ファッション

スタイリスト石田純子さんのパーソナル・スタイリングアドバイス

スタイリストの石田純子さんは、このWebマガジンでもいつも大人気。

毎日、検索数もトップを独走しています。

 

先日、そんな石田純子さんの新宿伊勢丹での「パーソナル・スタイリングアドバイス」の様子を拝見する機会がありました。

 

石田さんは、まず「どんな用途の洋服を探していらっしゃいますか?」とだけ質問。

これは、結婚式に出席するため、何十年ぶりかの同窓会に出席するため、など目的が決まっている人に、そのシーンに合った洋服をセレクトするため。

ただ実際は「友達との食事やショッピングに、ちょっとオシャレな洋服を」という人が多いのだそう。

それ以外の質問はまったくなし。会ったときのインスピレーションだけで、店内を歩き回り、相談者に合うであろう洋服を次から次へと集めて回ります。

実際に試着するのは、その中の10着前後。

 

まずは、スリムな黒のパンツにサテンのブラウス、黒のジャケットという組み合わせから。なんでもない組み合わせですが、ネックレスをプラスしたり、ストールを巻いたりとあっという間に表情を変化させていきます。

相談者の方からは「わー!こんなに体にフィットした洋服は初めて!」という歓声が!

 

次は前で大きくリボンを結ぶブラウス。

「リボンのブラウスは…」と言う相談者に石田さんは「大きなリボン結びにするとクラッシックな感じになってしまうから、首に二重に回して小さ目に結ぶといいですよ」とアドバイス。「すごい!こんな結び方があったんだ」とひたすら感心している様子。

今度はジャケットを水色に変えて、それに合うストールを巻いたスタイル。そして次はニットのロングジャケットに変えてコーディネート。「どれもステキ!!!」と、そばで見ている私にまで相談者のワクワク感が伝わってきます。

 

次はひざ丈のハーフパンツ。ふわっとしたブラウスを合わせて、エナメルの細めのベルトを。「ハーフパンツはトラッドにしないで、やわらかい印象にまとめると大人っぽく着こなせますよ」と石田さん。「こんな着方、したことなかったです」と相談者は感心しきり。

 

そしてシックな柄のノースリーブのワンピースに、白いストールを広げてはおるコーディネート。石田さんは、はおったストールの前にたらした両端を腰の後ろに回わして結び、ボレロのようにコンパクトにまとめて行きます。

「レストランでストールをそのままはおっている人を見かけるけど、そうすると食事をするときに邪魔になるでしょ。後ろで結べば食事もしやすいし、気になる二の腕も隠せますよ」とアドバイス。

「なるほどそのテがあったのか」と見ている私も釘づけになってしまいました。

 

試着室から出てきて、石田さんのコーディネートが終わると、デジカメで撮影し、その場でプリントアウトしてくれます。これは全部試着し終わってから相談者が選びやすいように。最後に写真を見ながら印象を話し合い、アドバイスは終了です。

相談者の方からは写真を見ながら、「あれもこれもステキ!!!どうしよう」とうれしい悲鳴が上がります。

また、この写真はいただけるので、うちに帰ってからコーディネートを確認したり、手持ちの洋服に置き換えて組み合わせるときにとても参考になるのだそう。

 

一番印象的だったのは、相談者の顔がどんどん輝いていくこと。

いつも同じような洋服を選びがちになってしまうけど、自分ひとりで買い物をしていたらまず手に取らないような色やデザインが似合ったり。アクセサリーひとつでぐっとファッショナブルに変身したり。新しい自分を発見して、心躍らせてくれるようです。

 

石田さんは1着のコーディネートを完成して見せるだけでなく、着回しのコツやアクセサリーの合わせ方、ストールの結び方などもアドバイス。一体何通りに着こなせるのだろう、と思うほどあっという間にどんどん印象を変えて見せてくれます。

 

女優でもモデルでもない普通のおばさん(!)に、インスピレーションだけでこんなにも似合う洋服をアドバイスする石田さんに、改めて感動した一日でした。

 

新宿伊勢丹の3月のコンサル(パーソナル・スタイリングアドバイス)は終了してしまいましたが、5月にも予定されています。詳しくは、伊勢丹のIカードの会員向けの冊子やカタログなどでご確認ください。

また、石田さんのスタイリング講座は、NHK文化センターの講座や文化学園のオープンカレッジでも開催されています。

 

本表紙石田純子さんの新刊は、伊勢丹新宿店とのコラボ。読んでいる人が、実際に石田さんのスタイリングアドバイスを受けているかのような 気持ちになります。これまでの3冊は私物などでスタイリングされていましたが、今回は「参考商品」とクレジットが入っているもの以外はすべて伊勢丹新宿店で購入できます。早いもの勝ちですよ。

 

『石田純子のおしゃれコンサル』

主婦の友社刊 1260円

 

 

 

 

 

(さかがみともこ)

2 Comments

  1. RUKA

    年とともに、自分に似合う服がわからなくなりました。
    一度プロの方にアドバイスを…とも思うのですが、
    体型に難ありなので、逆に困らせてしまうような気がします。
    とりあえず、本を買ってみようと思います。

  2. tomoko

    ★RUKAさんへ
    モデルでも女優でもないのですから、み~んな体型に難ありですよ(笑)。石田純子さんのパーソナル・スタイリングアドバイスを受けられた方は、これまでに500人以上。それはそれはいろんな方がいらっしゃったと思います。足が太い、おなかが出ている、おしりが大きいなどなど、体型の悩みを解消するコツを教えてくださいますよ。一度トライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。