グルメ

旬のシラスをスペイン料理で

スペイン料理に、鰻の稚魚をニンニクとオリーブオイルで煮た料理があります。

 

ワタシが初めてこれを食べたのは、六本木の俳優座の近くにあった「ボデゴン」というレストラン。

(かれこれ30年ほど前かなぁ~。懐かしい。)

 

すんごくおいしくて、大好きになったので、スペインへ行ったときにも食べました。

 

当時から、鰻の稚魚(アンギュラス)は高級食材だったけど、EUのウナギ稚魚漁獲制限など、厳しく漁獲が制限されている今はさらに高級に。

恐ろしくて、オーダーする気にもなりません。。

 

あ~、でも、アレ食べたいなぁ~

 

と思ってたとき、スーパーで目についたのが、生シラス。

鰻の稚魚を、生しらすで代用。

湘南や静岡沿岸でとれる生シラスは、春先のこれからが旬です。

 

春が旬の生シラスとニンニク。タカノツメとオリーブオイルも用意します。

春が旬の生シラスとニンニク。タカノツメとオリーブオイルも用意します。

 

小鍋にオリーブオイルをひたひたに注ぎ、ニンニクをひとかけ分、スライスして入れ、タカノツメも種を取り除いて投入。

弱火でじっくりニンニクの香りを抽出したら、シラスを投入。

揚げるのでも、炒めるのでもなく、シラスをひたひたのオイルで煮る感覚で加熱。

オイルがプツプツとわき、シラスが白くなったらできあがり。

 

シェリーや白ワインに合います。

 

しらす1

 

 

 

 

余談ですが、スペインへ行ったとき、アンギュラスの缶詰をスーパーマーケットで購入しました。

お友達にお土産として差し上げたのですが、

「缶の表示にSURIMIって書いてあったよ」って、その友人から教えられました。

 

言われて、自宅にあったのを確かめてみると、本当に「SURIMI」って書いてあります。(スペイン語の材料表記のなかにSURIMIって書かれていても、あの「すり身」だなんて思いもしません)

 

で、缶詰を開けてみたら、オイルの中に浸かっているのは、鰻の稚魚にしか見えません。白く細長く、背中部分が黒くて、目までついています。

 

食べてみると、歯ごたえと風味がちょっと足りないけど、そこそこおいしい!

 

というわけで、すり身でもおいしいわけですから、シラスならなおのことOK。

カルシウムもたっぷりです。

 

簡単に作れるので、生シラスに出会えたら、ぜひお試しください。

 

(土井ゆう子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。