NEWS

「スペインクラブ茅ヶ崎」が4月27日にオープン

ちょっと先のことですが、4月下旬、茅ヶ崎の駅前にスペイン料理のレストラン「スペインクラブ」がオープンするというお話です。それも100坪規模の大型店!

「スペインクラブ」といえば、銀座や月島でスペイン料理のレストランを展開している会社。

もともとワインやスペイン食材を輸入する会社で、今のようにスペイン料理店やバルがほとんどない時代から、スペイン料理やワインの素晴らしさ、おいしさを日本に紹介してきました。

 

今回オープンする茅ヶ崎店は、再開発が進む駅前に誕生。1階にラウンジ席、カウンター席、ステージ席とテラス席。2階にはサロン席を備える大型店。店内のインテリア、調度品、美術品などはスペインから取り寄せられます。入り口の分厚い木製の扉は、スペインの古く教会の扉を使用していて、マドリッドの街角のレストランを思わせる雰囲気に。フラメンコやスパニッシュギターのライブ演奏も楽しめるエンターテイメント空間になります。

 

そしてお料理はスペイン直輸入の生ハムやイベリコ豚などの食材とともに、地元茅ヶ崎の新鮮野菜や魚介類がふんだんに使うそうです。

写真は、記者発表会で振る舞われた料理の一部。

 

スペイン料理といえばやっぱ生ハム。間違いのないおいしさ!

 

魚介のマリネ

 

肉汁たっぷり。イベリコ豚のロースト

 

例えば、フラダンス教室でステージを借りて、ランチ付きで発表会なんて使い方もできるかもしれません。

もちろん、マダムの集まりにもいい感じです。

 

ライター:土井ゆう子

 

2 Comments

  1. nobuko

    佃島・月島はよく散歩するのですが、スペインクラブまだ行っていないんです。
    先日「今日こそは!」と行ったら、なんと貸切で敗退。次回はフラメンコショーをがっつり見てやろうと思っています。

  2. YUKO

    nubukoさん。わたしもスペインクラブは、何回も行っていますが、フラメンコショーはわたしも見たことがありません。
    色気より食い気なもんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。