台風がきた!(その2:遭遇・前編)

さてこの夏の香港、4日間であれもこれもと始まった旅に、タイフーンシグナルが立ちはだかってきた。

◎シグナル1◎


到着日の夕食時、私の後から香港に来た知人に「Т1が出てる」と聞いて初めて台風接近を知る。
空港に掲示が出てたそうだが、そんな話をしていても天気はまだ崩れるようでもなし。
翌日もシグナルは1のまま。というのは、このシグナルは香港の800km以内に台風がいますよという程度の警告なので、まだ極端に荒れるわけでもないのだ。で、その日はハイキングなどを楽しむ。しかし、多少日が差すも雲は重ーくたれこめていた。

香港はハイキングコースの充実が魅力。2時間ほどで緑や湖のいい景色を楽しみながらのハイキングができる。高台からは高層ビルの絶景も。

◎シグナル1~3

 

そのまた翌朝、外は雨模様だが、まだ1だから大丈夫かな、とタクシーで海洋公園に向かう。香港一のアミューズメントパークだ。
雨は降ったりやんだりだが風が強くなってきて傘をさしているのがつらい。オリジナルのビニカッパを買った。


これがけっこうかわいいんだが、高温高湿度だとサウナスーツ効果で汗だく!内側からびしょ濡れになるため、カッパを脱いで室内展示のパンダ舎に逃げ込む。

その後水族館を回って出てくると、客の流れが出口に向かい始めている。
シグナル3が出たんだ。早めに帰る予定の我々も急いでタクシースタンドへ。

停車中のタクシーに行先を告げると「あ、ダメ」とあっさり断られる。なんでだ?
次のタクシーで話がわかってきた。悪天候のタクシーは引く手あまたで、我々の言う目的地じゃ割に合わないよということなんだ。
「だから、上環(ションワン)へなら行くから、そこから地下鉄に乗って砲台山に行けばいい」ドライバーの提示する行き先と私の目的地は6駅離れている。6駅よ?
ルートも変わるし料金はたぶん倍以上。そんなのやだよ、とバス停へ走る!
どんどん風は強くなるなか、15分ほど待ってバスに乗り帰路、やれやれ。香港では台風になるとミニバス(ある程度のルートが決まっている16人乗りの小バス)の初乗り料金が上がるとか聞いていたが、タクシーは料金がきちんと決まっているので変なぼったくりもできず、で苦肉の策があれだったのかなあ。

バスの中で携帯の着信履歴に気づいて電話をかけると、今晩予約したレストランから。シグナル3が出たので来店確認をしてきている。
行きますよもちろん♪と答えて、汗もかいたし雨にもぬれたからと、のほほんとサウナに出かけた私。
あくまでも自分に都合よく、「マッサージ終わる頃にはシグナル解除だったりしてね」などと考えていた。天気図も見ず、ほぼ直角に台風が進路を曲げたことも知らず・・・。

 

見えるかなあ緑線の台風進路。直角というか、これ「く」の字。私を狙ってるのだぁ

また「続く」になってしまった・・・次回完結。
♪タムラ♪

 

 

 


2 Comments

  1. ♪タムラ

    タイフーンシグナルなんですが、これはTではなく、1の状態を表すきごうのようです。3のときは逆さTになり、その後は▼や▲が現れます。続きの写真は次回アップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。