富士山が見える宿「湖山亭うぶや」(河口湖)/後篇

河口湖のほとりにある温泉宿「湖山亭うぶや」。

富士山を見るため、さまざまな配慮がなされた宿ということで、シドニーから里帰りしたイトコのジュンコちゃんを伴い出かけたものの、チェックインした日は生憎の空模様。夕方には雷雨にみまわれ、まったく富士山を見ることができなかった。

 

食事を終えて部屋に戻ると、ふとんが敷かれ、窓にはカーテンがおりていた。

翌日に期待をかけ、就寝。

早起きして、富士山をみようとスマホのアラーム機能で、5:30に目覚ましを設定した。

前篇へ


 

ふと目を覚ますと、部屋のなかがほんのりと明るい。

隣のふとんではジュンコちゃんがまだ眠っているが、カーテンのすきまから明るい光が差し込んでいた。

 

アラーム機能が働かなかったのか? と思いスマホを見ると、時刻は5時15分を示していた。

ワタシの起きたもようにジュンコちゃんも目を覚ます。

 

今日は晴れていそうだよ!

富士山、見えるかな?

 

じゃあ、カーテン開けてみるよ~

 

開閉のための電動スイッチを押す。

 

 

部屋のカーテンを開けま~す

部屋のカーテン、オープン

 

 

パネルカーテンが下から徐々に上がっていき、河口湖が見え、裾野の緑が見え、そして富士の全貌が、ついに・・・・・・じゃ~ん。

 

DSCN1912

 

 

くっきり、はっきり、空には一点のくもりもない。

まるで絵はがきのなかの富士のように完璧な姿を現していた。

想像していたより大きく、間近に見える。

 

 

前日、見られなかっただけに、その喜びはひときわ大きい。

窓際のイスに座ったり、ふとんのなかでゴロゴロしながら眺めたり・・・。

しばし部屋からの富士を楽しんでから、湖畔の散策へ出かけた。

 

河口湖畔に立つ「湖山亭うぶや」外観。湖畔に添って遊歩道がある。

 

 

P1020508

宿の下にある遊歩道から。静かな湖面に逆さ富士が姿を現す

 

 

仲のよさそうな老夫婦、一人旅らしき女性、外国人のカップル・・・・。

いろんな人が、富士を愛で、朝のひんやりとした空気のなかで散歩を楽しんでいる。

 

DSCN1948

 

 

湖上のボートでブラックバスがヒットしたもよう。

ボートの上で竿が弓なりに

ボートの上で竿が弓なりに

 

ブラックバスが釣れたようだ

ブラックバスが釣れたようだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散歩から戻って朝風呂へ。

 

温泉からの富士山。幸せ度MAX

早朝の朝風呂。大浴場からの富士山。幸せ度MAX

 

露天風呂からも富士山が望める。

露天風呂からも富士山が望める。

 

 

そして朝食会場のダイニングへ。

 

DSCN1986

 

 

昨日、夕食をとった場所と同じテーブルへ案内されるも、景色はうって変わって目の前にど~んと富士山が。

気持ちよくなって、思わず朝からビールをオーダー。

ごくごく。

ぷはぁ~。

うんまぁ~い!

 

「うぶや」名物だという朝食のだし巻きたまご。一人分でたまご3個を使っているとか。ごはんは坪型の土鍋で炊いてある。

「うぶや」名物だという朝食のだし巻きたまご。一人分でたまご3個を使っているとか。ごはんは坪状の土鍋炊き。

 

客室、ダイニング、大浴場のみならずラウンジ、マッサージコーナー、シガールームなど、あらゆる場所から富士が望めるのが、この宿の滞在での醍醐味だ。

 

朝食後、コーヒーサービスのあるラウンジ

朝食後、コーヒーサービスのあるラウンジ

ラウンジの一画

ラウンジの一画

 

 

 

 

 

 

 

マッサージチェアがずらりと並ぶ一画。ここでも目の前に富士山が。

マッサージチェアがずらりと並ぶコーナー。ここでも目の前に富士山が。

 

 

朝食後は部屋に戻り、チェックアウトタイムの11時まで、ゆったり時間を過ごす。

 

さて、チェックアウトの後に大石公園まで出かけてみたいと思い、ロビーで行き方を訊ねると、送迎コースとは異なるのに、送ってくださるとのこと。

最後の最後まで、心配りがあり、満足まんぞく。

 

富士山の世界文化遺産登録も間近。

今後は予約のとれにくい宿になること必須。

今のうちに、梅雨入り前に、一度足を運んでみてはいかが。

湖山亭うぶや

 

 

 

おまけ:富士山見どころ番外編

 

大石公園

河口湖北岸の「河口湖自然生活館」に隣接する公園。

ここから眺める富士山は、なだらかなすそ野が美しく、ほとんど左右対象に見える。

富士河口湖町初夏の名物イベント「河口湖ハーブフェスティバル」の大石会場としても有名で、6月中旬から7月中旬までは、富士と、ラベンダーを一緒に眺めることができる。入園料など不要でいつでも立ち寄れるのがいい。

 

ラベンダーの咲く道と富士山

ラベンダーの咲く道と富士山。5月に行ったのでラベンダーが咲く季節にはもう一歩。

 

P1020588

 

 

六角堂

八木崎公園の北東沖合いにある溶岩の浮島に立つ、日蓮上人ゆかりのお堂。

ここはただ今、ニュースの現場になることもしばしば。

というのも、今まで湖の上に浮かぶお堂だったのが、河口湖水位の低下により陸続きに。徒歩でお堂まで行ける状態になっている。

この河口湖の水位の低下は、富士山の火山活動とつながりがあるという説があり、富士山噴火の前兆というウワサになってちまたを賑わしている。

しかし地元の人に聞くと「雨や雪が少ないと河口湖の水位は低下します。今までも5年か10年に1回くらい、こんな風になってますよ~。地元の人間は富士山噴火なんて誰も心配してません」とのこと。

何を信じるかは自分しだい。ウワサの現場に立ち寄るのも楽しい。

DSCN2058

 

 

六角堂から対岸を眺めると富士山が見える

六角堂から対岸を眺めると富士山が見える

 

 

リポート/土井ゆう子

 

 

 

4 Comments

  1. kaoru

    名峰富士を心ゆくまで満喫した贅沢な旅ですね!
    今まで富士山とは相性が悪かったみたいだけど、
    今回は雲ひとつない天気でバッチリ!
    こんなにも裾野がなだらかで、しかも左右対称で、
    これは確かに世界に誇れる山かも。と写真を見て思いました。

  2. りーたん

    まさに富士山づくしっていう感じですね!
    カーテンが上がる瞬間のドキドキ感がこちらにも伝わってきました。
    富士山はやっぱり日本に誇れる美しい山ですよね。遺産登録も納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。