ファッション

スタイリスト石田純子さんのナチュラル系アイテムをスタイリッシュに着こなす2019春夏@DUEdeux

スタイリスト石田純子さんのセレクトショップDUEdeux(ドゥーエ・ドゥ)でも大人気のブランド「Sa-Rah(サラ)」は、コットンやリネン、シルクなど天然素材を使った手作り服のブランド。ワンピースやパンツなど、ゆったりとしたシルエットで体のラインを拾わず、肌あたりもいいので着心地も満点。そのうえおしゃれ着洗い用の洗剤を使えば、洗濯機で洗えてそのまま乾かすだけ。ノーアイロンでOKなので夏場にはもってこいです。今回は、そんなSa-Rahのアイテムをそのまま着るだけでなく、石田さん流にスタイリッシュに着こなすテクニックをご紹介します。

今回メインでご紹介するのは、Sa-Rahオリジナルの腕を通せるストール。Sa-Rahのデザイナー・帽子千秋(ぼうし・ちあき)さんが「レストランで冷房対策用にストールをはおっている人を多く見かけるけど、すぐに肩からずり落ちてしまって面倒くさそう。それならいっそうのこと、ストールに腕を通せる袖や穴をつけたらいいかも!」とひらめいてデザインしたもの。下の写真のように広げると1枚の布ですが、腕を通す袖がついていたり、穴があいているので、肩からずり落ちることもなくストレスフリー。リネンガーゼ100%で薄くて軽いのでさっとはおれ、バッグに入れてもコンパクトに折りたためる優れものです。

 ネオンイエローのワンピースに黒を効かせてシャープに

これは袖つきの黒のストール。広げると1枚の布に2本の袖がぽっこっとついているだけ。今年のトレンドのネオンカラーのワンピースに、さっとはおって着こなして。ペンダントとサンダルを黒にして全体を引き締め、胸元にシルバーのブローチをつけることでメリハリが出て、ワンランク上のコーディネートになります。(ストール/Sa-Rah)

2 薄手のストールをはおれば、まるで避暑地のマダムのよう

袖のついたストールのグレイッシュバージョン。深い緑色のワンピースの上にさらっとはおるだけでスタイルがきまります。今年のトレンドのミニスカーフは、緑色の縁取りのあるものを選んでさっとひと結びしてポイントにして。(ストール/Sa-Rah)

3 黒のワンピースにグレーのストールで、改まった席にもOKの着こなしに

黒のノースリーブワンピースはタイプライターコットンを使っていて、薄くて軽いのに透けないので、1枚でさらっと着ることができます。グレーの袖なしストール(一番上の写真のように腕を通す穴があいているもの)をはおって、軽やかに着こなして。ストールの上からサッシュベルトを締めれば、キリッとした印象に。薄いグレーのネックレスをポイントにすれば、上品にまとまります。(ワンピース、ストール/ともにSa-Rah)

4 大きめのギンガムチェックなら大人世代向きでスタイリッシュ

このギンガムチェックのストールも、布に穴をあけただけのもの。インにはフォトプリント入りのTシャツとネイビーのワイドパンツをセレクト。今年はフォトプリントやロゴ、メッセージ入りのTシャツが人気。色合いや柄を選べば大人世代でも子どもっぽくならず着こなせます。パンツは黄色いベルトをたらすデザインなので、サンダルも黄色にして効かせ色に。長めのストールをコートのようにはおることで体のラインが出にくく、縦に視線が動くので着やせ効果も期待できます。(ストール/Sa-Rah)

5 チェックのストール1枚でジレ風にも巻物にもアレンジ可能

4のストールのショート丈バージョンです。ロング丈のものに比べてよりカジュアルな印象になりました。モデルさんは身長170cmなので、小柄な方はこちらを選んでも。ちょうどヒップが隠れる長さで、後ろ姿もかわいい! 穴があいているだけの1枚の布状なので、くるくる首に巻くこともできます。レストランや劇場の冷房対策にはもちろん、旅行に1枚あると便利です。(ストール/Sa-Rah)

6 薄いブルーのワントーンコーデはこの上もなく上品!

リネンガーゼのプルオーバーは、身幅もたっぷりで袖が大きく取ってあるので、涼しさもピカいち! デニムのワイドパンツと合わせてワントーンコーデにすれば、きれいめカジュアルに着こなせます。羽のように軽いブルーのネックレスをつけて、大人の華やかさを演出して。(プルオーバー/Sa-Rah)

7 オレンジに黒という強い色合わせは大人世代ならでは

オレンジ色のワンピースに6の色違いの黒のプルオーバーを。白ではなく、あえて強い色の黒を合わせるのが上級者テク。透け感もあるので、暑苦しさはありません。足元も黒のソックス+黒のサンダルで。とがった印象になりすぎないように、ビーズのブローチをつけてかわいさをプラスして。マグネット式のブローチなので、薄いプルオーバーにつけてもピンの跡がつく心配がありません。(プルオーバー/Sa-Rah)

8 ワンピースをジレ風に着こなしてクラス感を演出

ノースリーブのカシクールワンピースの前をあけて、ロングジレのような着こなしに。大きめのチェックなので、大人感があります。インには黒のタンクトップに白のゆったりとしたワイドパンツを。胸元に大きめの白のブローチをつけることで、顔写りもよくなります。元々ついているヒモを結べば、ワンピースとしても。冬場など寒い時期にはインにタートルを着て、オールシーズン着ることができます。(ワンピース/Sa-Rah)

9 グレーのコーデにサッシュベルトでエッジの効いた着こなしに

シルクの半袖のワンピースをコート風にはおり、ボトムにシルクのスカートを合わせてアンサンブル風のコーディネートに。同じ生地ですが、ワンピースはシルクの裏地を表にして使い、スカートは表地のままなので、光沢が違いセットで着てもニュアンスが生まれます。ウエストに同色のサッシュベルトをしてシルバーのネックレスをすれば、シックにまとまります。あまりかしこまりすぎないように、足元はパンプスではなく黒のサンダルを選んでヌケ感を演出して。(ワンピース、スカート/ともにSa-Rah)

10 ベージュのワントーンコーデで洗練された印象に

ベージュに白の花柄のワンピースは身幅のあるゆったりとしたAラインなので、夏場にピッタリ。アウターには白の薄手のロングカーディガン、ボトムに白のスリムパンツ、足元に白の厚底のスリッポンを合わせてベージュのワントーンコーデに。ワンピースが上品な柄なので、カジュアルな中にもエレガントさがあります。(ワンピース/Sa-Rah)

11 ブルーのワンピにフューシャピンクのカーデで大人かわいく

10のAラインワンピースの柄違いのストライプのワンピースです。ボトムには夏用の薄手のダメージデニムを合わせて、フューシャピンクのカーディガンをプラス。ブルー系のさわやかなコーディネートでまとめてもOKですが、色を加えることで今年らしい着こなしになります。ピンク以外に黄色やグリーンなどでも。このワンピースはリバーシブル仕様。裏返して着ると、裏地の白がメインで、裾には表地のストライプ柄がボーダーにしてあしらわれていて、これもかわいい! 両サイドにスリットが入っていて、ボーダー柄が見え隠れするところも◎です。(ワンピース/Sa-Rah)

12 プルオーバーの裾のひとひねりテクでオシャレに変身!

ワイドパンツは、ブルーとグリーンの中間のような深い色合いがリネンならでは。ランダムに手で描いたようなドットがオシャレなプルオーバーを合わせてコーディネート。パンツに供布のリボンベルトがついているので、リボンをサイドで結び、プルオーバーの片側をリボンの上にひっかけるようにすれば、気になるおなかもさりげなく隠せてスッキリ。白いドットが3つついたロングネックレスで、着こなしに立体感を加えて。(パンツ/Sa-Rah)

13 ピンクのボリュームスカートにショート丈のプルオーバーでガーリーに

今年はスカートもワイドパンツもハイウエストのものが登場。足が長く見えるところが魅力です。ボリュームあるボトムにはトップにショート丈のものを合わせるとバランスよし。スカートと同系色のストールをくるくる巻いて視線をアップさせてメリハリを。ストールをウエストに巻いて着こなせば、また違った印象になります。(スカート/Sa-Rah)

 

■DUEdeux(ドゥーエ・ドゥ)で大人世代の悩みを解消!

スタイリスト石田純子さんのセレクトショップ・DUEdeux(ドゥーエ・ドゥ)は、大人世代の悩みに寄り添ったアイテムがいっぱい。つけているのを忘れてしまうような軽いアクセサリーや、ストラップが肩にくい込まないバッグ、ウエストがゴムではきやすいボトムなど、機能性だけでなくオシャレ度も抜群で、一度袖を通すと手離せなくなるものばかり。そのうえ「こんなに安いの!」と値札を見て驚くようなものも多く、手軽にオシャレが楽しめるワンダーランドです。石田さん自身が毎日のように仕入れに出かけているので、次々と新作が登場! 一点ものも多いので早い者勝ちですよ。

 

■DUEdeux(ドゥーエ・ドゥ)

住所:〒104-0051 東京都中央区佃2-2-7 イーストタワーズ7号棟2F

TEL:03・6228・2131

営業時間:11:00~18:00(火曜定休)

最寄駅:地下鉄月島駅(徒歩5分)

 

(さかがみ)

 

 

2 Comments

  1. tomoko

    YUKOさんへ
    コメントをありがとうございます。今年はネオンカラーが大人気。イエロー、グリーンなど華やかな色のアイテムに注目してみて。
    この年になるとくすんだ色などの地味色でコーディネートすると顔写りが悪く、一気に老け込んで見える気がします。なので、昔は着なかった赤やピンク、オレンジ、グリーンなど、鮮やかな色がオールシーズン気になるようになりました。鮮やかな色は元気にしてくれる効果もあると思うので、是非挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。