「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」でお試しステイ体験1

プレス関係者向けのおいしい話が舞い込んだ。

東京竹芝にある「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」に期間限定でお得に宿泊できるお試しステイ。

 

以前、このブログでも紹介された「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」の客室が、全室で全面リニューアルされたという。

関連記事はこちら⇒

「NYスタイルのイタリアン”ジリオン”がインターコンチに誕生」

「大人の納涼バー? “マンハッタンテラス” in ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」

 高層階(18-24階)のリノベーションは昨年春には、すでに完了済みとのこと。  

 

案内には

「眠りのおもてなしをコンセプトに、清潔(クリーン)・心地よさ(コンフォート)を感じていただけるよう、レギュラーフロア(8-17階)の全客室(200室)をリノベーションし、2月22日よりグランドオープンする運びとなりました。 3月13日(木)までの限定のお日にちで、プレス関係者様向けに特別料金でご宿泊をご案内させていただきます」

と書かれている。  

 

わぉ~魅力的!

ベッド周りが新しくなったのね。

といっても、私は泊まったことがないので、これまでのベッドの寝心地はわかりませんが、とにかくオシャレで素敵なホテルには泊まってみた~い!

 

●レギュラーフロア スーペリア レインボーブリッジビュー(2名様利用室料) ¥50,065 ⇒ ¥15,000

●エグゼクティブフロア スーペリア レインボーブリッジビュー(2名様利用室料)¥67,390 ⇒ ¥21,000

●クラブインターコンチネンタルフロア スーペリア レインボーブリッジビュー(2名様利用室料)¥78,940~ ⇒ ¥26,000

●デザイナーズスイート(2名様利用室料) ¥139,000 ⇒ ¥50,000

 

確かにおトクな価格設定。私にも手が届くお値段ではないですか。

う~ん「デザイナーズスイート」かぁ~。魅かれます。

しかし、オトクとはいえ、一泊5万円はやはり高すぎる。といって、レギュラーはちょっとつまらない。仕方ない、「エグゼクティブフロア スーペリア レインボーブリッジビュー」にしよう。

 

ということで、2月中旬、娘と二人で宿泊体験してきました。

私には夫がいないので、こういう時、いつも娘が付き合わされる羽目になる。

 

当日夕方、わくわくしながら、東京湾沿いに建つホテルを目指しました。 このホテルのロビーは私の好きな雰囲気。ただ、浜松町駅からは徒歩かシャトルバスで移動しなければならず、気軽にサっと行けないのが残念。

 

 1392629983781

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックインする際、フロントより「お部屋をワンランクアップさせていただきました」という言葉があり、なんと、セキュリティ完備の「クラブインターコンチネンタルフロア スーペリア レインボーブリッジビュー」を用意してくれた。 やったぁ~!! ますますテンションが上がるぅ~

 

ルームカードを差し込まないと、フロアボタンが押せないというセキュリティフロア。エレベーターの中からセレブ気分を味わい、シーンと静まり返った22階フロアへ。

 

1392629514518 1393497232452

 

部屋のドアを開けると、美しすぎる室内と夜景が視界に飛び込んできた。

DSC_1141

 

 

眼下に東京湾が広がり、レインボーブリッジが真正面。高層ならではのイルミネーションにうっとり。

窓に近づくと、右側に光り輝く東京タワーも見えます。その下には、数年前まで足しげく通った出版社のビル。編集部のフロアはまだ電気がついています。

 

今日だけは、仕事を忘れてリッチに過ごしますわ。

 

1393497225857 DSC_1203  

 

 DSC_1159 DSC_1160                  

 

室内は、ダークなブラウンを基調に間接照明のほのかな光に包まれた落ち着いたシックなインテリア。椅子とベッドに置かれたクッションがまたステキ。

 

 

すぐさまベッドに倒れこみたいところでしたが、まずは撮影。このブログに写真を載せなくっちゃ。 こっちのアングルの方がいいかな。ちょっと暗すぎるなぁ。

 

ここまで来て優雅に過ごすことのできない哀しいサガ。 もはや職業病ですね。。

 

 

仕事を終え、時間差で部屋に到着した娘は、声も出ないくらい感動した様子。

こんな豪華ホテル、泊まったことないもんね。 こちらも親と同じく、キャーキャー言いながら、あちこち写真を撮りまくってました。

(娘よ、優雅なホテルの過ごし方の見本を示してあげられなくてごめん)

 

DSC_1144 DSC_1145 1393497469925   DSC_1198 DSC_1228 (375x500)

 

とくに喜んでいたのがアメニティグッズ。

●世界のインターコンチに導入されているというアメリカの伝統あるラグジュアリーブランド「アグラリア」のシャンプー&リンス。

●かわいいガラス瓶に入った入浴用ソルト(フランス産自然塩)

●パナソニックビューティー ヘアドライヤー「ナノケア」

●自分のiphoneやipadがセットできる「Ihome」

●「ネスプレッソマシーン」  

 

「いいね~これ!!」「すっご~い♪」「これ使ってみようよー」と大騒ぎ。

こういうとこは、女同士の方が盛り上がりますね。

 

さて、肝心のベッド周りはどうでしょうか。

そのお話は次回に続きます。  

 

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ(所在地:東京都港区海岸1丁目16番2号) http://www.interconti-tokyo.com/

 

(byりーたん)

 


4 Comments

  1. kaoru

    母娘でホテルステイなんて素敵すぎる!
    リニューアルしたインターコンチのインテリアは、
    ゴージャスシックで、私も大好きなテイストです。
    部屋からの眺めやアメニティも完璧!
    次回、ベッドまわりのレポートも楽しみにしています。

  2. 萌音

    こんにちは。インターコンチネンタルのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。

  3. りーたん

    コメントありがとうございます。とても励みになります。お役立ち情報満載のブログですので、これからも時々のぞきに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。