ファッション

スタイリスト石田純子さんの「ナチュラル系ワンピースをスタイリッシュに着こなす」@DUEdeux

先日、スタイリスト石田純子さんのセレクトショップDUEdeux(ドゥーエ・ドゥ)にて、天然素材のブランド「Sa-Rah(サラ)」のアイテムを使ったファッションショーが開催されました。

リネンやウールなど天然素材で作られたワンピースはDUE deuxでも大人気。オールシーズン着られ、体のラインを拾わないゆったりとしたシルエットで着やすく、すべて自宅の洗濯機で洗えて手入れがラクチンなのがその魅力ですが、ともすると”ほっこり”とした雰囲気になりがち。石田さんならではのコーディネートで、洗練された大人のセンスを感じさせる着こなし方をご紹介します。

1 茶系のワンピースは白のシャツとブローチでクラシックに

ウール素材のカシクールワンピースは襟つきなのがオシャレ。インに小さな襟の白いシャツを着てワンピースの襟を立て、ブローチをセンターに留めれば、クラシックなコーディネートの完成です。カーキ色や茶色などは大人世代が着るとくすんで見えがちですが、白を襟元とそで口に効かせるとハイライト効果になって若々しい印象に。チェックのストールを差し色でプラスすれば、ワンランク上のコディネートになります。

 

 

 

2 パープルのワントーンコーデでクラス感を演出

1のカシクールワンピースの色違いのパープルを、前を開けてコート風に。インには薄いパープルのリネンのワンピースを。パープルの濃淡を重ねたワントーンコーデは深みがあり、大人ならではの上品な着こなしにしてくれます。足元はパンプスではなくブロンズ色のひも靴にしてはずし、コンサバにまとめすぎないのがオシャレのテクニックです。

 

 

 

 

 

3 カーキのワンピースのインに赤を効かせて若々しく

カーキ色のシャツワンピースには、カーキ色と相性のいい赤のタートルをイン。カーキ色のワンピースをそのまま着ると大人世代は地味になりがちですが、赤を効かせることでフレッシュな印象に。足元はグレーのタイツをはいて黒のひも靴で引き締めて。斜め掛けのポシェットで軽快なスタイルに仕上げて。

 

 

 

 

 

4 リネンのシャツワンピースもコーディネート次第でマダム風に変身

3のシャツワンピースと同じデザインのブルーのワンピースは、インのトップにブルーのボーダーのカットソーを、ボトムには黒のバルーンタイプのスカートをコーディネート。前ボタンを全部開け、黒のサッシュベルトをしめてXラインを強調すれば、メリハリの効いた着こなしに。足元は黒のパンプスにして全体を引き締め、存在感のあるストールを縦にはおれば、エレガントなマダムの誕生です。

 

 

 

 

5 シャツワンピースにショート丈のニットを合わせてスポーティに

白のリネンのシャツワンピースは春夏のものだと思われがちですが、ニットを合わせれば冬も大活躍。ボリュームのあるシャツワンピースなので、合わせるニットはショート丈に。今年はスポーツテーストのアイテムが人気。赤と白のラインが入ったニットで、トレンド感たっぷりに。ボトムはワンピースのスカート部分のボタンをはずし、下にストレッチの効いたデニムをレギンスのように合わせてレイヤード。ぐっと若々しい印象になります。

 

 

 

 

6 ブロックチェックのワンピースは黒のジャケットで大人の華やかさを

大きいブロックチェックのワンピースは、子どもっぽくならずシックに着こなせる一着。アウターにダウン入りのノーカラーの黒のジャケットを合わせ、黒のストールを大ぶりに巻けば大人のクラスアップスタイルになります。足元は厚底のスニーカーを合わせてオシャレに着崩して。

 

 

 

 

 

7 トラッドなチェックに赤のセーターでガーリーに

濃紺のチェックのワンピースには、ボリュームあるワンピースのシルエットを壊さないように、サイドスリット入りのニットをプラス。赤いニットは両脇に深いスリットが入っているので脚長効果があり、スタイルよく見せてくれます。同系色のベレー帽子をかぶり、花のブローチをつけて、大人かわいいフレンチカジュアルに。

 

 

 

 

 

8 赤いワンピースにこげ茶色のアウターの色合わせに注目!

赤いリネンのワンピースには、こげ茶色のウールコットンのワンピースの前を開けてはおってコート風の着こなしに。前ボタン開きのワンピースはコート替わりにもなって、一枚あると便利。赤色に茶色の組み合わせが新鮮です。チェックのストールをボリュームたっぷりに巻いて着こなしに立体感を出して。

 

 

 

 

 

9 こげ茶色のワンピースのインに黄色のボーダーを合わせてひとひねり

8でコート風に着たワンピースを後ろ前に着れば、シックなワンピースに変身。インには黄色のボーダーのカットソーをセレクト。後ろのV部分にボーダが見えてオシャレ。ボトムには黒のレギンス+白のスニーカーで軽やかに。全体がぼんやりとしないように、大ぶりのペンダントで引き締めて。

 

 

 

 

 

10 クールな色合わせでフェミニンなカッコよさを演出

フロッキー加工のギャザースカートには同系色のニットを合わせ、薄いグレーのロングカーディガンをはおってスタイリッシュに。インを同系色にすればIラインを強調するので、着やせ効果もあります。小さめのスカーフを三角に巻けば、オシャレ度も急上昇。

 

 

 

 

 

11 フードつきジャケットにプリントスカートでかわいさ全開

トップに選んだのはフードつきのカーディガンジャケット。フードつきというとカジュアルなイメージですが、前がV開きでウエストが少しシェイプしたデザインなので、きちんと感があって大人世代にピッタリ。ボトムにどんなパンツやスカートを合わせてもオシャレにきまる一枚です。ボトムにプリントのスカートを合わせると、よりキュートでかわいい!

 

 

 

 

DUEdeuxに行けば必ずお気に入りのアイテムが見つかる!

DUEdeuxは、スタイリストの石田純子さんのセレクトショップ。「下半身が太い」「何を着てもしっくりこない」など、大人世代の悩みにこたえてくれるアイテムがずらりとそろっています。石田さん自身が週に4、5日仕入に行っているので、毎日のように新しい洋服が入荷。オシャレなスタッフがコーディネートの相談に乗ってくれるので、気軽に声をかけて。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

DUEdeux(ドゥーエ・ドゥ)

住所:〒104-0051

東京都中央区佃2-2-7 イーストタワーズ2F

電話:03-6228-2131

営業時間:11:00~18:00(火曜定休)

最寄駅:地下鉄月島駅(徒歩5分)


 

 

 

 

 

 

 

(さかがみ)

2 Comments

  1. nobuko

    ヒールのある靴が履けなくて、今仕事にも履ける靴を探しているので、コーディネートの靴ばっかり見ちゃいます。ちょっと厚底のメタルカラーの靴使いまわせていいなあ…。ワンピもコーデぇネート次第でいろいろ着こなせるんんですね。DEBUなもんだから、天然素材のワンピとか着ると「変に決まっちゃう」んですよアタシ(泣)大人可愛いというよりも、「〇テラおばさんか!」って感じ。

  2. tomoko

    nobukoさんへ
    コメントをありがとうございます。メタリックカラーのひも靴、超オススメですよ。写真のようなブロンズ色やシルバーなどは、どんな洋服にも合わせやすく、冬だけでなくオールシーズン使えるのでぜひ!
    シャツワンピースもそのまま着るのはもちろん、スカート部分だけボタンをはずして下にレギンスをはいたり、全部ボタンをはずしてコート風やロングカーディガン風にも着こなせるので、一枚あると大活躍。
    今回紹介したものはウエストから下にかけてタックが入っているゆったりとしたものでしたが、DUEdeuxには切り替えのないボリュームを抑えたデザインのシャツワンピースもありましたよ。自分に合うものを選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。