「なんじゃもんじゃカフェ」でベーグルを

調べものをしている時に、「なんじゃもんじゃハウス」のサイトに出会った。「なんじゃもんじゃハウス」とは、正式名「バウハウス横浜」というシェアハウス、入居者が個室を持ちながら、キッチン・リビング・バス・トイレなどを共有するタイプの共同住宅だ。

 

ユニークな構成と素敵な建築に感心しながら、施設概要を読んでいてびっくり!

 

このシェアハウス、共同住宅のシンボルツリーである「なんじゃもんじゃの木」をツリーハウスカフェにしていて、カフェは入居者以外も利用できる、つまり一般のカフェとして、営業しているというのだ。

 

「ツリーハウスカフェ」?

nanjya_topそれはもう、何があっても、行ってみるしかないでしょ?!

 

という訳で、思い浮かべた中で「最も軽そうな」友人を誘って、「なんじゃもんじゃカフェ」 へ向かった。(なにせ自分が重いから、ツレの体重は抑えたい)

 

「なんじゃもんじゃカフェ」は、横浜市営地下鉄「三ツ沢下町」駅下車 徒歩7分の所にある。住所で言うと 横浜市神奈川区三ツ沢東町5-55 。ただし、この地番で検索してもマップに出て来ない。なんせ、木の上なんですから(笑)。 訪れる時は、HPにある地図をプリントして行くのがお勧めだ。

 

お店が用意してくれる地図は、わかりやすい!

・・それでも、ウロウロしてしまった。トホホ

 

カフェへ続く道からやって来た、感じの良い女性が、「ツリーハウスへ行くの? それならこちらですよ」と教えてくれた。前を歩いていたご夫婦(たぶん)も、振り返って見てくれたり、何だか気持ちの温かな場所だ。

 

nanjya_01

たどりついた開店2分前の「なんじゃもんじゃカフェ」。 先客が3人、並びながら、楽しそうにおしゃべりをしていた。耳ダンボで聞いたところ、このカフェ、かつては開店前に30人程の行列が出来たこともあったとか。2012年の秋に開店した「なんじゃもんじゃカフェ」、2年経ってイイ感じに落ち着いて来たタイミングだろうか。

 

それにしても・・

自然と頬が垂れて、もとい、頬が緩んでしまう楽しくて。

 

nanjya_02

 

この店に行こう!と決めた日から、お店のサイトを見るようになった。Facebookに毎日、「今日もオープンしています」という記事が上がる。

小雨の日に覗いて見たら「階段ですべらないよう気をつけて」と書いてあったりして、微笑ましい。今後も台風の日などは、心配でつい覗いてしまいそうだ。

そしてツリーハウスの中は、まさに秘密基地だった。ここを作った人達、きっと、面白がって作ったんだろうなぁ。

 

nanjya_03

他のお客さんも嬉しそうに、店内を見たり、写真を撮ったりとウロウロ。しばらくして来た女性2人が「屋根裏があるんですか?」と上がって行った。

「そこ?!登れるの?」

あのぅ‥すいませーん、写真撮らせてもらえますか~?と覗くと、お2人とも「どうぞどうぞ」とにこやかにフレームを避けてくれたりして。全体的にお客さん同志も、なごやか&ハッピーな雰囲気。これはやっぱり、ツリーハウス効果? それにしても、屋根裏まで人が座って、ツリーハウスにはお店の人を入れて、合計12名が載っている。しっかりした作りだから、つい忘れてしまうけど。

だ、大丈夫かな、ここ、木の上だよね?

 

nanjya_04

 

メニューは、ドリンクと各種ベーグル。こんな木の上に配管して水が出るだけでも凄い。よく営業許可を取ったなあと感心する。我々も、アイスコーヒーとベーグルを頼む。そりゃあ、秘密基地の醍醐味は「食糧を食べること」だもん!

ツリーハウスは風が吹くと、ゆっくりと少しだけ揺らぐ。吹き抜ける風が気持ち良く、ツリーハウスにうってつけの日だったが、雨でも、もっと風の日でも、それはそれで楽しいと思う。

nanjya_04_2

次のお客さんが来たので、席を立った。人がいなければずっといたいけれど、他の人にもここを楽しんで欲しい(自分のものじゃないけれど)、自然とそんな気持になる。

 

「なんじゃもんじゃカフェ」でベーグルを。 あなたも一度訪れてみては?

 

(奥岡 伸子)


14 Comments

  1. nobuko

    YUKOさん、いらっしゃいませ!

    >こんなところが横浜に。

    横浜から地下鉄で1駅とは思えないでしょ?

    まるで八ヶ岳か軽井沢みたいだけれど、閑静な住宅街にあるのです。こんなところに、よくこのサイズの樹があると驚きます。

  2. りーたん

    うわ~~~ 楽しそう!!
    遊び心とセンスのあるカフェですねー。
    探すとあるもんですね、夢のある場所って。
    nobukoさんの旺盛な好奇心と行動力にバンザイですっ!!

  3. 志井田

    これはすごいです!!

    こんなところがあるなんてぇ~~!(^^)!
    なんてすてきなんでしょう。
    ほんとにほんとに3年間ここでずっと人がお茶してるの?
    これを作ろうと思い描いて、実現させて、ずっと続けてるのがすごい!
    そして、たくさんの人が訪れて、今日までちゃんと
    「ここだよ、おいで」ってここにあり続けることができてることがすごい!

    実は今日まで、15年のあいだに3つのツリーハウスづくりに、いっちょかみしてきました。
    もちろんこんなにしっかりしたものじゃなくて、素人の趣味のような感じですが。
    里山の雑木林のなかで四畳半から六畳くらいの床面積のものでした。

    でも、すでに2つは朽ち果てて、
    3つ目もメインの柱となっている木が立ち枯れていることがわかって
    つい10日前に立ち入り禁止にしてしまいまして(号泣)
    まだショックから立ち直っていないのでした。
    そんな時にこの情報。
    衝撃的だなあぁ~~。

    だから、建造物としても興味があります。
    ちゃんとプロが関わって安全な対策がちゃんとしてるんだろうな。
    その辺もじっくりどっぷり見てみたいなあぁ~~

    ぜひ行ってみたいです。
    木も、ほんとになんじゃもんじゃの木なのかな?
    それならさらにすてき♪

    「1年以内にここに行こう!」というのが私の新たな目標になるくらい、
    すっかりはまりました。
    奥岡さん、ありがとうございました(*^_^*)

  4. nobuko

    うほほ お客様来た来た♪

    りーたんさん、楽しそうですよね?ここ。

    >探すとあるもんですね、夢のある場所って。

    あるもんですよねえ。

    リフォームについて資料を探していて見つけたんです。

    このカフェの建っている「なんじゃもんじゃハウス」(バウハウス横浜)の活動がまた面白い。ここは新築物件ですが、他のバウハウス系シェアハウスは、リノベーションなんです。

    面白いことをしてますね。

  5. nobuko

    わーい! ツリーハウスを作ったことのある人が来た来た。

    志井田しゃん、絶対喜ぶと思ったんだ~!

    >ほんとにほんとに3年間ここでずっと人がお茶してるの?

    2012年の10月オープンだから2年間じゃない?

    >これを作ろうと思い描いて、実現させて、ずっと続けてるのがすごい!

    そこだ!

    これを「継続させている」のが、ほんとうに凄い。
    一般のカフェとして、営業しているんだもの。

    ライター仕事をしていると、どうしても「オープニング」や「新店」
    を紹介することが多いけど、なくなるものも多いんですよね。
    ここが続いている、その努力が宝石級に素晴らしいです。

    >3つ目もメインの柱となっている木が立ち枯れていることがわかって
    >つい10日前に立ち入り禁止にしてしまいまして(号泣)

    ああ・・・・

    それは号泣だ。泣かなきゃそれは。 辛いね。

    「なんじゃもんじゃの木」は、植物的には「タブノキ」という木ですが、見た所とても元気そうです。ツリーハウスの隙間から、中へ枝がぴよぴよ入り込んで、葉っぱが揺れてました。

    >ちゃんとプロが関わって安全な対策がちゃんとしてるんだろうな。

    このツリーハウスカフェと周辺に拡がるシェアハウスを作った大関商品研究所さんは、都内で個性的なリノベーションハウスをいくつも手掛けている所なの。

    こういう若い方がいるって(ババ臭いコメント)、その活動を見るだけで嬉しいよ。

  6. りーたん

    nobukoさん、サイト見ました!
    シェアハウスで有名な「ひつじ不動産」に出てました。
    継続には、それなりのメンテナンスが必要だから、しっかりとしたバックアップは必要ですよね!
    若者ならではの冒険心と遊び心は、ぜひとも実現して続けていってほしいなぁ~!(これまたババ臭いコメント)

  7. nobuko

    あ! 辻本さんいらっしゃいませー♪

    記事中の写真に写っている、ツリーハウスを計画中の辻本さんです。

    >あまり有名になりすぎて、隠れ家的な雰囲気がなくなるのはちょっと惜しいけど、

    本当にそうですね。

    何十人も列を作るような混み具合では、あの場所の魅力も半減だと思います。混んで欲しくはないけれど、人が来なくて無くなってしまうのも困りますよね。

    こちらのカフェも「ぶらり途中〇車の旅」に紹介されて随分混んだみたいですが、この頃は落ち着いて来ているようなので、ご紹介しちゃいました。

    辻本さんがツリーハウスを作ったら、取材させてくださいね!

  8. nobuko

    りーたんさん、おかえりなさーい!

    うわー、私「ひつじ不動産」は知りませんでした。
    不勉強だわー、反省。 面白いなここ、チェックしようっと。

    >継続には、それなりのメンテナンスが必要だから、しっかりとしたバックアップは必要ですよね!

    そこです。 ソフト&ハードのメンテナンスが行き届かなくて、残念なことになっているケースを見ると、ちょっと悲しい。 こちらは2年間頑張っていて、リスペクトです。

    >若者ならではの冒険心と遊び心は、ぜひとも実現して続けていってほしいなぁ~!(これまたババ臭いコメント)

    いやいや、本当。 陰ながら応援しちゃいたいです。

  9. ひれり

    ツリーハウス Σr(‘Д‘n)、皆さま ホンモノです!
    飾りモノじゃないです、リッパなカフェです!
    カフェにつづく階段を見上げただけで あんぐり口をあけて 泣いてしまう。懐かしいような気がするのは、小さな頃からの憧れだったからでしょうか?
    遠い外国のことではなく、横浜ってのがまた感慨深いものがございません?
    伸子さん、奇跡のように素敵な一日でしたね。
    出逢った人たち 皆さんがほっこりと優しい心の持ち主でした。
    これからの寒い季節、ホットワインを手にブランケットにくるまるのもいいな♪(ホットワインはメニューにありませんから!)階段、気をつけろって話です。
    あの素晴らしい木を代々守って下さった皆さん、見つけて下さった方、ツリーハウスを建てて、カフェにしてくれた方、許可を出してくれた保健所さん、教えてくれた伸子さん
    他に言い忘れてる関係各位はないだろうか?
    とにかく、神様を含めた皆さん ありがとう!!という気持ち。
    木には聖霊が棲んでいるそうです、あの空間は特別な場所ですね。
    ツリーハウスさん、逢えて嬉しかったよ(擬人化しちゃってるよ・笑)

  10. nobuko

    ひれりさん、いらっしゃーい。

    「体重が軽そう」だから誘ったひれりさんです。

    「ハシゴに登れる格好で来てください」とだけ言って案内したのですが、びっくり&喜んでもらえて嬉しかったです。

    >奇跡のように素敵な一日でしたね。

    暑過ぎず、風が気持ちよく、百点満点のツリーハウス日和でありました。「ロッタちゃんのお引越しみたい」と感激してたひれりさんですが、私は「ガボテン島」などを思い出していました(ああ、歳がバレるーー;)

    >木には聖霊が棲んでいるそうです、あの空間は特別な場所ですね。

    坂の多い住宅街にポッとあるのを見ると、「えー?!」って思いますよね。集合住宅を作る時、あの樹を残す決断をした人達をリスペクトします。

  11. nobuko

    まりさん、いらっしゃ~い!

    夢がありますよね。なんじゃもんじゃハウスこと「バウハウス横浜」を運営している大関商品研究所の方々の、活動を読むと楽しくなります。

    >ちと遠いけど…。

    遠くない、遠くない。

    三ツ沢下町は横浜から地下鉄に乗り換えて1つ目です。
    あ、おベンツで行っちゃだめです。車でアプローチ出来る場所じゃないです。

    駅から7分は、階段~うにょうにょ~階段~の楽しい道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。