グルメ

東京で味わう新潟の味。インターコンチ東京ベイ「シェフズ ライブ キッチン」で開催中

人気のホテルブッフェとして、C.J.WOMANでたびたびご紹介している「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の『シェフズ ライブ キッチン』。

新鮮な旬の素材を生かした、ヘルシーで多彩な料理と、定期的に開催される地方色豊かなフェアが楽しみなブッフェです。

 

インターコンチネンタル東京ベイ3階にある「シェフズライブキッチン」入口

インターコンチネンタル東京ベイ3階にある「シェフズライブキッチン」入口

 

 

今回は9月15日(木)から11月30日(水)に開催される

「日本を味わおう第6弾ー新潟」をリポートします。

TV番組「ソロモン流」の登場などで、今やすっかりおなじみの“賢人”料理長の佃 勇氏。佐渡をはじめ、新潟各地へ足を運び、食材を探し、郷土料理を食べて開発したメニューの数々だそうです。

 

テーブルについて最初にいただく料理が、「コラーゲンたっぷり“越の鶏”と千本葱のスープ」。

“越の鶏”も“千本葱”も、初めて耳にするものですが、“カンズリ”という新潟独特の辛味調味料が隠し味になっています。

 

ファーストディッシュのスープは、パイで蓋をしたホットスープ

ファーストディッシュのスープは、香ばしパイで蓋をしたホットスープ

香ばしいパイ皮をやぶって、たくさんの具材が入ったスープをいただく。

スプーンでパイ皮をやぶり、たくさんの具材が入ったスープをいただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープを味わったら、いよいよブッフェコーナーへ。

 

前菜コーナーには、氷の上に小さな器や貝が並んでいます。

 

左より「新潟産五穀米と旬野菜のライスサラダ」「枝豆のブランマンジェ、カリカリ美人蓮根と共に」「新潟県産サザエのマリネ、佐渡のモズクを添えて」

左より「新潟産五穀米と旬野菜のライスサラダ」「枝豆のブランマンジェ、カリカリ美人蓮根と共に」「新潟県産サザエのマリネ、佐渡のモズクを添えて」

 

 

左より「銀鮭の焼き漬け、甘酢ソース」「佐渡のモズク 三杯酢」「イベリコ豚のリエット 彩野菜のラタトイゥユを添えて」

左より「銀鮭の焼き漬け、甘酢ソース」「佐渡のモズク 三杯酢」「イベリコ豚のリエット 彩野菜のラタトイゥユを添えて」

 

 

サラダコーナーの一品「新潟県産ブリのしゃぶしゃぶサラダ 爽やかなポン酢とかんずりを添えて」

サラダコーナーの一品「新潟県産ブリのしゃぶしゃぶサラダ 爽やかなポン酢とかんずりを添えて」

 

 

こんなふうに前菜をチョイスして、自分の席へ。好きなものを好きなだけ選んで食べられるのがブッフェの醍醐味ですね。とりあえず、前菜は全品制覇。

 

_dsc5249

 

 

 

ぜ〜んぶおいしいんだけど、特に私のお気に入りは、太くてシャキシャキの噛みごたえがあるモズク。このモズク、スーパーで売られているオキナワモズクとはぜんぜん違って、新潟の天然岩もずく、だそうです。磯の香が際立っています。

「新潟五穀米と旬野菜のライスサラダ」(写真左上)は、ねっとり&つぶつぶで、今まであまり食べたことのない食感。

「銀鮭の焼き漬け、甘酢ソース」(写真上・右から2つめ)は、ふんわりやさしい味わいで、おもわずリピートしてしまいました。

新潟産のサザエは、まもなく禁漁になってしまうとか。フェア中にほかの食材に変わってしまう可能性もありそうです。

 

「新潟県産ブリのしゃぶしゃぶサラダ 爽やかなポン酢とかんずりを添えて」(写真左下」は、ブリというには季節柄まだ若い魚体のようです。季節が進み、脂がのってくると、さらにおいしくなることでしょう。

 

次に温製料理のコーナーをご紹介します。

 

 

「酒粕でマリネした銀鮭のポワレ 新潟五穀米リゾット添え」

「酒粕でマリネした銀鮭のポワレ 新潟五穀米リゾット添え」

「牛スジとトリッパー、10種類野菜のとろとろ煮込み、かんずり添え」

「牛スジとトリッパー、10種類野菜のとろとろ煮込み、かんずり添え」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「新潟の米麹でマリネしたローストポーク」

「新潟の米麹でマリネしたローストポーク」

「じゃが芋と食用菊(かきのもと)のチーズグラタン仕立て

「じゃが芋と食用菊(かきのもと)のチーズグラタン仕立て

 

 

 

 

 

 

 

 

「新潟名物“越の黄金豚”タレカツ シェフズライブキッチンスタイル」

「新潟名物“越の黄金豚”タレカツ シェフズライブキッチンスタイル」

定番の人気料理「ローストビーフ」

定番の人気料理「ローストビーフ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てんぷらコーナーでは「イカの一夜干し」がイチオシ

シェフズライブキッチンでは、好みのタネをリクエストして、目の前で握ってもらう、にぎり寿司コーナーと、揚げてもらうてんぷらコーナーが人気。

今回の新潟フェアでは、てんぷらのタネにイカの一夜干しが加わりました。これは、何をおいても食べたほうがいいとおすすめしたい料理です。

 

 

リクエストしたタネを目の前で揚げてくれるてんぷらコーナー

リクエストしたタネを目の前で揚げてくれるてんぷらコーナー

 

佃料理長いわく、「新潟のほうでは、イカの一夜干しのてんぷらは、とてもポピュラーなもの」だとか。

干してあるイカを揚げるわけですから、食べる前は「硬いのかな?」と思っていたのですが、これがなんともやわらかく、ほんのり塩味がしみていてジューシー。新潟では、家庭料理であり、お惣菜やさんでも売られている料理だそうですが、実際にこれほどにやわらかいのでしょうか? それともホテルブッフェならではの秘策がなされているのか・・・。この疑問は不明ですが、食べる価値アリですよ(キッパリ)。

 

イカの一夜干し(左)、まいたけ(右奥)、銀杏(手前)

イカの一夜干し(左)、まいたけ(右奥)、銀杏(手前)

 

数々の料理を楽しんでいると、やがて「ご飯が炊きあがりました〜、たきたておにぎりですよ〜」とダイニングにアナウンスが流れます。

カウンターのなかでは佃シェフ自らが、銀しゃりのおにぎりをにぎっています。

_dsc5270

 

「佐渡産こしひかり たきたておにぎり」。

天然記念物のトキが飛来する田んぼでとれるコシヒカリ。これはやっぱり、食べとかなくちゃいけませんね。

 

食事のメニューは、このほかに「柏崎名物 鯛とイクラのだし茶漬け」、にぎり寿司などがあります。

 

 

 

 

 

そういえば、入場時にいただいた「一人一貫」の「のどぐろお寿司の引換券」。

好きなものを好きなだけいただけるブッフェですが、さすがに超高級魚ノドグロを、無制限に振舞うわけにもいかず・・・、でも、ゲストに味わってもらいたい、という料理人としての良心とジレンマが、この引換券から見て取れます。

プロテニスプレイヤーの錦織氏がTVのインタビューで「のどぐろ食べたい〜」なんて言ったからか、ますます価格高騰の傾向にあるノドグロ。

ここでは、知り合いの漁師さんから直送してもらっているそうです。

今回、私は利用しないまま終わってしまいましたが、行かれる方はぜひ早めに注文してくださいね。

 

お楽しみのデザートブッフェは、チョコレートファウンテンの隣に、小さなポーションでたくさんの種類が並んでいます。

新潟フェアとして新登場しているのは新潟コシヒカリの米粉を使ったシフォンケーキ、生乳で作る濃厚さが人気のヤスダヨーグルトを使ったブランマンジェ。

 

デザートコーナーのシンボル「チョコレートファウンテン」

デザートコーナーのシンボル「チョコレートファウンテン」

新潟産コシヒカリのシフォンケーキ

新潟産コシヒカリのシフォンケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊富なデザートもブッフェの大きな楽しみ

豊富なデザートもブッフェの大きな楽しみ

 

飲み物では、佐渡市にある老舗造り酒屋「北雪酒造」の梅酒が用意されていました。爽やかな酸味と上品な甘みのある梅酒は、食前酒としてはソーダ割り、食後酒ならロックなどがあうでしょう。

 

_dsc5288

 

 

おいしいものがいっぱいの秋。

インターコンチネンタル 東京ベイ「シェフズ ライブ キッチン」の「日本を味わおう第6弾ー新潟」は2016年11月30日(水)まで開催しています。

 

リポート/土井ゆう子

 

 

6 Comments

  1. kaoru

    瀬戸内、伊勢志摩などにつづき、もう6回目となるご当地ブッフェ。
    新潟は一見地味ですが、実は魚やお米、郷土料理など食材の宝庫!
    私も頂きましたが、特に銀鮭、イカの一夜干し天ぷら、佐渡コシヒカリのおにぎりが美味しかった!あとで気づいたけど「越の黄金豚タレカツ」食べ忘れたよ~。

  2. YUKO

    KAORUさん
    コメントありがとう〜。

    「越の黄金豚タレカツ」食べ忘れたよ~。

    全制覇はなかなか難しいですよね。
    私も「柏崎名物 鯛とイクラのだし茶漬け」やのどぐろのお寿司を食べ損ねています。
    夜に行くのと、昼に行くので、また雰囲気や食べ方も変わりますね。

  3. nobuko

    きゃー!美味しそう!

    そうですよね!? 

    私も新潟のモズクって美味しいよな‥と思っていました。荒海日本海のモズクは本当に美味しいです。嬉しいな~。
    「鮭の焼き漬け」は、焼き浸しという郷土料理のアレンジかな。

    あー、田舎に帰りたくなってきました。

  4. YUKO

    nobukoさん
    いらっしゃいませ。
    nobukoさんの郷里では、イカの一夜干しのてんぷらって、食べられていましたか?
    今回、これがとってもおいしかったのですが、なぜあんなにふんわりやわらかいのか謎です。
    もし、知ってたら教えてくださいませ。

  5. YUKO

    りーたんさん。

    「最近デザートには関心がなくなっているのだけど、〜」

    マジですか?
    わたしは若いときはあまり甘いものに関心がなかったのに、最近はけっこう好きです。

    前菜、どれもおいしかったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。