夫婦・家族

肺ガン末期の親を見送った顛末10「覆水盆に返らず・・・ってナニ?」

医師から余命1カ月って宣告された父。

うだるような暑さの8月初めに入院して、1ヵ月がたった。

食欲が少しずつなくなり、日々弱っていく。

ろうそくの炎が少しずつ細く、弱まって、ゆらいでいるような感じだ。

 

私には3歳上の兄がいるが、ちょっとしたことで揉めたのがきっかけで、ここ10年以上会っていない。

兄の方から、父や私に絶縁を宣言した。

 

母が入院していたときは、一度たりとも見舞いに来なかった。

亡くなったときには、父が知らせたが、葬式にも顔を出さなかった。

そのときのことは、このブログにも書いたので、興味のある方は読んでください。

 

2「変容する家族関係」

3「縁切り宣言されて」

 

 

母の葬式にも来なかった兄に、今さらこの状況を知らせるつもりはなかった。

 

私に兄はいない。

もともと一人娘なんだ。

だから私が一人で、何やかんや父のケアをするのは当たり前なんだ。

そう考えるようにしていた。

 

兄は、いつか、父が亡くなったことを、ずっと後になって知って、何も手を差し伸べなかったことを、そして和解しなかったことを、後悔すればいい、と思う意地悪な気持ちもあった。

 

海外で暮らす従姉妹にメールで、父の病気のことを知らせた。

親戚付き合いをほとんどしていない私にとって、家族の事情をいろいろわかっていて、気楽に話せるのは彼女ぐらいだった。

夫以外の誰かに、今の状況をわかって欲しい、という気持ちがあった。

海外で暮らしているというのは、ほどよく距離があって都合がいい。

お見舞いに来てもらったりと、相手に負担をかけないのも調度いい。

 

従姉妹からはすぐに返信が来た。

とても心配してくれていることが、その文面からわかった。

そして、そのメールの中に「本当に、もっちゃんには知らせないつもりなの・・・?」と書かれていた。

″もっちゃん”とは、兄のことだ。

子どものときに、そう呼ばれていた。

たった二人の兄妹なのに、本当に知らせなくていいの? とそのメールは私に問いかけていた。

 

知らせない、という決心がぐらついた。

本当は誰かに、「知らせた方がいいよ」と背中を押してもらいたかったのかもしれない。

意地をはっているときではない、と。

 

私も父も、兄と会わなくなってから引越しをしているので、兄は私たちが、今どこに住んでいるか、どうしているかを知らない。

連絡先も知らない。

本当は連絡をとりたかったのに、とれなかったのかも・・・・・・

いいや、そんなことはない。

連絡をとりたいと思えば、調べることは簡単だ。

私が運営している編集制作事務所の名前で検索すれば、HPはすぐにヒットする。

フェイスブックでだって、調べられる。

連絡しようと思ったことなどないに違いない。

 

嫌、そんなことがどうでもいい。

何も言わないが、父は本心では兄に会いたいのではないだろうか。

父に無念な気持ちを残させてはいけない。

そう思い直し、この状況をやはり兄に知らせるべきだと決心した。

 

でも、電話で話をすると感情が抑制できないかもしれない。

家に電話をして、兄嫁のキヨと口をきくのも嫌だ。

だから、メールをすることにした。

私は兄のメールアドレスを知らない。

兄の会社のHPを検索して、そこから会社の代表のアドレスにメールした。

HPを見ると、兄は知らない間に、その会社の代表取締役になっていた。

 

 

メールの内容はこうである。

 

ヤマダモトヤ様

会社へプライベートな件でのメールで申し訳ありませんが、

個人のメールアドレスを知らないのでお許しください。

突然ですが、父の余命がもうわずかです。

母の葬儀のときにも連絡をしてこなかったぐらいですから

関心のないことかもしれませんが、

世間一般常識としては、一応、お知らせしておくべきかと思い

メールしました。

現在の入院先は、総合T津中央病院(4階)です。

 

病院のHPアドレスも添えた。

皮肉っぽい書き方になってしまった。

それでも、私が病院にいない間にでも、父と会ってもらえばいい、と思っていた。

 

朝の9時頃にメールしたら、11時には返事のメールが入った。

以下がその文面だ。

 

 

  ヤマダヨウコ様

  メール見ました。

  苦労かけます。

  「覆水盆に返らず」と言いますが、今から何をしても良い結果は得られませ   ん。

  非常識で親不孝な兄きでゴメン。

 

 

親が死にそうなのに、「覆水盆に返らず」って・・・・・・

盆を自分でひっくり返して、水をぶちまけといて、その言い草はないでしょう!!

もうすぐ、父は死んでしまうというのに。

 

 

涙がこぼれた。

この涙は怒りなのか、情けさなさのか、わからない。

メールなんかしなければよかった。

 

兄からすれば、家族の絆は、もう何年も前に、とうに切れていたのだ。

それをあれこれ思い悩んで、メールなんかしてバカみたいだ。

これで、今後、もう二度と、一生死ぬまで、兄とは会うことも、連絡を取り合うこともない。

 

(ヤマダヨウコ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。