ゲストハウスに泊まろう①

minatoya001

ここ数年、ゲストハウスの面白さに惹かれています。ゲストハウスと言うと、外国人さんなどが泊まる民宿風ホテルを思い浮かべますが、古民家や古ビルを再生したゲストハウスなど面白いところも増えていて、もちろん日本人も泊まれます。

CJ世代の旅は、クオリティのあるホテル泊になりがち。でも、たまには進化してきたゲストハウスに泊まってみると、ひと味違う思い出になると思います。

という訳で、魅力的なゲストハウスをご紹介。

第1回目は、せとうち 湊のやど「尾道 出雲屋敷」。この夏、叔父&義妹と共にしまなみ海道を旅した際に泊まりました。HPで見ると随分素敵だけど、古い日本家屋だし、クーラーあるのか心配。70歳代の叔父さんも一緒だし・・

悩むより聞くのが早いと、泊まる4人の内訳を添えてメールをしてみたら、これがとても懇切丁寧♪ 行く前に何回もメールのやりとりをして、夕食におすすめの割烹をいくつか教えて貰い、予約もして貰いました。ケータリングの朝食に至っては、色鉛筆で手描きした画をpdfで添付してくれる丁寧さ。

あまりの感じの良さに、泊まる前から「ここは良いのでは」と期待が膨らみます。唯一の心配は、宿に行くまで104段の階段を上ること。少し足の悪い叔父にどうかと心配だったのですが・・、なんと、この階段が魅力ポイントでした。

 

minatoya002

どうです、いかにも尾道なこの風情! カメラが趣味の叔父は、せっせとシャッターを切っていました。列車が来ないのをいいことに、踏切の真ん中、線路の上で、宿のお兄さんにシャッターを押してもらって記念写真も撮りました。

そしてついた先は、白壁のまわった小さな門。

「ここ?」とくぐってみたら、あら~、お庭が立派なの~!

 

minatoya003

1階「月」と2階「雲」は玄関が別になっています。2階まるごとの「雲」は、和10.5、和6、茶3、洋6、LDK、にバス、トイレ2という広々4LDK (玄関の続き間2畳も入れたら5LDK)です。

 

minatoya004

心配していたクーラーもしっかり効いていました。ホテルの空調は強制換気で喉がいたくなったりしますが、ここは一軒家なので快適♪

minatoya005

アメニティーもきちんとしています。タオルは今治タオルの高級ホテルグレード。お風呂も檜で庭の緑を楽めます。この辺がしっかり現代風なのは、やっぱり嬉しいですね。

minatoya007

尾道水道を見渡せるお座敷は、10.5畳ですが、たっぷり2畳の畳床がついているので広々。ここにケータリングして宴会しても良かったかも。でも、教えてもらった近くの割烹「東山」も素敵なお店でした。(すみません、飲み食いに夢中で写真撮り忘れました)

こんな風に尾道を楽しめて、出雲屋敷「雲」の料金は¥50,000(トップシーズンは別料金)。4人で泊まれば¥12,500です。定員は7名なので、最多7人で泊まれば1人約¥7200。仲良し女性グループの大人旅行にもいいのではないかと思います。

 

普通このレベルの旅館に泊まれば、¥25,000~30,000はするはず。ゲストハウスに泊まって、地元の割烹を楽しむという旅は「アリだ!」と思いました。

ちなみにこのゲストハウス、隣に洋館「島居邸(しまずいてい)」もあって、これがまた凄く面白そう。今度はこっちも見てみたいと思える素敵なゲストハウスでした。

 

(奥岡 伸子)

「せとうち湊のやど」DATA

出雲屋敷1階「月」定員5名 1~5名/¥50,000~ 追加1名¥5,000
出雲屋敷2階「雲」定員7名 1~5名/¥50,000~ 追加1名¥5,000

島居邸洋館「望」定員8名 1~4名/¥40,000~  追加1名¥5,000
島居邸洋館「蒼」定員6名 1~4名/¥40,000~  追加1名¥5,000

(金額はすべて税抜)

〒722-0045 広島県尾道市久保1丁目4-2
TEL 0848-38-1007 ・ FAX 0848-38-1008

e-mail info@minatonoyado.jp

 

 

8 Comments

  1. yuko

    尾道なのに出雲屋敷???って思いましたが、松江藩ゆかりの場所だったんですね。
    ゲストハウスの印象をガラリと変えてしまうハイクオリティ。素敵なところですね。

    宿の形態もさまざまになってきましたね。
    今週、オーストラリアのいとこが家族5人で東京に来ましたが、普通のマンションに宿泊していました。留守のマンションを貸し出すシステムが、全世界にあるそうです。
    日本の場合は、急に外国人の出入りが激しくなって、管理組合から文句を言われているところもあるそうですけど。

    しまなみ街道の旅も楽しみに待っています。
    しまなみ、大好きなもんで。

  2. nobuko

    yukoさん いらっしゃいませ~!

    >尾道なのに出雲屋敷???って思いましたが、松江藩ゆかりの場所だったんですね。

    そうなんです。 

    たまたまこの少し前に松江に行ったのですが、広島~出雲って車で3時間。やまなみ街道という松江~尾道の山越え街道もあり、昔から行き来があったみたいです。

    >しまなみ街道の旅も楽しみに待っています。
    >しまなみ、大好きなもんで。

    それがねえ・・・・(;;)

    しまなみ海道行った日は、台風の余波で・・・

    幸い雨にはそんなに降られず、水軍城や耕三時も行ったのですが、海がもう、まっちろ。空と海の境目どころか、見渡す限りの白で、それはそれで夢の様でしたが、写真に撮るとま~まっちろです。

    >ゲストハウスの印象をガラリと変えてしまうハイクオリティ。素敵なところですね。

    ここはお勧めです~!

    尾道面白かったので、しまなみ海道は是非リベンジして報告します。

  3. りーたん

    わぁーー
    「ゲストハウス」シリーズのスタート嬉しい♡
    詳細な情報ありがとうございますっ

    やまなみ街道っていうのがあるんですね~~
    尾道も松江も大好き♡

  4. nobuko

    りーたんさん いらっしゃいませ~。

    直島のパオもすっごく面白かったです。
    瀬戸内には、なかなか個性的な宿が増えていますね。

    やまなみ街道は、尾道からワイナリの多い三次(みよし)を通って松江まで行く道です。尾道はしまなみ海道の起点ですので、四国ー広島ー島根を横断するルートが出来てるんですね。

    >尾道も松江も大好き♡

    ふふふ 
    ご朱印散歩の出雲松江も用意してございます。

  5. けい

    ゲストハウスっていうと
    2段ベッドが並んでいて
    トイレとシャワーが共同で…といったイメージでした!
    全然違うやんけ!
    こんなしゅてきな日本家屋
    日本人だけど泊ってみたい
    尾道 素敵なとこだと聞いてるけど行ったことはないんですよね
    ほんと絵になる坂の風情が素晴らしい

  6. nobuko

    けいさん いらっしゃいませ~! このゲストハウスなかなかでしょ?

    〉2段ベッドが並んで、バス・トイレが共同で。

    そういうのがやっぱり多いですが、少しずつ新機軸が出てきてる感じです。

    尾道、今回は半日観光でしたが、面白いお店が多く奥が深そう、再訪する予定です!

  7. ひれり

    うわぁ~、素敵な旅♪
    病的出不精を自認する私ですが、最近やっと「私、旅好きかも?」と思うようになりました。
    心配性小心者なので準備の段階では必ずしもウキウキでもないのですが、出かけてみると「やっぱりいいわ♪」と思います、それは日常では決して味わうことのないホスピタリティだと。
    >クオリティのあるホテル泊
    はい、大好き!若い頃に憧れていた場所に立つのはシミジミ幸福です。
    素敵な空間、コンフォータブルというキーワードで繋がれば カテゴリーを限定することはないですよね。
    このお部屋、スィートですよ!
    滅多にないお出掛けに失敗はしたくない、と思うと無難なホテルになりますが、信頼できるお友達の情報なら間違いありません!
    我が家は好みが激しく一致するブログを参考に旅を決めることが多い。
    ガイドブックなんかより よっぽど参考になります。
    自由になる時間が限られているので出かけることは難しい、「仮想旅行」ばかりの私です。
    Airbnb、ご存じですか?ちょっと面白くて、よく見てます。
    また 素敵な旅を紹介して下さい!( ..)φ

  8. nobuko

    お! ひれりさん、いらっしゃいませ~! お元気でしたか?

    >病的出不精を自認する私ですが、最近やっと「私、旅好きかも?」と思うようになりました。

    私も2日続けて休みの取れないツレがいるので、旅行に関しては出不精を続けて来たのですが、ここへ来ていきなり旅行バブルです。

    いつまで中四国にいられるか分からないので、連れも休みを取るようになって、一泊ですがあちこち楽しんでいます。

    >このお部屋、スィートですよ!

    いや、ほんとスィートです。

    これが旅館だったら3万コースだなあと思います。

    ゲストハウスなのでサービスはないですが、その分街の有名店でお夕飯を楽しむ自由がありますです。

    Airbnb、面白いですねえ! またゆっくり見てみます。

    >自由になる時間が限られているので出かけることは難しい、「仮想旅行」ばかりの私です。

    私も、ずっとそうでした。今がイレギャラーな訳で。

    でも「仮想旅行」を貯めておくのも楽しいですよね。
    旅行は「行く前」と「旅行中」と「行った後」三回楽しめます。

    「行く前」をいっぱい楽しむのだってアリだ!と私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。