ファッション

スタイリスト石田純子さんの2016年夏「オシャレな大人服着こなし講座」

このサイトでも大人気のスタイリストの石田純子さんが、東京・月島にセレクトショップ「DUEdeux(ドゥーエ ドゥ)」をオープン。ブランドにとらわれず、石田さんが本当にいいと思った洋服やバック、靴などを集めて展開する、大人世代にうれしいお店です。今回は、お店でのファッションショーの様子をお伝えします。

 

今年も去年に引き続き、トップスもボトムスもビックシルエットのものがトレンド。「今までスリムパンツや細身のシルエットに慣れている人にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、タイトなシルエットものは体のラインを拾ってしまって逆にふとって見えることも。ゆったりとしたもののほうが、実は着心地もよく体型隠しになるんですよ」(石田さん)。また、今風なものを1アイテム取り入れることで、トレンド感が演出でき、若々しく見せてくれます。ビックシルエットを中心に、大人世代ならではのオシャレな着こなし方をご紹介します。

 

ダメージデニムもオシャレなシャツでドレスアップ

ショー1今流行りのダメージデニムも、この程度のダメージなら大人世代でも取り入れやすい。ワイドパンツの鉄則、トップスをショート丈にすれば、バランスよく着こなせます。トップスのシャツは、前後どちらを前にしても着られる技ありシャツ。「これからの時期、旅行に持って行くと着回しができておすすめです」(石田さん)。

ショー1サブ1ショー1サブ2

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーダーカーディガンで大人のマリンルックに

new_ショー2ボトムスは同じダメージデニムですが、トップスにボーダーのカーディガンを。このカーディガンは、襟ぐりに沿って1本丸く線が入っているので、ジャケット風に着こなせる1着。ビジューのボタンもアクセントになって、よそゆき感もあります。デニムに合わせてカジュアルに、また、スカートに合わせれば仕事着にと活用できます。白のインナーを出して裾に段差をつけてニュアンスを出すのも、ウエスト回りをカバーする着やせポイントです。

 

 

 

さわやかなブルーのワンピースをコート風に着こなす

ショー3前たてにボタンのあるワンピースを、前を開けてはおって着こなすコーディネート。薄い麻素材なので、ボディをふんわりと包み込み、軽やかな旬スタイルにしてくれます。ノーカラーなので、スカーフやブローチをプラスしやすいのも優秀ポイント。インには白のTシャツとブルーのクロップド風のワイドパンツを合わせて、今年らしさを演出して。

 

 

 

 

 

前が短く、後ろの長い旬トップスでバランスよく

ショー4前が短く後ろが長いデザインが今年らしいトップスです。ボトムスは前と同じブルーのワイドパンツですが、トップスがゆったり目でもショート丈ならバランスよく着こなせます。トップスは裾のフリッジがポイント。よく見るとところどころにラメが入っているので、カジュアルすぎず、きれいめに見せてくれます。

ショー4サブ

 

 

 

 

 

 

光沢のあるワンピースはスリムパンツで着崩して

ショー5涼しげな水色に花柄のワンピースは、グレーのスリムパンツを合わせてカジュアルダウンさせて、こなれ感を演出。ワンピースに光沢があるので、地味になりすぎず華やかな印象です。「そのままでもいいけど、二の腕が気になる人は薄手の白のカーディガンを合わせると安心ですよ」(石田さん)。

 

 

 

 

 

差し色ではなく量感を出すテクでおしゃれ上級者に

ショー61枚で着てしまうとちょっと地味な印象のシャツワンピースは、小物でランクアップ。ここでピンク色や華やかなブルーなどの差し色を加えるとちょっとやぼったい感じになるので要注意。色を足すよりボリューム感を足すのが大人世代におすすめのテクニック。同系色のストールを胸元にふんわりと巻いてインパクトのある着こなしにすれば、シンプルシックなスタイルの完成です。

 

 

 

 

グレーのセットアップは白を少しだけ見せてポイントに

ショー7ブルゾンタイプのトップスにワイドパンツというセットアップは、1つあると別々にも着まわせて便利。トップスのウエストにゴムが入っているので、マニッシュな中にも女らしさがあって上品です。セットアップのままストンと着てしまうと地味になるので、インナーを白にして胸元と裾に白を少し出せば、メリハリが出てさりげないこなれ感が演出できます。

 

 

 

 

 

ドット柄のスカートを合わせて大人ガーリーに

ショー8セットアップのボトムスをドット柄のスカートにチェンジ。2段重ねのエプロンスカート風なので、後ろ姿にも表情があってオシャレ。さきほどのマニッシュなセットアップがやさしい感じに変身します。ドットがグレーなので子どもっぽくなりすぎず、ほどよく大人かわいい雰囲気にしてくれます。

ショー8サブ

 

 

 

 

 

ビックシルエットトップスにゆとりのあるパンツが新鮮!

ショー9そでにタックがいっぱい入ったブラウスは、ふんわりとして涼しげ。ボトムスにはこれまでだとスリムパンツを合わせていましたが、今年はクロップドパンツ風の少しゆとりのあるものを合わせてトレンド感を演出して。ゆったり+ゆったりでも、パンツを広がりすぎないセミワイドにすれば、バランスよくまとまります。

ショー9サブ

 

 

 

 

 

 

 

後ろにデザインのあるシャツで遊び心を演出して

ショー11このシャツのポイントはバックスタイル。前から見ると普通のストライプのシャツですが、後ろにデザインがあることで今年らしいオシャレ感が演出できます。シャツは襟を立てるのではなく、後ろに抜いてデコルテを見せる着こなしを。「この着こなしだけで今年風になるので、手持ちのシャツでも試してみて」(石田さん)。

ショー11サブ

 

 

 

 

 

白のたっぷりサイズのシャツで、いつものパンツが蘇る

ショー10トップスの白いシャツは、身頃と袖が一体となったようなちょっと変わったデザイン。今までのメンズライクな白シャツではなく、今年はビックサイズのものをふんわりと着るのがおすすめ。トレンド感のあるトップスを選べば、手持ちの細身のパンツと合わせても新鮮な印象になります。

ショー10サブ

 

 

 

 

 

大人っぽいコンビネゾンでクラスアップさせた大人のカジュアルを

ショー12レースのトップスにワイドパンツがつながったコンビネゾン(オールインワン)は、甘すぎない大人っぽさがポイント。1枚でさまになる便利なアイテムです。黒のストールをプラスすれば、一気にドレスアップ。ちょっとしたパーティもOKの華やかな着こなしになります。

ショー12サブ

 

 

 

 

 

 

 

Aラインのワンピースは、ストールで視線をアップ

ショー13麻素材のゆったりとしたワンピースは、着心地満点で涼しげ。それだけだと地味な印象なので、胸元にポイントを持ってくるのが得策です。「夏場はネックレスなどで、少し涼しくなったらストールをプラスして胸元に視線をアップさせれば、バランスよくまとまります」(石田さん)。

 

 

 

 

 

 

■スタイリスト石田純子さんのセレクトショップ「DUE deux(ドゥーエ ドゥ)」が東京・月島にオープン

 

三越伊勢丹のパーソナルスタイリングアドバイスやスタイリング講座は大人気で、日程が発表になるとあっという間に満員に。なかなか行くことができない、となげいている人に朗報! 石田さんのセレクトショップ「DUE deux」が東京・月島にオープン。大人世代のために、着ていてラクだけどオシャレな洋服や肩の凝らない軽いバッグ、アクセサリーなど、石田さんならではの吟味されたこだわりのアイテムばかり。セレクトショップというと海外の値段の張った洋服を思い浮かべがちですが、ブランドにこだわらず手頃な値段のものばかりなので安心。スタッフがコーディネートの相談にものってくれます。

 

ショップ1

ショップ2ショップ3

 

 

 

 

 

 

 

ショップ4

ショップ6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DUE deux(ドゥーエ ドゥ)

住所:〒104-0051 東京都中央区佃2-2-7new_16070501

イーストタワー2F

電話:03-6228-2131

営業時間:11:00~18:00(火曜定休)

 

 

 

メークアップアーティスト矢野トシコさんによる

その人らしい「きれい」を引き出す大人のメークレッスン 募集

 

『クロワッサン』『家庭画報』他、広告、TVで大人気。有名女優からも引っ張りだこの矢野トシコさんによるメークアップ講座を下記日程で開催します。参加希望の方は、お電話にてご連絡ください。定員になり次第締め切りとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

日時:2016年7月18日(月・祝)14時から

場所:DUE deux

定員:10名

料金:3500円(お菓子とお飲物付き)

問い合わせ先:03-6228-2131

9 Comments

  1. tomoko

    三ヶ尻さんへ
    素敵なモデルさんからのコメント!ありがとうございました。
    今回のショーでは、お話もできてうれしかったです。
    それにしても、ダメージデニムもコンビネゾンも、なんでもお似合いになってうらやましい!!!さすが、です!!!
    石田さんのお店は、どれもステキなものばかりで、そのうえお財布にもやさしい値段。ショーのあと争奪戦(?)になったのもしかりです。
    今年の夏は猛暑とのことなので、涼しいワイドパンツで乗り切りたいです。

  2. りーたん

    詳しいレポートありがとうございます。
    すぐ近くで見ているような気分になりました。

    石田さんのコメントも参考になります。
    どれもみんな素敵です。
    大人ガーリーもいいなぁ。この夏、チャレンジたいと思いました!!

  3. tomoko

    りーたんさんへ
    去年まで若い子の間で流行っていたデニムのショーパン、今年はさすがに見なくなりましたね。ガウチョやスカーチョ?をはいている人が多い気がします。そういう意味では今、ファッションの転換期なのでしょうね。なにも全身流行のものにチェンジする必要はないとは思いますが、トップスでもボトムスでもかまわないので、大人世代も苦手意識を捨てて、なにか1点でも今年らしいアイテムに挑戦することをおすすめしたいです。
    石田さんのお店「DUE deux」は、かわいいアンティークのイスやソファーがあったり、インテリアもステキです。ゆったりとした雰囲気で、試着室も広く、じっくり自分に本当に似合うものを選ぶことができるんですよ。石田さん本人も時々時間のあるときに店頭に立たれてアドバイスをしてくださいます。値段も手頃(ここ大事!!!笑)なので、ぜひ一度、足を運んでみては。すでにリピーターも多数いらっしゃるようですよ。

  4. tomoko

    YUKOさんへ
    去年から引き続きトレンドはビックシルエット。ゆったりとしたトップスやボトム、ワンピースは体のラインを出さなくってすむので、私たち大人世代にとってうれしい流行です。一時流行った柄物のチュニックにスリムパンツというのは、今ではちょっと年のいったおばさん(?)くらいになってきたようにも思います。
    ワイドパンツと一言で言っても、裾広がりではないクロップド風パンツなどいろんなデザインのものがあります。ユニクロなどで出ている麻のシャツも、いつもSやMサイズの人がわざとLサイズを選んで着こなしていたり、肩が落ちたビックサイズのTシャツが飛ぶように売れていたり。
    私も最初は抵抗がありましたが、そのラクチンさに一度着ると手放せなくなりました。
    全身流行りものにチェンジするのは大変なので、何か1着、手持ちのアイテムにちょいゆるのビックシルエットのものを投入してみてはいかがですか?新鮮な気分になりますよ。そして病みつきになると思います。とにかくまずは試着してみてください。

  5. 井上 美代子

    リュウマチにて手、足の指など変形しています。楽にきられる服、そして、やはり年だか、身障だからとあきらめるのではなく、少しでもきれいにしていたいのです。67才ですが希望をもって店舗にうかがいます。先生のお洋服はあこがれです。

  6. tomoko

    井上さんへ
    コメントをありがとうございました。
    去年に引き続き、今年もゆったりフィットのものがトレンドなので、店頭にもゆったりデザインのものが多く並んでいます。
    石田さんのお店DUEdeuxは、1万円以下の手ごろなお値段のものも多く、ちょっと冒険するようなデザインのものも手軽に取り入れられます。
    すでに秋物も出ているようです。
    ぜひ一度、足を運んで、オシャレを楽しんでくださいね。
    お気に入りの洋服がきっと見つかると思います。

  7. tomoko

    井上さんへ
    たびたびごめんなさい。
    石田さんは毎日お店にいらっしゃるわけではないので、前もってお店にお電話して確認してから出かけられるといいと思います。
    ステキな服にめぐり合えるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。