夫婦・家族

5年前の夫の浮気。「いまだに気持ちの整理ができていません」 回答

最近、マスコミ界では、有名人、芸能人の「浮気」や「不倫」の話題でもちきりですね。
一般家庭でも不倫問題は他人事ではなく、
夫婦問題カウンセラーの私のもとにも、不倫に悩むご相談が少なくありません。

今回の相談者さんも、夫の過去の不倫に悩み、今も苦しみの中にいます。

 

<相談>
5年前の夫の浮気。「いまだに気持ちの整理ができていません」

 

夫が不倫をしました。夫は謝罪し、関係を修復することにしました。
「夫は反省し、家族を一番に考えてくれた」「過去のことは忘れよう」と、自分に言い聞かせてきたのですが、未だに気持ちの整理ができていない自分がいます。なんだか釈然としないのです。ひとり、暗闇でもがいているようです。どうしたらいいでしょうか。

 

 

<回答>
回答といっても、考え方は人それぞれです。人の生き方に、正解や間違いはありません。
これまでに、夫婦問題に関する多くのご相談を受けてきた経験を通して感じた、個人的な意見を書いてみたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夫の不倫が発覚し、夫婦で話し合い、結論を出したはずなのに、気持ちの整理が出来ず、悶々とした日々を過ごしていらっしゃるご様子。とても苦しいですよね。

 

自分は悪いことはしていないのに、なぜ自分ばかり、こんなにつらい思いをしなくてはならないのか。
すべては夫に非があるのに、ここまで自分が苦しめられるのは割に合わない。損ばかりしている。

かと思えば、「そうなったのも、自分にいたらない点があったからではないか」と自分を責めて自己嫌悪に陥ったり、

ある時は、「このままではいけない。もっと前向きに考えなければ」と自分を奮い立たせてみたり……。

 

同じことをぐるぐると何回も繰り返し考えては、疲弊しきっているのではないでしょうか。苦しい気持ちをお察しします。

 

相談者さんと同じように、不倫問題に悩む妻たちを大勢見てきました。
きっと、誰もが陥ってしまう負のスパイラルなのだと思います。
マイナスなことを考えていると、どんどんマイナスに引きずられていきます。

といって、ムリに前向きに生きようとするのにも限界がありますよね。

 

苦しいと思いますが、これも考え方一つです。

 

視点を変えましょう。
いまのあなたは、夫に執着しすぎて、一点しか見えていない状況です。
夫からの裏切りに、許せない気持ちでいっぱいになり、囚われの状況を生んでいます。

夫に関することで頭の中がいっぱいになっているのです。

「過去は忘れよう」「考えないようにしよう」「許してあげなきゃ」と自分に言い聞かせているのがその証拠です。
夫にフォーカスしすぎるのをやめてみませんか。

視角を変えてみると、見えるものが違ってきます。そして、見なくていいものは見えなくなっていきます。

夫への執着から離れ、視点を自分に移してください。まずは自分を大切に。

おいしいものを食べ、好きなことをして発散するのがイチバンです。脳は騙されやすいので、カタチから入るのも効果的です。

 

いまは人生がとても長くなり、子育てを終えた熟年以降も、自分の世界を持って生きることが大切になってきました。

 

自分にゆとりがないと、周囲や家族に対して優しくはできないものです。自分の人生をイキイキと自分らしく、楽しく生きていこう!という視点を持って行動してほしいと思います。

 

それは無理。
そんなに簡単に気持ちを切り替えられない。

と感じるかもしれませんが。

夫の「離婚したくない」という気持ちを理解したうえで、それでも夫が許せない、というのなら、経済的、物理的に可能であれば、夫と距離を置いてみてもいいのではないでしょうか。

 

ちょっと飛躍しすぎかもしれませんが、「卒婚」という言葉もあります。
夫と妻という役割や固定概念から解放されて、それぞれが、自分らしく生きていく修復とも離婚とも異なる新しい関係です。

相手に対する依存や期待は悪いことではありませんが、その度合いが強いと自分の首を絞めてしまいます。

 

誰にでも幸せになる権利はあります。夫婦はともに幸せであるのが基本ですから、苦しい状況に自ら身を置くことはないと思います。
ご自身のことを「白黒はっきりつけたいタイプ」と分析していらっしゃいますが、離婚を選択しても、経済面などでやはり苦しいことに変わりありません。

実際に離婚という行動に移す前に、今の生活のまま、離婚して一人になったつもりでやってみることをお勧めします。

 

また、お子さんたちが、同情を寄せてくれない、ということですが、子どもは子どもなりに色々と考えています。

なぜ、子どもからそのようなシグナルが送られてくるのか、今一度考えてみてほしいと思います。

 

親を嫌う子どもはいません。心配しながらも、冷静に客観的に母親の言動を見ているのではないでしょうか。
母親が苦しんでいる姿は見たくないのです。

「幸せそうにしている母親の姿を見たい」
「一人の女性として、覚悟をもって生きてほしい」

と願っているのだと思います。

 

仰るように、過去と相手は変えられません。

あなたが今したいこと、望んでいることはなんですか?

これからやりたいことはなんですか?
ぜひ、夫にとらわれすぎずに、自分主軸で生きてみてください。

過去は変えられませんが、未来を変えることはできますよ。

 

(文責・渡辺里佳)

 

 

6 Comments

  1. けい

    ほぉーっつ。すごく納得のいくお話でした。
    辛い時は、夫がひどいことした!(許せない)(許さなきゃ)
    と、思いがちですが
    結局、動かせるのは「自分だけ」なんですね。
    それが正解。ってスッキリしました。

    1. 渡辺里佳

      けいさん、ありがとうございます。
      スッキリしたと言って頂けて嬉しいです。
      結局すべて「自分次第」なんでしょうね。
      私もそこに気づくまで相当時間がかかりましたけど。

  2. nobuko

    うーむ、凄い。

    毎回思うのですが、「なるほどー」と思わせてくれる回答です。

    相談者に寄り添って、相談者が受け入れられる言葉で、
    切り替えを示唆して行くのが凄いです。

    >夫にフォーカスしすぎるのをやめてみませんか。

    こんな言葉、どこから出せたのだ?!と思う名フレーズです!

  3. 渡辺里佳

    nobukoさん

    こんなに褒めて頂くと恥ずかしいです。
    でも、すごくうれしいです!
    サンキューレターのような効果ありで、舞い上がりますね。

    名フレーズといって頂いたので、積極的に使っていこうという気持ちになりました! ありがとうございます♡

  4. kaoru

    なるほど~。確かに夫ばかりでなく、友人とか趣味とか仕事とか
    ほかに頼れるもの、心を寄せるものがあればそれほど苦しまないかもしれませんよね。結局は他人なんだから、と思って自分の世界をしっかり持っていればいいのかも。

  5. 渡辺里佳

    Kaoruさん
    ありがとうございます。
    そうですね。夫婦って近すぎると苦しいのかも。
    といって、離れすぎるのも冷たいし、距離の取り方がポイントかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。