夫婦・家族

「離婚調停を申し立てたいのですが、どうしたらいいですか?」

日本の天候が大きく変わってきました。

今日も東京では、大雨、落雷、突風、雹の警戒注意報が出ています。

ここ東京北部は、晴天から一転どんより暗い空に変わったかと思うと、ザーッと雨が降り、雷がゴロゴロ鳴り響いています。

先日の大雨では、雹が天窓をたたきつけている大きな音にビックリ。

今まで見たことのない光景でした。

 

 

日本は確実に亜熱帯風土に変わりつつあります。

 

そして、世の中もどんどん変化しています。

 

結婚・離婚事情も変化しつつあります。

 

いまどきの傾向は、「オトナ婚」。

熟年同士の結婚・再婚です。

 

日本は、ますます長寿社会となり、離婚や死別が増えてきました。

それに伴い、熟年同士の再婚、再再婚、再再再婚が増加。

結婚相談所も、シニア向けが充実しています。

 

子どもを育て終えたら、人生も終盤だった昔と違い、今は、子どもが成人してからの人生がとっても長くなり、第二、第三の人生をどう生きていくかを模索し、その選択肢として、熟年離婚や新たなパートナーを選ぶ人が増えているのです。

 

特に男性は、離婚や死別で独り身となったあと、「もう一度家庭を持ちたい」という意識が高まり、女性よりも結婚・再婚願望が高いという調査結果も。身の回りに不都合を感じる男性が多いからかもしれません。

 

最近は、烏丸せつこさんが50代後半で再婚。世間を賑わしたダディが何度目かの再婚と報じられたように、芸能界でもオトナ婚のラッシュです。

松田聖子さんも、現在離婚秒読み、4回目の結婚かという噂。聖子ちゃんも50代の熟女ですが、この方、いつでもどこでも恋愛しているのね~

 

このサイトの立ち上げ時は、「50代の出会いは?」というテーマが斬新でしたが、もはや、ちっとも不思議でもタブーでもなくなりました。

 

たった2年あまりで、なんという意識の変化でしょうか!

 

ホントーに、私が離婚した20年前の恋愛観、結婚観とは隔世の感があります。

欲望のままに何でも許される世の中というのも、モラルや倫理を欠いていくようで気になりますが、人は貪欲なので、今後も離婚と再婚は増え続けていきそうな気配です。

 

オトナ婚は、少子化対策には貢献しないという弱点はあるものの、世の中ハッピーな人が増えるわけだし、ひとり暮らしより経済的だし、不安な老後も支えあえるし、と長所は多いかもしれませんね

 

 

さて、今回の「妻からの離婚劇」は、「離婚調停」について。

 

 

<相談>

私50歳、夫51歳。子どもはいません。

結婚生活は25年になりますが、ずっと冷戦状態が続いています。

きっかけは、夫の浮気です。10年前に浮気が発覚してから、二人の間で不穏な空気が流れ始め、以来ぎくしゃくした関係が続いています。

 

現在は、家の中でも寝室が別になり、食事も別になり、完全な家庭内別居状態ですが、このまま、この状態を長引かせるつもりはありません。

きちんと整理して、新たな人生を歩んでいきたいと思います。

ずっと会話をしていないので、夫と二人で話したくありません。

仮に夫と話し合っても、離婚の合意はできないような気がします。

 

家庭裁判所に「離婚調停」を申し立てたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。

どのように進行していくのですか。具体的な方法とかかる費用を教えてください。

 

回答は次回に続きます。

回答はこちら。

 

(渡辺里佳)

 

 


5 Comments

  1. kaoru

    確かに、最近私のまわりでもリコンした人が多い・・・。
    人間、長く一緒にいると色々難しいよね。
    「オトナ婚」、フランスみたいにもっと加速するのかな?

  2. nobuko

    うわ~! 調停の申し立てかたですか!
    離婚予定はないけど、参考になるわあ~(何のだ)

    90や100歳まで生きるのが珍しくない時代になると、50歳代でも30~40年の未来がありますしね。

    嫌な気持ちで生きたくないから離婚したい気持ちもわかります。

    それに、寄り添う相手が欲しいからオトナ婚を選ぶ人がいるのも共感出来ます。

    ただなぁ・・

    「自分の世話をして欲しい婚」ってのは どこまでだよって感じがします。

  3. 渡辺里佳

    熟年離婚、Kaoruさんのまわりにも多いですか。
    人間って、ずっと同じだと飽きてしまうし、不満も出てくる。かといって、一人というのも、それはそれで寂しいと感じるのだから、なかなか面倒で厄介ですよねー。

  4. 渡辺里佳

    nobukoさん
    本当に長生きになりました。結婚制度なくすとか、一夫一婦制を変える(?)とか工夫しないと、日本はモラルがガタガタになりそう~
    同棲は増えるんじゃないかな。

    「自分の世話をして欲しい婚」は、確かに男性陣に多いけど、熟年同士だと、お互いさまって気もする。男女ともに認知症患者が増えてるし。。
    これって「支えあい婚」?

  5. nobuko

    >これって「支えあい婚」?

    なるほど。確かにお互い様でうまく行くなら、それは「支えあい婚」ですね。いい言葉ですね「支え合い婚」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。