暮らし

真夜中のネットショッピング「ちびくろちゃん」にぞっこん!

夜中、誰にも邪魔されず独りパソコンでネットショッピングを楽しむのに病みつき。買って正解!!! やっぱり失敗!!!
悲喜こもごも、体験をリポート。

レンジでご飯が炊ける!
ふざけた名前の「ちびくろちゃん」にぞっこん!

オーストラリアに住むいとこへのクリスマスプレゼント選びには、毎年頭を悩ませる。
送料を考えると、軽くて小さいに越したことはないのだが……。
そんなことを思いながら、今日もネットショップを放浪。
時計の針(正確には針はなくてデジタル表示だけど)はすでに午前の2時を回っている。
早く寝ないと朝が辛い、と思いながらもマウスを握る手を離すことができない。

ピカピカの新米とか送ってあげたいけど、検疫が厳しい国だから手続きが面倒そう。
米は向こうでも買えるって言ってたし。
そういえば、どうやってご飯を炊いてるのかな?
炊飯器もってたっけ? 鍋で炊いてるのかな?
そんな疑問が頭をよぎり、炊飯器について検索してみた。

ヒットした商品の中で「電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き」が目に止まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直径も高さも14cm程度の小さな黒い容器。
素材はポリプロピレンで軽量そうに見える。
参考価格1680円を959円で販売。しかも配送料無料。
耐熱製ポリプロピレンの中には備長炭が入っていると書いてある。

クリスマスプレゼントとして、“軽い”“コンパクト”“手頃なお値段”という条件は満たしているが、「こんなんでちゃんとご飯が炊けるの?」という疑問がぬぐえない。レビューを読むとけっこうおいしく炊けるって書いてあるけど、名前が「ちびくろちゃん」なんだもん。おいしく炊ける気がしないわよ。人にあげるのなら、まず自分で使って試してみなくては。
幸いなことにお値段が安いので、画面右上の表示「ショピングカートに入れる」をクリックした。

2日後に到着。さっそく、説明書にそって白米を炊いてみた。
使い方はいたって簡単。
①付属の軽量カップでお米を計り、容器の中に入れてとぐ。中蓋を利用して水切りを行う。
②お米の量にあった水を入れる。
2合の場合=約420cc、1合の場合=約220cc、0.5合の場合=約120cc
③中蓋、上蓋をセットして電子レンジで加熱。
加熱時間は2合=約13分、1合=9~10分、0.5合=7~8分
④加熱後10~15分蒸らす。

蒸らし終わって、そっと蓋を開けてみた。

Oh! Oh! 白くツヤツヤのご飯が炊き上がっている!
スゴイ! おいしいご飯が炊けた印である「カニ穴」までできている!

食べてみた。
わが家ではずっと、土鍋を使ってガスでご飯を炊いていたけど、それと比べてまったく味に遜色がない。
炊くのにかかる時間はほぼ同じだけど、鍋そのものが軽いので運んだり、洗うのがすごくラクだ。
0.5合から炊けるっていうのもいい。
夫婦二人だけ、ひとり暮らしなど、熟年家庭にうってつけだ。

というわけで、今やわが家のご飯用土鍋はキッチンの奥深くにしまわれ、白米を炊くのはもっぱら「ちびくろちゃん」に代替わり。
毎朝、けなげに働いてくれている。

ちなみに、いとこへのクリスマスプレゼントは結局別のものに。
「ちびくろちゃん」の“備長炭入り”、という言葉から派生して、備長炭で作った石鹸やマドラーをセットにしてその年のクリスマスプレゼントにした。
そのお話はまたいつか……。
(二宮つゆか)

電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き

新品価格
¥532から
(2012/7/13 23:56時点)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。