夫婦・家族

妻からの離婚劇 「ペットを引き取って離婚したい」

ペットを飼う家庭が増えています。

 

子どもがいない夫婦、子どもが独立したあとの夫婦にとって、「子は鎹(かすがい)」ならぬ、「ペットが鎹」となり、大きな癒しの存在に…。

 

一方で、ペットを巡って泥沼化してしまうケースも少なくありません。

「ペット離婚」

こんな言葉も生まれています。

 

夫婦どちらかが、ペットをかわいがりすぎる。

ペットのしつけに対して意見が食い違う。

ペットにかけるお金が尋常じゃない。

家庭のことがあとまわし。

 

などが原因で、大ゲンカに発展。ついには離婚に至ってしまうとか。

 

さて今回は、そんなペット問題で悩む妻からの相談です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<相談>

私は45歳、夫は50歳の共働き夫婦です。子どもはいません。

悩みは、ペットに対する考え方が、夫とことごとく違うことです。我が家が飼っているのは、犬のトイプードルで3歳のオス。ペットを飼うのは初めてです。

3年前、「子どももいないし、犬を飼って育てよう」ということになりました。

生まれてすぐに我が家の仲間入りをしたので、余計にかわいくてかわいくて仕方ありません。

私は、家族の一員だと思って、とても大切にしているんですが、夫は、「ペットはペット、家族とは違う」と思っているようなのです。

その考え方が、そもそも理解できないのです。

 

私は、しつけや食事に関して手抜きはしない主義。

すぐに、犬のしつけ指導のスクールにも通いましたし、そこで得た情報や、いいと思えるものはすべて取り入れてきました。

ペットサロンには足しげく通い、服やアクセサリーも揃えました。

食事も、なるべくいい食材を使って安全な手作りを心がけています。

でも、夫はそれが気に食わないようで、「もったいない。なんで犬にそんなにお金を使うんだ!」「ぜいたくすぎる!」と声を荒げます。

二人で話し合って決めたのに、仕事が忙しいことを理由に、夫は犬の世話をしませんし、協力的じゃないんです。

 

以前は、普通に会話ができていたし、おしゃべりも楽しかったんですが、今は何を話しても楽しくありません。

 

私は自宅で仕事をしているので、ペットと一緒の時間が長く、より愛着を感じているところはあると思いますが、夫とここまで考え方が違うとは思いませんでした。

なにより「愛情が希薄で冷たい人なのでは」と、不信感が募っています。

 

夫も、家に帰るのが苦痛な様子。きっと居心地が悪いと思います。

いまやペットはわが子のような存在ですし、私は妥協する気はありません。

こんな険悪な毎日では、一緒にいる意味が見当たりません。最近は、顔を見るのもイヤになり、別居か離婚しようかと考えています。

そのほうが、お互いにとってもいいような気がするんです。

 

散歩や食事など、ほとんど私が世話しているので、もし離婚となった場合、もちろん私が引き取るつもりですが、ペットが理由で、離婚は成立するのでしょうか。

あまりにも夫が冷淡なので、慰謝料を請求したいくらいです。

 

回答はこちら

 

(渡辺里佳)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。