ファッション

スタイリスト石田純子さんのセレクトショップDUEdeuxは大人世代の味方です

東京・月島にあるスタイリスト石田純子さんのセレクトショップDUE deux(ドゥエ・ドゥ)は、ほかのお店にはない品ぞろえで、飛行機や新幹線に乗って遠方からもがかけつける人がいるほど大人気。

お店にはブランドを卒業した大人世代のために、着心地の良いおしゃれな洋服、それに合わせた着け心地のよいアクセサリー、バック、靴など、石田さんが厳選したアイテムがずらっと並びます。どれも大人世代の悩みを解決する機能性が備わっていて、驚きの連続! もちろん機能重視だけではなくファッション性も高く、「こんなアイテムが前から欲しかったの!」とうなってしまうこと間違いなし。今回はその中から、石田さん一押しのアクセサリーや靴などを紹介します。

値札をつけるプラスティックバンドを加工しているので、軽さはピカイチ!

 

 

 

 

 

 

注文してもすぐに在庫がなくなるほど大人気というプラスティックのネックレスは、値札をつける透明なプラスティックバンドをアレンジして作られたもの。木の葉のような細かいモチーフをつなげてあるので、分量があっても軽やかに見えるのがポイントです。そして驚くべきはその軽さ。たった13gなので、まるでハネををまとっているかのよう。なんでもない白いTシャツにつけるだけで華やかに見せてくれます。夏だけでなく、冬のニットにも大活躍。(赤、黒のネックレスともに¥15,000 黄色・オレンジ・白のネックレス¥28,000)*値段は税抜価格です(以下同)

 

プラステイックのコサージュでレースのブラウスをキュートに演出

 

 

 

 

 

値札につけるプラスティックバンドの形状をそのまま使って作られたコサージュは、たったの22g。つけているのを忘れてしまうような軽さです。夏場は薄い素材のトップスが多いので、重さでモチーフが垂れ下がってしまう心配もありません。レーシーなブラウスはフェミニンになりがちですが、このコサージュがほどよくカジュアルダウンさせてくれます。夏場だけでなく、秋にはジャケットの衿元につけてもおしゃれ。(コサージュ¥10,000)

磁石でとめるブローチならどんな素材にもつけられる

デニム素材の花のブローチは裏から磁石でとめる仕様なので、生地に厚みのあるバッグにも簡単につけることができます。普通のピンでとめるブローチは、シルクなどの高級素材の洋服につけると針のあとが残るのが気になりますが、これなら安心。ピンの通らない革のジャケットにもつけられます。お店にはほかにもいろんなデザインの磁石ブローチがそろっています。(ブローチ¥7,000)

 

 

ウッドチップのネックレスは1本にしても使えるからいろんなアレンジが可能


 

 

 

 

 

 

小さなウッドチップがつながったネックレスは革のとめ具で3本をまとめてあるので、そのまま長くたらしても、一度頭にくぐらせて二重にして6連にしてもOK。3本はくっついていないので、1本ずつバラして使うこともできます。これもたったの35gという軽さで、「アクセサリーは肩がこる」「とくに夏場は重いと疲れる」という大人世代にはうれしいネックレスです。(ネックレス¥21,000)

薄い綿のストールは夏場でもさらっとはおれる


 

 

 

 

 

 

たくさんの細かい穴が全体にあいたデザインになっている技ありストール。この網状の穴のおかげで、さっとはおるだけでも表情が出てやわらかい雰囲気。抜け感も演出できるので、夏に巻いても暑苦しくありません。レストランやデパートなどでの夏場の冷房対策に1枚あると便利。(ストール¥18,000)

糸からの撥水加工で、濡れても大丈夫なストール

1本1本に撥水加工がほどこされている糸で織られた綿素材のストールは、写真のように水をこぼしても、水がボウル状になってころがるので、生地に染み込むことがありません。ひどい油じみ以外ならしみの心配なし。そのうえ、何度洗ってもその威力は変わりません。また、革のテープがついていて、大きく広げて結べばエプロンに早変わりする驚きのアイテムです。ストールとして巻いたときにも、テープがアクセントになっておしゃれ。(ストール¥18,000)

 

 

 

 

肩こりに悩まされている人に朗報!の軽量バッグ


 

 

 

 

これが本当にバッグ?と思ってしまうほどの軽量バッグは、A4サイズも入って容量もたっぷり。手持ちにできる持ち手と肩掛けにできるストラップつきの2way仕様で、どちらも幅広なので重い荷物を入れても腕や肩にくい込むことがありません。シンプルなデザインなので、どんな洋服とも合わせられます。傘や携帯を入れておけばさっと取り出せるポケットが両サイドに、内側にはファスナーつきポケットと仕切りになる大きなポケットがあって、荷物の仕分けに便利。内側のサイドの縦長ポケットに財布を入れておくと、会計のときに難なく取り出せストレスフリー。サイズ32×28×19cm、350g。(バッグ¥15,500)

急な雨でも大丈夫なおしゃれな合皮ローファー

合皮素材なので、雨の日でもOKのローファーです。甲の部分もすっぽりと包んでくれるので、靴の中まで雨水が入るのを防いでくれます。厚底タイプは重いものが多いのですが、これはとても軽いので、横断歩道の信号が点滅していてもダッシュできるすぐれものです。エナメル風なので、晴れた日でもおしゃれ。スニーカー感覚ではくことができます。(白・黒ローファーともに¥12,000)

 

 

花模様のビジューがかわいいスポーツサンダル

スポーツサンダルは重量のあるものが多いものですが、これは軽い! 花模様のビジューがついているので、スポーティすぎずにおしゃれにコーディネートできます。はいたときにちらっとビジューが見える丈のマキシスカートやワイドパンツに合わせると、大人のセンスを感じさせてくれる着こなしになります。(黒、カーキスポーツサンダルともに¥12,000)

 

 

 

超軽量の折りたたみ傘なら持ち運びもラクチン

ボーダー柄と星柄の折りたたみ傘は90g、カーキ、グレーの無地の折りたたみ傘は70gと、これ以上軽い傘は日本中どこを探しても見つからないのでは?と思うほど。Lサイズの卵1個が殻つきで約70gなので、卵と同じくらいです。サイズは普通の折りたたみ傘と同じくらい。これなら夕立対策に毎日バッグに入れておいても苦になりません。荷物が多くなりがちな旅行にも。収納時の長さ21cm、開いた時の傘の直径80cm。(ボーダー柄、星柄ともに¥2,500 カーキ、グレー無地ともに¥3,000)

 

 

 

 

 

■DUE deuxにはワクワクがいっぱい!

DUE deuxには今回紹介しきれなかったおすすめアイテムもたくさん。機能性とファッション性は相反するものと思っている人には、驚きの連発間違いなしです。今回紹介したアイテムも、実際に店頭で試してみて、その軽さ、使いやすさをぜひ実感してみてください。やさしいスタッフが使い方やコーディネートの仕方をアドバイスしてくれます。石田さんセレクトの大人世代の悩みに寄り添ったアクセサリーやバッグで、もっとおしゃれが楽しくなりますよ。


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DUE deux(ドゥエ ドゥ)

住所:〒104-0051 東京都中央区佃2-2-7 イーストタワーズ2F

電話:03-6228-2131

営業時間:11:00~18:00(火曜定休)

最寄駅:地下鉄月島駅

 

 

 

 

 

 

 

 

■軽いネックレスで大人気のkeikofujitaジュエリーのPOP UPショップを開催!

今回紹介した葉っぱのモチーフのネックレスは、金沢在住のデザイナー藤田圭子さんの作品。DUE deuxでは下記期間限定でポップアップショップを開催します。この期間にはデザイナーの藤田さんも来店予定。また、普段店で販売していないアクセサリーも並ぶ予定です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間:2018年7月4日(水)~7月9日(月)

場所:DUE deux

藤田圭子さん来店予定日:7月7日(土)・7月8日(日)13:00~18:00

お問い合わせ:DUE deux 03-6228-2131

 

『「思い込み」を捨てれば、断然おしゃれに』

50歳を過ぎたあたりから、体型の悩みや顔立ちの変化によって何を着たらいいのかわからないおしゃれ難民になってしまっている人も多いもの。「シンプルなデザインこそおしゃれの王道」「フルレングスの黒パンツは永久不滅の定番アイテム」「ぺたんこ靴ではおしゃれは決まらない」など、これまでの経験や常識に縛られていませんか?「思い込みを捨てればもっと似合う服が増えて、おしゃれがずっと楽しくなりますよ」と言う石田さんが、悩みを解決する方法を指南。そのうえコーディネートを組み立てる方法まで解説されていて、かゆいところに手の届く構成になっています。今すぐ使えるおしゃれのノウハウをぜひ!

(主婦の友社刊 1200円+税)

 

 

 

(さかがみ)

 

2 Comments

  1. tomoko

    YOKOさん、さすがお目が高い!(笑)
    このバッグはDUE duexのオープン当時からの大人気商品だそうです。
    機能性とファッション性を兼ね備えたバッグってありそうでないと思いませんか?そのうえお手頃値段!
     コンビニに売られているコクヨのキャンバスノートが1冊157gなので、バッグはノート2冊分ちょっと。これは相当軽い! 白いバッグは夏だけと思われがちですが、暗い色のジャケットやコートを着ることの多い秋冬でも大活躍ですよ(お問い合わせいただければ、同シリーズでシルバーやブラックなど色違いもあると思います)。
    私の密かなおすすめは、ノート1冊より軽い折りたたみ傘。購入して以来、ずっとバッグの中に入れたままです。
    ぜひお店で今回紹介した商品の軽さや機能性を試してほしいと思います。一度使いはじめると、あまりの軽さに元に戻れなくなりますよ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。