グルメ

赤坂バル横丁オープン! 国産ワインとご当地料理の「Editor’s Fav るるぶキッチン」が登場

赤坂・みすじ通りに「赤坂バル横丁」なるものがオープンした。

 

赤坂バル横丁のエントランス

“横丁”なんて言葉、久しぶりに聞いた〜。

スペインのバル文化と日本の横丁文化の融合だって。

ビルのワンフロアに個性的な9軒のお店が集まっていて、ハシゴが楽しめるようになってるんだよ。

そのなかの1軒が、ぎっちり情報が詰まった旅行ガイド誌としておなじみの「るるぶ」の編集者が、全国で旅して見つけたおいしいものが食べられる「Editor’s Fav るるぶキッチン」

ところで、Favって何? ファボって読むの? IT用語なの? 「お気に入り〜」の略?

まぁ、細かいことは気にせずに、おいしく飲んで、食べられればヨシ!

ポイントは全国津々浦々を取材して歩く、記者が見つけた食材を使用しているという点だよね。

日本各地から取り寄せた食材を使ったレギュラーメニュー、各地の日本ワインの他に、期間ごとに特集地域を定め、その土地の旬の食材を活かしたオリジナルメニューを提供。

店内ではメニューブック、映像、観光パンフレットなども活用して地域食材や観光プロモーションを同時展開。

旅心が誘われるよ。

6月15日のオープンから1ヶ月間は岩手県宮古にスポットを当て、展開されます。

棚を見ると、「わかめソルト」「国産鯖のレモンバジル風味」「たつっと海老だし」など、岩手県のおすすめ調味料や缶詰が並んでいる。こうしたご当地調味料は、ここで出される料理に使われていたり、購入することもできます。

 

るるぶキッチンのコーナー

オープンから1ヶ月間は岩手県宮古をテーマに展開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンター上の棚には、ガイドブックやここで使用されている調味料が陳列されている

岩手県のおすすめ商品

 

 

 

 

 

 

 

ドリンク類は東京ワイナリー、、丹波ワイン、十勝ワイン、岩の原葡萄園など日本ワインがメイン。

左より広島「三次ワイナリー TOMOEシャルドネ クリスプ2015」、北海道「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 十勝ワイン 清美2013」、富山「やまふじぶどう園 YAMAFUJI2016」

 

お試しメニュー。宮古のイクラの醤油漬けに、さっぱり酸味のきいたリンゴを合わせたもの、徳島県つるぎ町の阿波名産 手延べそうめんのふしと国産塩レモンなめこを和えたもの、高知県北川村 ゆずたっぷりキャロット・ラペなど。

 

東日本大震災の復興を目指して企画された鯖缶(レモンバジル味)とジャガイモのトマト煮

 

これから、いろんな地域の食材を紹介してくれそうなので、定期的に訪ねて、日本中のおいしいものを食べたいものですね。

 

バル横丁の楽しみ方として「隣の芝生が青かったら刈りに行くべし!」とあったので、他のお店ものぞいてみました。

 

◉焼鳥「白金気鶏」 白金高輪の鶏肉専門店「鳥彦」が初出店した飲食店。

生絞りレモンチューハイ、焼鳥、から揚げ

 

チキンロールの焼鳥

 

砂肝

 

◉東北の酒と海産物「トレジオン」 この店のすぐ近くにある赤坂の人気店「トレジオン」が手がける日本酒バル。東北6県の地酒と旬の海産物が食べられる。

キュートな兄妹が、爽やかに接客してくれたよ。

 

金華サバのしめ鯖、生うに、生ホタテと東北の地酒

 

◉ラムチョップ+チョップドタパス「CHOP CHOP 」 テーマはチョップ!? カジュアルにラムチョップとチョップしたタパスが楽しめるよ。

 

焼き加減バッチリでジューシーなラムチョップ

 

カラフルなチョップドタパス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉スパイスバル/カレー「GSC / Good Spice Curry」 オリジナルスパイスで昼はカレー、夜はスパイスバルだって。

 

 

餃子「GYOZA!365」 スパイスやハーブがアクセントになった新発想のGYOZAとワインやクラフトビールをペアリング。

バラエティに富んだ新発想の餃子があるよ

 

焼野菜「畑人 焼野菜」 肉をくらうがごとく、野菜をがっつり食べる店だそうですよ。

 

あくまでも野菜がメインなのです

 

◉泡とムール貝「Gracia」 ソースで食べるムール貝だそうです。こぼれスパークリングワインにもひかれます。

こぼれスパークリングワインは、大胆にも升で受けるスタイル。思わず「いっぱいこぼしてください!」って言っちゃいそうです。

 

ソースで食べるムール貝だそうです。ソースにはトマト、バジル、ブルーチーズ、エスニック風などの種類があります。

 

ムール貝は国産だそうです

 

ハシゴ酒は楽しいゾ。でも、さすがにこれだけ回るとお腹がいっぱい。お気に入りの店が数店できました!

この横丁、平均的に食べ物のクオリティが高いですよ。ガッツリ食べるもよし、サクッと切り上げるもよし。

バラエティに富んでいるから、どこに行こうかまよったときに足を向けるのもおすすめですね。

赤坂バル横丁

東京都港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル 1階

ランチ 11:30〜14:00(ランチ営業は7月10日より)

ディナー 17:00〜23:30

(土曜 11:30〜23:30、日曜 11:30〜22:300

 

(リポート/土井ゆう子)

3 Comments

  1. nobuko

    また横丁が流行ってるんですかね。『るるぶ』編集者おすすめなら食べ物のクオリティが高いのも納得です。はしごを勧める危険な横丁だわ~。そうそうyukoさん。私、ディープな「猫居酒屋」見つけました。

  2. yuko

    nubukoさん
    私はるるぶキッチンの他には、トレジオンとChop Chopがお気に入り。ところで「猫居酒屋」はいずこにあるの?猫が接待してくれるの?

  3. うらん

    赤坂バル横丁、楽しかったですね!女友達と待ち合わせして手軽にはしご酒するのにイイ感じ!「るるぶキッチン」で編集者から取材裏話が聞けたりしたら楽しいかも。軽い打ち合わせもできちゃう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。