オーロラを見損ねたアイスランドの旅 2

  • 2013/5/9

レイキャヴィクは世界最北端にある首都である。

港に近いホテルにチェック・イン後、市内観光。ほとんどが歩いて見れる範囲内で到底、一国の首都とは思えないサイズだ。

 

町の中心部に湖がある。チョルトニン湖だ。湖沿いに遊歩道があり、2月でも市民らしき人々が散策し、鳥に餌をあげている。気候の良い頃にはさぞかしの賑わいだろう。

 

IMG_2507

IMG_2508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョルトニン湖周辺の風景 (左右とも)

 

湖に面してガラス張りのモダンな建物が立っている。市庁舎からすぐに橋づたいに湖を散策できるようになっている。近くにクラシックな石造りの館がある。誰か、裕福だった人の邸宅跡かと思っていたら、そこが国会議事堂だと聞いて驚いた。警官も守衛らしき人も見当たらない。周辺の出入りも自由だそうだ。さすがに、10世紀に世界で最初に「民主的合議制」を始めた歴史を持つ国らしい。

 

 

IMG_2497

IMG_2498

 

 

 

 

 

 

IMG_2496

 

 

 

 

(左上)国会議事堂 (右上)ドウムキルキャン聖堂

(左)独立指導者の像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国会議事堂に隣接する教会はドウムキルキャン聖堂。国会開催宣言が行われる由緒ある教会なのだそうだ。国会議事堂前の小さな公園の中央にある銅像は、19世紀にデンマークからの独立戦争の指導者、ヨウン・シグルズウソンだ。彼の誕生日である6月17日がアイスランド独立記念日になっているとか。ちょっと変わった独立記念日ですよね。

 

町の中心部は議事堂の北西地区、ライキャルトルグ (Lakjartorg) 周辺だ。港もすぐ傍。大通りのバンカストライテイ (Bankastraeti)を西に歩くと、二股に路がわかれ、右がスクウラヴォルズステイーグル (Skolavoroustigur)通り、左がロイガヴェーグル (Laugavegur)通り。スクウラヴォルズステイーグル通りの遥か先には、ハトルグリームスキルキヤ教会が夕日を浴びて神々しく見える。それにしてもアイスランド語は舌を噛みそうに長い言葉が多い上に、特殊な発音記号までついている。どう発音するのかさっぱりわからない言葉が多く閉口させられた。

 

 

 

IMG_2758

IMG_2756

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両方の通りとも、石畳の緩やかな坂道にオシャレなカフェ、レストラン、ブテイック、本屋などが軒を連ねる2キロほどの通りで、ウインドウ・ショッピングも楽しい。レイキャヴィクには本屋が多いと感じた。後で聞いた所では、夏は白夜だが、逆に夜の長い冬。おまけに夜遊びの場も少ないとなると、最大の楽しみは読書ということらしい。

 

 

 

IMG_2537

ヴァイキングと地中に住む伝説のホビットはアイスランドのシンボル

 

IMG_2759

IMG_2769

 

 

 

 

 

 

IMG_2765IMG_2518

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイキャヴィクでの夕食は各人自由。友人がパリからニューヨークに戻る途中、一緒に食事をしようと、レイキャヴィクに立ち寄ってくれることになっていた。ホテルに到着した彼と3人で、まだ5時半だというのに、夕闇せまる町へ繰り出した。ホテルで薦めてくれた店はスクラヴォルズステイーグル通りにある「Sjavargrillid」。何と発音するのか未だによくわからない。でも英語では「Seafood Grill」っていうことらしいんですけどね。

 

 

IMG_2524

IMG_2526

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2527

IMG_2529

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左上):ミンク鯨のステーキ

(右上);サーモンのグリル

(左下) : Ocean Perchのグリル

(右下):デイルのシャーベット

 

夫はミンク鯨のステーキ。友人はOcean Perchと英語で説明されていた「かさご」によく似た魚のグリル。私は北大西洋産のサーモンのグリル。デザートに付いていた香草デイルのシャーベットが思いがけずに美味しかった。魚はシンプルにグリルされたものだが、新鮮で美味しかった。捕鯨反対派の人には申し訳ないけれど、鯨のステーキも柔らかくて美味しかった!

 

明日からオーロラを求めてアイスランド南東部への旅が始まる。(続く)

(スナイダー純子)

 


3 Comments

  1. YUKO

    オーロラが見れると運勢がよくなる、と最近、軽井沢で知り合った人に聞きました。その方は建設業を営んでいるのですが、オーロラを見る旅に出て、その年はオーロラのあたり年だったらしくて、いっぱい見れたそうです。その後お仕事の情況が好転したとか・・・。そんな言い伝えってあるんですかね?

    1. junko

      Yukoさん、読んで下さってありがとう。オーロラを見ると運勢が良くなるのね〜。知りませんでした。ということは、今年の我々の運勢は大した事無いのかも?困ったわね〜。夫は来年の3月、今度はカナダで再度、オーロラに挑戦と言っております。カナダにも温泉があるとかで、温泉に入りながらオーロラを見れる可能性が高いことをしきりに言うんですが、その言葉、信じるべきでしょうかね…..でも、今回の旅のお陰で、まっ暗闇でもパニックにならない自信のようなものがつきました!

  2. YUKO

    それはそうと、ディルのシャーベットにとても興味があります。バジルのシャーベットは作ったことがあるのですが、さらに通好みの感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。