グルメ

白魚(シラウオ)の料理2種

白魚って春先が旬だとばかり思ってたけど、初冬だというのに魚屋さんの店頭に出ていたので買ってみた。

半透明で長さ10㎝くらいの細長い魚だ。

わが家は二人家族なので、1パックを2回に分けて食べることに。

 

1日目は、とてもポピュラーな卵とじ。

 

小さな土鍋に白魚を入れ、だし汁(だし汁+みりん+塩少々+薄口しょうゆ適量)を入れて加熱。くつくつ煮立ってきたら、とき卵を流し入れて蓋をして、火を止める。

食べる前にあさつきの小口切りをパラパラ。

日本酒はもちろん、白ワイン、焼酎にもあいます。

 

白魚の卵とじ

白魚の卵とじ

 

 

 

2日目はスパニッシュ風に。

白魚をアンギラス(うなぎ)の稚魚に見たてて、オリーブオイル煮に。

 

小さなフライパンにニンニク(半かけ)とたっぷりのオリーブオイルを注ぎ、弱火でニンニクの香りをオイルの中に抽出する。

ニンニクをこがさないように取り出し、そこに白魚を投入し、塩を少々加える。

魚が白くなったら完成。

 

白魚のオリーブオイル煮

白魚のオリーブオイル煮

 

 

オイルにパンを浸して食べると、白ワインがぐびぐびいけちゃいます。

 

1パックで2種類の味が楽しめて、お得感いっぱい。

そういえば、白魚は天ぷらも美味。

サクッと揚げて、塩をパラパラと振って食べるのもいい。

冬なのに、なんとなく春めいた気分になるから不思議です。

 

(テキスト/土井ゆう子)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。