夫婦・家族

妻からの離婚劇 「病気の夫と別れたい」回答

<相談>

結婚して25年です。夫の浮気以来、ギクシャクしていましたが、仕事が激減しても生活を立て直そうとしない夫に嫌気がさし、家庭内別居状態が続いています。さらに、夫はうつ病を患ってしまいました。現在入院中ですが、夫がいない方が楽だと思える自分がいます。本音は夫と別れてすっきりしたいのですが、世間体も気になります。熟年の私が離婚を望むことは、許されないことなのでしょうか。

詳しい相談内容はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<回答>

現在、うつ病に苦しんでいる人は多いようです。本人が苦しいばかりでなく、病人を支える家族にとっても、その場にいる人にしかわからない苦労や困難があり、肉体的・精神的な負担を背負っているのが実状です。

相談者も、浮気、収入減、家庭内別居、夫の病気と、負の連鎖が続き、相当な疲れとストレスが蓄積していることでしょう。心情をお察しします。

 

相談者が感じているように、

配偶者が苦しんでいるとき、助けてあげるのが配偶者の務め、夫婦は助け合うもの、共に支えあうのが当たり前、という考え方はいまだに根強くあります。

重い病気の夫を長年、献身的に看病し、人生後半の大部分を介護に費やす女性も大勢います。

そのため、「離婚は許されない」と考える人は存在しますし、世間の風当たりは強いかもしれません。「冷たい嫁だ」「夫を見捨てるのか」「薄情な女だ」と考える夫の親戚もいるかもしれません。

 

ですが、看病する家族は、心身ともに健康であることが前提です。

夫婦二人の間にすでに愛情や信頼関係がなく、心が離れた状態では、配偶者を献身的に支え続けるのは難しいのではないでしょうか。

このままでは、相談者も病気になったり、心を病んだり、共倒れにならないとも限りません。

 

相談者が「幸せになりたい」と願い、離婚を視野に入れたとしても、その気持ちを咎める権利は誰にもありません。幸せの価値観は人それぞれ異なります。

世間のために生きるのではなく、これからの人生を、どう生きていきたいのか、自分の心と向きあい決断してほしいと思います。

離婚することで、すべての煩雑さから逃れられるものでもありません。

今一度、夫に対する気持ち、愛情の有無を再確認してみてください。

疲れによって、本心が見えなくなってはいないでしょうか。

 

その上で、相談者が、「関係の修復」ではなく、「離婚すること」を選択したのなら、その方向に向かって一歩ずつ進んでいきましょう。

ただし、夫の同意が得られなければ、簡単には離婚できません。離婚訴訟の法廷離婚原因のひとつに、「回復の見込みのない強度の精神病」がありますが、うつ病はこれに当てはまりません。

また、協議離婚が成立しても、慰謝料の要求は出来ないことを覚悟しなければなりません。

 

離婚が認められる可能性としては、「婚姻を継続しがたい重大な理由」にあたることです。

たとえば、「最善の努力をしたけれど、改善できなかった」「立て直そうとしたが、相手が協力的ではなかった」など、夫婦関係を修復しようと努力を試みたが、今後結婚生活を続けていくのは困難だと判断が下された場合です。

夫の生活環境を整えることが、調停で有利に働きます。このあたりは、専門家である弁護士と相談して進めるといいでしょう。

 

離婚の際は、夫の両親、親戚ともよく話し合う必要があります。

病気の夫の今後も心配です。離婚後は親御さんに引き取ってもらう、施設に入れるなど、夫にとって最善となる策を講じておきましょう。

とくに病気の夫と別れる場合は自責の念にかられやすいもの。「夫を見放すのではなく、やれることはやった」と思える悔いのない離婚をしてほしいと思います。

 

望みどおり離婚できたなら、夫や家族に対して、離婚させてもらえたことに対する感謝の気持ちを忘れずに。

そして、「新たな人生を歩んでいく」という強い意志をもって、前向きに生きていってほしいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

離婚か修復か、決断は早いほうがいいのですが、早まった離婚は後悔のもと。

 

「幸せ」を願う気持ちはいいことですし、そう感じることが大切ですが、若くはない自分の今後の人生、その「幸せ」がいったい何なのか、混乱してしまうところに、熟年離婚の難しさが潜んでいるのかもしれませんね。

とことん自分と向き合った結果、熟年離婚を選択する妻が増えているのも事実です。人生が長くなり、「まだまだこれから」と考える、パワフルな女性が増えてきた、ともいえるのかもしれません。

 

サイトの中に、熟年離婚危険度チェックを見つけました。お試しあれ!

 

<付録>「熟年離婚危険度チェック」あなたは大丈夫?

熟年離婚危険度チェック(妻用) (出典・「シニアルネサンス財団」)

http://www.sla.or.jp/check/checkrikonf.html

夫用はこちら。

http://www.sla.or.jp/check/rikonn0312.html

 

(渡辺里佳)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。