夫婦・家族

妻からの離婚劇 「病気の夫と別れたい」

離婚を何度も繰り返す人は多いですが、歌手の宇多田ヒカルさんの母親、藤圭子さんは、なんと7回も離婚を繰り返しているのだとか。

1回目は、演歌歌手の前川清さんですが、あとの6回は、すべてヒカルの父である宇多田照寛さんだそうです。

今も離婚中で、そのうちまた結婚するだろう、とも言われています。すさまじい関係ですね~。二人の間には、他人にはわからないさまざまな感情が渦巻いているのでしょうね。

このことだけを見ても、男女の仲というのは本当に摩訶不思議なものだと痛感させられます。

 

さて、今回の相談は、病気の夫を持つ妻からの相談です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<相談>

私は50歳、夫は55歳です。結婚25年、子どもは二人いますが、二人とも独立して家を出ています。

悩みは、離婚しようかどうか、なかなか決断できないことです。

 

10年くらい前から、家の中は冷たい空気が流れていました。きっかけは夫の浮気です。浮気が発覚し、夫もそれを認め、私に謝罪しました。そこまでのいきさつは色々あって大変でしたが、当時の私は離婚するつもりはありませんでしたから、夫を許し、その件には触れないようにしながら、その後の生活を続けてきました。

 

でも、本当の意味で、私は夫を許してはいなかったんだと思います。些細な意見の食い違いのたびに、夫が浮気した事実が思い起こされ、どうしてもすっきりとした気持ちになれずにいました。いったんは許したはずなのに、未だにネチネチと恨みがましく感じている自分も嫌で仕方ありませんでした。

ずっと、そんな繰り返しだったような気がします。

 

そこへ来て、3年ほど前から夫の仕事が激減。夫は自宅で建築系の仕事をしていますが、受注の仕事が減ってしまい、夜遅く寝て、昼頃起きる不規則な生活を送るようになりました。自暴自棄気味の夫は、仕事を探す気配はなく、家にいるのに、家事を手伝うわけでもありません。私としては生活リズムが違うだけでもイライラします。

そんな夫を見るのが嫌なのと、生活のために、私がパートで外へ出るようになり、ますます会話が少なくなりました。

 

家庭内別居のようなすれ違い生活が影響したのか、夫はうつ病を患ってしまいました。大学病院で数種の薬を処方されています。

一時は、私にも責任があるのではないかと感じ、生活を立て直そうと提案したのですが、本人に前向きな気力が感じられず、将来に明るい展望が期待できそうになく、私もほとほと疲れてしまいました。

病人なのですから、私も優しく接してあげないと、とは思うのですが、それができません。

 

これまでずっと我慢してきたのに、

「何でこれ以上苦労を背負い込まなくてはいけないの?」

「 早く解放されたい」

と自分の気持ちが限界に近いことを感じています。本音を言うと、いっそのこと、夫と別れてスッキリしたいのです。

現在、夫が入院しているのですが、夫のいない暮らしはなんて楽なのでしょう。

病人の夫に対して、こんなことをいう私は薄情な女ですよね。

 

「我慢が足りない」

「夫婦は支えあうのが当たり前」

「波があるのが結婚生活」

「こんな時こそ助けるのが配偶者の務め」

 

という、もう一人の自分の声も聞こえてきます。

 

離婚したら、きっと今も健在の夫の両親は私を恨み、悲しむでしょう。親戚からも「冷たい妻だ」「ひどい女だ」「今さら夫を見捨てるのか」と罵られ、責められることでしょう。

そんな世間体を気にする自分もいます。

また、私が離婚を切り出したら、夫が自殺しかねないという不安もあります。

 

ですがこの先、夫を看病し続け、看取る自信がないのです。

25年もの結婚生活を送ってきた熟年の私が、離婚を望むことは許されないことなのでしょうか。

自分でも何をどう考えたらいいのか、わからなくなってしまいました。助言をください。

 

回答はこちら

 

(渡辺里佳)


2 Comments

  1. しょう

    きっかけは夫の浮気だとおっしゃいましたが、何故ご主人は浮気をしたのでしょうか?浮気はする方も、もちろんされる方も辛いものだと思います。よく考えてください。

    1. 渡辺里佳

      そうですね。夫婦どちらかが悪いわけではないですし、浮気の原因はあるかもしれません。未然に防げればいちばんいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。