グルメ

春の出会い! ヒジキのパスタ&パエリャ

春がきた〜!!

 

 

18

 

桜の花が満開のこの時期、海の中にも確実に春がやってきているようです。

ワカメやヒジキなどの海藻類が収穫され、アサリなどの貝類も身がぷっくり膨らんできています。

 

近所のスーパーで神奈川県産ヒジキを蒸しあげたものが売られていたので、買ってみました。

ヒジキといえば、乾物で売られているものを水で戻して調理するというイメージですが、乾物でないのは、春、この時期ならではデス。

 

_DSC1990

 

 

 

黒くて、太くてやわらかそうなこのヒジキを、どうやって食べようか??

オーソドックスに煮物もいいけど、ちょっと変化球で、今回はペーストにしてみることにしました。

 

ヒジキはさっと洗って、水気を絞っておきます。

(ちょっと口に含んでみましたが、海水の塩気はあまり感じませんでした。味見は大切。それによって塩の分量などを調節しなくてはなりませんので。)

 

_DSC1996

 

フライパンにたっぷりのオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ、弱火で加熱し、香りを抽出。

 

 

 

 

 

_DSC1997

 

 

ヒジキを加え、中火で炒める。

 

 

 

 

 

 

_DSC2001  _DSC2003

 

 

 

 

 

 

フードプロセッサーに入れ、ペースト状にする。

ミキサーの場合は回りにくいので、オリーブオイルを多めに加えて、ゆるめてペースト状にする。

 

 

 

これで、ヒジキのペーストが完成!!

 

1品めは Spaghetti al Nero di Seppia

イカ墨のスパゲッティのイメージで。

 

_DSC2005

 

フライパンにヒジキペーストを入れ、白ワイン適量(ペーストがほどよい粘度になるくらい)、ホタルイカ(目はとっておく)、柚子コショウ、塩少々を入れて炒める。

 

 

 

 

_DSC2025

 

茹でたスパゲッティを加えて、からめる。

 

 

 

 

 

 

完成はこんな感じ。

 

_DSC2026

 

 

ホタルイカは、たまたま家にあったから使ったんだけど、味が濃厚なので、これでいい感じにイカ墨風になりました。

ヒジキがもたらす磯の香りが半端なく、柚子コショウの香りがアクセントに。

 

 

さて、ヒジキのペーストでもう1品。

 

ARROZ NEGRO

イカ墨のパエリャ風にしてみました。

 

_DSC2082

 

フライパンにオリーブオイルを大さじ2ほど入れ、ニンニク(みじん切り)と玉ねぎ(角切り)を入れ、玉ねぎが透明になるまで、よく炒める。さらにマッシュルーム(スライス)を加えて炒める。

 

 

 

 

_DSC2087

_DSC2090

 

 

 

 

 

 

 

 

缶詰トマト(1カップ)、さらにヒジキのペーストを適量加え、かき混ぜながら炒める。

 

 

_DSC2091

_DSC2093

 

 

 

 

 

 

 

 

米(2合)を洗わず、そのまま入れて、混ぜながら炒める。全体に混ざったら、コンソメスープ(330cc)を加えて煮る(水と固形スープをそのまま入れても可)。

 

 

_DSC2095

 

ホタルイカとアオヤギを加えて、中火で加熱する。煮立ったら、一度全体をかきまぜ蓋をする。弱火で加熱し、水分がなくなり、蒸気が出なくなるまで加熱する。

 

 

 

 

_DSC2097

 

 

炊き上がったところ。

 

 

 

 

 

 

完成!! 

 

 

_DSC2101

 

赤ピーマンなんかトッピングするといいんだろうけど、生憎冷蔵庫に在庫なし。

パセリを刻んでピースマークにしてみたら、雑だったから、ハロウィンのお化けみたいになってしまいました。

 

 

イカ墨風のパスタとパエリャ、いかがですか??

今が旬のホタルイカやヤリイカ、アサリなどを加えると、潮の香りいっぱいで、白ワインにぴったりの一品になりますよ。

 

 

ところで、ヒジキですが、イギリスではヒ素が含まれているという理由から食べることを禁じられているそうです。

ワカメやヒジキなど海藻類は、海中のヒ素を取り込み蓄積させるのだとか。

ワカメやヒジキって健康食材だと思っていたのに、これは怖い話ですね。

なので、ちょっと調べてみました。

なんと「日本ひじき協議会」なる機関が、この件について見解を出していました。

 

ヒ素含有量を分析したところ、毎食(朝昼晩3食×7日)小鉢一杯程度を(一生涯)食べ続けても問題ないと。

ヒ素による健康被害よりも、ヒジキの栄養成分によるメリットの方が大きいと考えられるのだそうです。

 

栄養成分は、カルシウム、鉄分、リン、カリウム、ヨウ素、マグネシウム、カロテン、食物繊維等。カルシウムは海草の中でトップ。

将来、骨粗しょう症が心配されるオーバー50の年代には、魅力的な食材ですね。

食物繊維も豊富で、ごぼうの5倍もの量を含んでいるとあります。本当???

 

まぁ、いずれにしても、日本人が昔から食べてきた食材です。適量を食べている分には問題ないのではないでしょうか。

春のこの時期、乾物でないヒジキを見かけることがあったら、試してみてはいかがでしょう。

 

(土井ゆう子)

4 Comments

  1. nobuko

    ひじきをペーストにするとはまた、考えましたね。

    すごい美味しそう。ひじきの繊維はごぼうの5倍?!
    そんなに凄いんですか。ミネラルも多くて、いいですね。
    海草は太らないし、いいですよね。

    ひじき見つけたらやってみようかな。

  2. YUKO

    nobukoさん。最近、近所のスーパーで「釜揚げひじき」っていうのをよく売っているので、作ってみました。

    それにしても、瀬戸内海の真鯛の刺身を食べたい!!!

  3. けい

    ひじきって煮物しか作ったことなかった(^_^;)
    でも、乾物しか売ってない?
    わたしんちあたり@福岡では生が一年じゅういつでもあるんだけど
    まじでまじで?
    福岡って恵まれてる?

  4. YUKO

    けいさん
    福岡って、ひじきの生が一年中あるんですね。
    海の幸が豊富なんですね。

    最近、ひじきはサラダに入れたり、いろんな食べ方があるみたいですよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。