名古屋・大須商店街はワールドワイドな進化系商店街

名古屋のレストランに取材に行ったとき、日中、3時間ほど時間が空いた。

さて、どうやって時間をつぶすか・・・・・・。

 

そこで取材先のレストランのシェフに聞いてみた。

 

「この近くに、地元の人がよく行く市場とか商店街とかありませんか?」

「それなら大須商店街に行ってみたら。いろんな国の食べ物屋があるんだけど、最近すごく評判になっているのがピザ店。1枚350円のピザがあるんですよ」

「え~、ピザ1枚350円ですか ???」

「それがいけるんです。ナポリピッツァ協会の大会で優勝した人がいるとか。いつもすごい人が並んでますけどね」とシェフ。

 

 

というわけで、突発的に大須商店街なるエリアに出かけることになった。

 

 

名古屋の地下鉄、鶴舞線の「大須観音」駅で下車。

2番出口を出て、なんとなく人が歩いていく方についていくと、大きな赤いお寺を発見。これが大須観音。お寺の前は広場になっていて、鐘楼や仁王門、からくり人形などが点在し、そこから商店街が始まる。

 

 

大須観音本堂

大須観音本堂

観音堂の前の広場にはからくり人形が。派手な衣装を身にまとい、商業・遊芸を推奨し、  名古屋の経済・文化を活性化させた異能の人、  尾張七代藩主徳川宗春をテーマにしたもの。

観音堂の前の広場にはからくり人形が。派手な衣装を身にまとい、商業・遊芸を推奨し、名古屋の経済・文化を活性化させた異能の人、尾張七代藩主徳川宗春をテーマにしたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大須観音がある広場からまっすぐに伸びるのが「大須観音通」というアーケードの商店街。その先に「万松寺通(ばんしょうじ)」、並行して「仁王門通」「東仁王門通」があり、それらの通りと交錯する「門前町通」「大須本通」、ちょっと離れて「赤門通」・・・・・・と、とにかく広い、長い。

 

 

P1110907

 

 

 

まずは大須観音通りを直進。

 

P1110905

 

 

 

 

大須観音通りの入口にある甘味処

大須観音通りの入口にある甘味処

 

アーケードのなかには、とにかくいろんな店がある。

 

大須観音通 揚げパンののんのん

大須観音通 揚げパンののんのん

大須観音通り フルッタ・ジ・フルッタ
大須観音通り フルッタ・ジ・フルッタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1110917

 

万松寺通りに入ると、アーケードのデザインが変わる。

そしてさらに進んで、脇の路地をのぞくと、いきなりアジアンワールドが展開される。

 

 

 

李さんの台湾名物屋台、鶴橋食材、麺屋誠、富士宮やきそば味よし

李さんの台湾名物屋台、鶴橋食材、麺屋誠、富士宮やきそば味よし

 

 

でもって、上の写真のおむかいさんはこんな感じ。

 

インド・ネパール料理 インパール、コボちゃんのおやつ 韓流スイーツ

インド・ネパール料理 インパール、コボちゃんのおやつ 韓流スイーツ

 

 

 

次から次にお客さんがやってくる「金のとりから」

次から次にお客さんがやってくる「金のとりから」

 

 

タコスの店

タコスの店

 

 

なんか、テンション上がってきた。

韓流スイーツって、何だろう・・・・。台湾の焼き包子の店もある。

 

食べたい!!!!!

 

けど、さっきレストラン取材でフレンチを食べたばかりだから、お腹いっぱい。

無念~。根性なしなお腹がうらめしい~。

 

「万松寺通」と交差する「新天地通」を右折すると、巨大まねき猫が鎮座する「ふれあい広場」に出る。

そこを起点に再度右折すると、今度は「東仁王門通」に。

 

 

巨大まねき猫がランドマークの「ふれあい広場」。

巨大まねき猫がランドマークの「ふれあい広場」。

 

 

この近くにはメイドカフェ、猫カフェなども点在。

「ネコミミドールカフェ」なんてのもある。

うさぎの耳を付けたバニーガールではなく、キャットガールがいるのだろうか???

そういえば、「OS☆U」なるご当地アイドルユニットが存在し、時々まねき猫の広場でイベントも開催されるとか。

ここはアイドル・アニメ・メイド・オタク文化が集結する若者文化発信の地でもあるんだって。

 

 

「東仁王門通」には、こじゃれた雑貨屋さんやアンティークショップも点在。

 

ふれあい広場近くの雑貨屋さんの店先。

ふれあい広場近くの雑貨屋さんの店先。こういうの、なんて言うんだっけ・・・。

 

スタイリッシュなミニ盆栽を販売

スタイリッシュなミニ盆栽を販売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに進むと、ブラジルスタイルの鶏の丸焼きが食べられる「オッソ ブラジル」が出現。2階がレストランになっているらしいが、店の前にもテーブルがずらり。注文が入ると、丸焼きをオーブンから取り出し、お兄さんが素早く、食べやすい大きさに切り分ける。

なんか、いい雰囲気だ。

 

オッソ・ブラジル

オッソ・ブラジル

 

鶏の丸焼き1羽1300円。

鶏の丸焼き1羽1300円。

 

看板がユーモラス

看板がユーモラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、はす向かいにウワサの店が。

「ナポリピッツァ世界一 第9回ナポリピッツア職人選手権 優勝」の垂れ幕が目印の「ソロ ピッツァ ナポレターナ」。

 

左がピッツァリア、右がトラットリア。

なんとピッツァリアではマリナーラ、マルゲリータが1枚350円~。

サイゼリアもびっくりの価格だ。

P1110946

 

「東仁王門通」を進むと自然と「仁王門通り」に入り、やがて大須観音の広場に戻ることに。

 

途中、昭和レトロなお店がちらほら。

 

下着やパジャマのお店のようです。

下着やパジャマのお店のようです。「まからんや」というのが店の名前なのでしょうか。これは「おまけできる?」という疑問符なのか「絶対おまけない!」という意思を表しているのか? どういう意味なんでしょうか。

 

古着のお店。「ムームー」ということばが懐かしい。うちの母の時代には、夏の風通しのいいワンピースのこと、ムームーって言ってました。

古着の店。「ムームー」ということばが懐かしい。私の母の時代には、夏の風通しのいいワンピースのこと、ムームーって言ってた。

                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古着や雑貨の店のようです。

古着や雑貨の店のようです。

 

大須観音の広場のすぐ近くまで戻ってきたことに。それにしてもマンションの壁画、インパクトありすぎ。

大須観音の広場のすぐ近くまで戻ってきたことに。それにしてもマンションの壁画、インパクトありすぎ。

 

今回はアーケードのあるメインストリートをぐるりと回遊したのだけど、まだまだ探索したいところがいっぱい。

 

昔ながらの門前町の名残を残し、商店街と商店街の間に、お寺、神社、公園、演芸場などが点在しているかと思えば、電気街、レコード店、古着店、それから「コメ兵」のビルが何軒もある。一坪ショップっていうのもあった。

 

レトロ、サブカルチャー、B級グルメなど、いろんな要素が詰まったワンダーランド。

名古屋の実力、ここに見たり!!

 

次回はお腹をすかして、たっぷり時間をとって。

実際に食べてレポートしたい。

 

 

大須商店街

 

土井ゆう子(行ったのは12年9月です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。