暮らし

出会ってしまったStaubの鍋

鍋はもう買わない って決めていた。

 

うちで使っている鍋は大中小のステンレスの雪平鍋。

それと寸胴鍋と大きめの圧力鍋。

これ以上は増やさないって。

過去に何度も「ル・クルーゼ」の鍋を買おうか、と迷ったことがあった。

お料理の先生は「これで煮込み料理を作ると、何てことない料理がとってもおいしくできるから」と言ったし、料理自慢のお宅に行くと、必ず「ル・クルーゼ」があった。

そのたびに、心がグラッと傾いたけど、あの鍋の重さを考えると

「歳をとったら、鍋を取り出すのも洗うのも重くて大変だから、使わなくなりそう」と考え、思いとどまってきたのだ。

 

それなのに・・・である。

西麻布のとあるレストランで、Staubの鍋を使った料理を出していて、そこで出会ってしまったのが、楕円で平たい形の「フィッシュホットプレート」31センチ。

 

釣りが好きで、魚料理が多いわが家では、アクアパッツァなど、洋風の魚料理を作る機会も多い。

アクアパッツァをこの鍋で作って、そのまま食卓に出したら素敵だろうな、

メバルのアクアパッツァなんか、おいしいだろうな~、と思ったら、にわかにその鍋が我が家の必需品のように思えてきたのだ。

 

蓋は、ずっしり重いけど、鍋本体は薄いだけに、それほどの重さでもない。

これくらいの重さなら、とりまわしもそんなに苦痛じゃなくて、歳をとっても使えそうな気がする。

パエリャも作れそう。野菜や肉を、蒸し焼きにするのにもよさそうだ。

そう思ったら、どうしても欲しくなった。

鍋に興味津々の私に、レストランの人が「ネットで買えば、けっこう安く買えるみたいですよ~」と言う。

 

その日の夜中、さっそく「Staub」「フィッシュプレート」で検索してみる。

いっぱいヒットする。蓋がグレーのものと黒のものと2種類ある。

値段は15000円くらいから21000円ほどまで、さまざまだ。

 

そこで価格com.で値段を調べてみる。

 

「価格の安い順」で検索すると、最安値で13,650円というのがあった。

しかし、ここは送料が別途650円かかる。

さらによく調べると送料込で13,986円というのがあった。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/murauchi/3272343321181.html

 

よし! 思い切って買っちゃおう!!

 

それから3日後、手元に到着。

ネットで買い物をしたとき。この家に届いた瞬間が一番ワクワクする。

箱を開けた瞬間もである。

 

さぁ、これでまず何を作ろうか。

久しぶりに料理をするのが楽しくなってきた。

料理へのモチベーションをアップするには、鍋を新調するのは悪くない。

今後はStaub料理のレシピでも考えてブログにアップしようか。

今のところ、買ったことへの後悔はなしである。

(by二宮つゆか)

 

 


2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。