母と娘のデンマーク二人旅 4

う~、デンマークネタも古くなってきたぞ。飽きられないうちに、サッサと写真をアップしますので、もうしばらくお付き合いくださいませ。

さて、今回は食べ物関連のお話を。

貪欲な親子は、動ける限り歩き回ったので、夕方にはクタクタのヘロヘロ。初日は、チボリ公園で夕食する予定だったのに、いったんホテルに戻ったら、二人とも「食欲にも勝る眠気」で、そのままベッドに倒れこむありさま。 3時間後、おなかがすいて目覚めたものの、お目当てのレストランはもう閉店していたので、夜の散歩も兼ねてコンビニへ。(市中心部は治安がいいらしい)。

デンマークにやたらとある「セブン-イレブン」で、ホットドッグとチャイラテを購入。無事着いた安堵感と期待からか、ただのホットドッグがやけに美味しく感じたなぁ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「セブンイレブン」の店内はこんな感じ。日本とまったく違い、セルフのドリンクコーナーやその場で作ってくれるホットドッグがある。 ドリンクは、コーヒーやティー、コーラなど、好きな飲み物をカップに入れてレジへ。「チャイラテ」1杯25DKK(300円強)。量がたっぷりなので2人でちょうどいい。

 

 

今回の旅で重宝したのが、ブログで知り合ったデンマーク在住女の子の情報です。面識もないのに、コペンハーゲンのステキなカフェを教えてくれました。 まずは「Den Franske Bogcafe」、英語でたぶん「bookカフェ」。もともと図書館だったのか、図書館風に改装したのか、天井までの本棚やアンティーク家具がゆったりレイアウトされた店内の内装がステキでした。

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで頼んだワンプレートランチは、99DK(約1300円)。注文時にうまく伝えられず、朝のブッフェと同じ内容になってしまった。それにしてもこっちのドリンクはデカイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつは「リビングルーム」という店名のカフェ。フリーWi-FiなのでiPadが使えます。半地下は薄暗くて、店名そのまま、足を投げ出してくつろげる居心地のいい空間でした。このあたりは、東京の裏原みたいな雰囲気で、若い子向けですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンマークのビール消費量は、世界的にも群を抜くらしい。皆さん昼間から飲んでるし、だから男女とも体格がいいのかな。

ビールメーカーで有名なのが「カールスバーグ」です。

1杯60DKK(約800円)で、チボリ公園内のレストランが最高値でした。でも5年前は、1000円を軽く超えていたので、今は円高の影響で、思ったほどの物価高ではなかったです。

 

代表的な食材は、パンとサーモンやニシン、小えびなどのシーフード系と豚肉。今回、豚肉料理を堪能できなかったのが残念でしたが、「スモーブロー」と呼ばれるオープンサンドは、飽きるほど食べました。

「スモーブロー」は、薄くスライスしたライ麦パン、穀物パンの上に、好きな具をたっぷりのせて食べるのが定番。レストランでは、食べ方に順番があるそうで、エビ→ニシンのマリネ→ローストビーフ→チーズという順序で、フォークとナイフを使って一口大にカットしてから口に運びます。まぁ、自由に食べていいと思いますが…。

 

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フードモールのショーケースに並ぶ、色とりどのスモーブロー。あまりに美味しそうなので、えび&卵、魚のフライをテイクアウト。意外にボリュームがあって大満足。

 

 

ホテルの朝食ブッフェはたくさんのパンが並んで、どれにするか迷うほど。デニッシュペストリーもあったけど、甘すぎるから私はちょっと苦手。クロワッサンやライ麦パン、ケシの実がたっぷりついたパイ風パンが美味でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、「アンデルセン」というパン屋さんは日本人の経営です。デンマークでヒントを得た日本人が帰国後「デニッシュパン」を販売。人気が出て、デンマークに出店するという、逆輸入現象なのだとか。現地ではなぜか「デニッシュパン」ではなく、「ヴィナーボズ(Wienerbrød)」(ウィーンのパン)」と呼んでいるのが面白い。

パンの種類が多いので、パン好きにとっては嬉しいかもしれないが、数日するとさすがに飽きてきて、和食大好きな娘は「おにぎりないの?」「味噌汁飲みたい」を連発。「お刺身とご飯が食べたい。和食ってやっぱり美味しいよね~」。

海外初めての娘は、日本食の素晴らしさを改めて認識したようでした。

 

美味しいという話はあまり聞いたことがないデンマーク料理ですが、小エビ、レバーペースト、フライドポテトはけっこうイケたかも。 食事に関していえば、ヨーロッパなら、イタリア、スペイン、ドイツ料理を現地で食べてみたい。韓国やベトナム、タイも捨てがたいし、このブログにもある「香港の火鍋」も食べてみたいな~♪

 

紹介しきれなかった写真を、しつこく次回もアップして終わります。5を読む

(渡辺里佳)


3 Comments

  1. tomoko

    パン屋さんの「アンデルセン」って実は広島本社だって知っていますか?
    (今は「広島アンデルセン」「青山アンデルセン」と区別されているようですが…)
    広島アンデルセンは繁華街の中心地にあって、8階建ての大きな洋館です。レストランもあったり、結婚式をあげる人もいます。東京には売っていないような北欧雑貨のショップもありますよ。
    広島出身の私は、アンデルセン(高木ベーカリー=創業者が高木さん)のパンで育ちました。

    1. rika

      広島が本社、そして広島出身とは知りませんでした。アンデルセンって青山が本社だと思ってました。デンマークでは、コペンハーゲンが初出店らしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。