリラックスできる〜 笑

    1. タムラ

      りーたんさん、コメント返信遅くてすみません!湘南新宿ラインは逗子どまりですか。じゃ、安心ですね。
      多路線ではご注意を(笑)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。