グルメ

白子のパン粉焼き

冬になると、タラの白子が魚売り場に並ぶ。

鍋の具材として、あるいは白子ポン酢で食べるのが一般的だが、たまにはちょっと手を加えて調理。パン粉焼きにしてみた。

 

DSCN5315

 

 

パリッと香ばしい衣の中から、とろ~り、クリーミーな白子があふれ出る。白ワインや日本酒との相性がいい。

 

作り方

① 白子は水で洗うかわりに、日本酒でふり洗いするか、少しの時間浸け、水気をふいてから、塩を軽く振っておく。

DSCN5290

 

 

② パン粉はフライパンで香ばしく炒り、すり鉢で細かく砕く。

このひと手間で、ぼってり重くならず、軽い食感になる。関西風の串揚げのようにサクサクに。

パン粉をフライパンで香ばしく炒める。

パン粉をフライパンで香ばしく炒める。

すり鉢で細かく砕く。ビニール袋に入れて、すりこぎで叩いたり、手でもんでもOK

すり鉢で細かく砕く。ビニール袋に入れて、すりこぎで叩いたり、手でもんでもOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ 白子にすりおろした山いもをからめ、接着剤にして、パン粉をつける。

DSCN5297

 

 

 

④ フライパンにバター(1かけ)とオリーブオイル(大さじ1くらい)を入れて加熱し、そこに③をそっと入れる。

片面がこんがり焼けた頃を見計らって、そっとひっくり返す。

片面がこんがり焼けた頃を見計らって、そっとひっくり返す。

 

 

⑤ 両面こんがり揚げたら、お皿に盛り付け完成!

DSCN5307

 

 

熱々を口にして、冷酒を流し込む。

誰かが白子の味を「生殖のラインを断った濃厚さ」と表現していたのを思い出した。

 

(テキスト/土井ゆう子)

 

 

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。