グルメ

地元の人気スイーツ「大麦ダクワーズ」でほっこり。

ティータイムや食後に、おいしいお菓子があると幸せな気分になりますよね。

今回は、私の地元栃木県足利市のお菓子で、最近全国区で有名になりつつある

「大麦工房ロア」の「大麦ダクワーズ」のご紹介。

昔は足利のお土産といえば、足利出身の書家、相田みつおが書いた看板や

包装紙で有名な香雲堂本店の「古印最中」か「ミートサブレ」と決まっていましたが、

最近はこの「大麦ダクワーズ」の方がメジャーになりつつあります。

それというのも、新聞広告やチラシでお手軽な初回限定セットや無料お試しセットなどを

大きく宣伝したり、NHKの「小さな旅」で紹介されたのが効いてるようです。

その「大麦工房ロア」の工場直売店が、実家のすぐ近くにあると聞いて

昨年夏休みに帰省したとき、さっそく行ってみました。

 

足利「大麦工房ロア」の工場直売店。

足利「大麦工房ロア」の工場直売店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小高い山を背に、広々とした工場の敷地内にある直売所は、

緑の芝生に囲まれ、白い壁が清潔感のある素敵な建物。

店の前にはなんと、小さいながらも足湯のコーナーが!

大きな窓がある開放的な店内には、足利産の二条大麦で作った洋菓子や和菓子、

健康食品などがきれいにディスプレイされています。

驚くことに、店内にはショケースに並ぶケーキを買うと

無料のコーヒーや大麦茶とともにいただけるカフェコーナーがあるんです!

ケーキはどれも200円台~300円台とお手軽な値段で種類も豊富、

暑い夏など、冷房の効いた空間で外の景色を見ながら、

おいしいケーキや冷たいアイスコーヒー、大麦茶を飲みながら、

ゆったりとした時間が過ごせる隠れスポットになりそう・・・。

店内には、好きなケーキを選び、コーヒーでくつろぐほほえましい家族連れの姿も。

 

いちごモンブラン&マロンモンブランと無料コーヒー。

いちごモンブラン&マロンモンブランと無料コーヒー。

大麦ダクワーズ

大麦ダクワーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お土産のイチオシはやっぱり「大麦ダクワーズ」!

ダクワーズとは、フランス南西部の「ダクス」という街で生まれたお菓子で、

アーモンドパウダーとメレンゲを使いふんわりと焼き上げ、

バタークリームをはさんだものが基本です。

ここではアーモンドパウダーのかわりに、足利産の二条大麦100%の麦こがし

(大麦を焙煎し、粉にしたもの)を使い、より香ばしく大麦の粒ツブまで感じられる

食感に仕上げているのが特徴。

色も大麦の素朴さをそのまま活かした、ナチュラルなブラウンです。

あまり知られていませんが、このあたりは関東平野でも小麦やビール用

二条大麦の生産が盛んな地域。だから昔からうどんやもんじゃ焼きなどの

小麦文化が根付いているんです。日清製粉も隣の館林市が発祥だし。

 

さくら味のクリームと抹茶の大麦ダクワーズ

さくら味のクリームと抹茶の大麦ダクワーズ

大麦ダクワーズ抹茶

大麦ダクワーズ抹茶

 

 

 

 

 

 

 

 

色も

 

 

ダクワーズの種類は、定番のナチュラルやショコラ、抹茶、マロン、黒(竹炭入り)

などのほか、栃木のイチゴとちおとめ入りのをクリーム、さくら味のクリーム、

柚子など季節限定のものも。 (4個525円、10個1470円~)

 

親しい人へのお土産や自宅用には、ダクワーズ色々とほかの大麦お菓子も入った

詰め合わせ「大麦おやつセット」がお得!

(3000円相当が1890円、5000円相当が3980円!)

ほかにも、大麦の粒々が入った大麦グラスロール840円やバウムクーヘンなども。

 

 

大麦おやつセット1890円

大麦おやつセット1890円

大麦グラスロール

大麦グラスロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん足利まで行けない!という人は、お手軽な通販もあります。

ちなみに一度京都のおばあちゃんにあげたら、

「おいしかったので、通販でまた購入した」とか。

なるほど~、ふんわり食べやすい食感と大麦ならではの香ばしさやヘルシーさは

子供だけでなくお年寄りにも支持されるのねと納得。

無料お試しセットもあるようなので、ぜひ一度試してみてはいかが?

 

「大麦工房ロア」

http://www.oomugi.jp/

(小林 薫)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。