夫婦・家族

お風呂に入らない不衛生な夫。こんな理由で別れられるの?

「夫婦問題カウンセラーの人生相談」
新たなデザインでリスタートしました。今後共、よろしくお願いいたします!!
初回のお悩みはこちらです。

<相談内容>
この前テレビを見ていたら、お笑い芸人と結婚した女性が、「夫はドブの臭いがする」と言って笑いをとっていました。
そのタレントさん夫妻は、悪口をいいながらも実は仲がよさそうなのですが、うちの夫も口臭、体臭がひどいのです。
もともとお風呂に入るのを面倒くさがるタイプ。それでも仕事で毎日外出していたときは、身綺麗にしていました。
でも、最近は外出する機会も減り、いくら言っても、お風呂にあまり入ってくれません。歯もちゃんと磨いているのかいないのか・・・。
結婚して30年になりますが、もう、生理的に一緒に居るのは無理かもと思っています。こんな理由で、別れることってできるのでしょうか?(55歳 女性)
<回答>
夫婦問題の相談内容は、じつにさまざまです。
先日、夫婦問題カウンセラーの私のもとに、「夫の生活音がイヤなんです」という40代女性からの相談がありました。
「生活音って、たとえばどんなものですか」と聞くと、「イビキとかオナラとか。咳やクシャミの音もイヤです」と言うのです。
たぶん、妻である相談者も、クシャミくらいはすると思うのですが、自分のことは棚に上げてしまうのでしょう。
「自分以外のことがやけに気になる」というのは共同生活にはよくあるケースです。人間も動物ですから、自然現象で多少の生活音はあって当たり前です。ロボットと暮らしているわけではないのですから…。
度合いや頻度にもよりますが、さすがに、「生活音が嫌だから」という理由だけで離婚を申請するのは厳しいと思います。
相手に対してそこまで嫌悪感を持つのは、何か他に理由がありそうだと感じました。
さて、ご相談者の55歳女性の場合はどうでしょう。
夫の口臭や体臭が気になって仕方がないご様子。
「生理的に一緒にいるのは無理」と思い詰めるほど思い悩んでいるのですから、きっと本人にとっては深刻そのものです。
そんな夫と「別れることはできるか」という質問ですが、まず、二人で話し合って、双方同意できたのであれば、「協議離婚」が成立して、スムーズに離婚できます。
そうでない場合(相手が納得しない場合)は、調停離婚に進むことになります。
それも不成立に終われば、裁判離婚です。
「裁判離婚」では、離婚できる理由が決められています。法定離婚事由は、次の5つです。
法定離婚事由がない場合は、裁判所で離婚が認められることはありません。
1・不貞行為
2・悪意の遺棄
3・結婚相手の生死が3年以上明らかではない
4・結婚相手が重度の精神病を発症しており、今後、回復の見込みがない
5・その他、結婚生活を継続することが困難と言えるような重大な理由がある
このどれかに該当すれば、裁判離婚ができます。つまり、国から「あなたたちは別れてもいい」と認められるわけです。
ただし、裁判離婚の場合は、証拠が必要となります。
日頃の夫の態度、言動はどうでしょう。相談内容の「いくら言っても…」という一文が気になりました。
お互いに歩み寄ろうとしないところや、相手を思いやる気持ちが希薄だという側面はありませんか。
一緒に暮らすパートナーが嫌がること、懇願していることに対して、聞く耳を持たず、我を通すばかりでは、
当然ながらストレスがたまり、婚姻関係の継続は難しくなります。
「夫にいくら話しても聞き入れてもらえなかった、何度言っても対処してもらえなかった事実」を訴え、証拠を提示します。日記や会話のやりとりの録音などが有効かもしれませんが、共感同意してくれる弁護士さんを立て、「私たち夫婦はすでに破たんしている」「関係は冷え切っていて、今後婚姻関係を続けることはできない」ことが立証できれば、
5番の「その他、結婚生活を継続することが困難と言えるような重大な理由がある」に該当し、離婚できる可能性もあります。
結婚生活は、他人同士が一つ屋根の下に暮らすこと。すり合わせやある程度の妥協も欠かせません。相手のあることなので、最低限のマナーとルールが必要です。
本当に離婚したいのか、それとも修復したいのか、結論を出すためにも、意見をしっかりぶつけ合う必要があるかもしれません。自分が嫌だということをきちんと相手に伝えていますか。伝わっていますか。(伝えているつもりで伝わっていないケースも多いです)
「とにかく入ってよ!!」「臭い!!」と語気を荒げる言い方ではなく、「病気になったら心配だから」と相手目線で話すのがポイント。どうしてお風呂に入って欲しいと思うのか、わかりやすく伝えると効果的です。
熟年の先もまだまだ続く人生です。「こちらの思いを受け止めてもらえないなら、新たな人生の再スタートを切る」。そのくらいの覚悟をもって、今一度話し合ってみることをお勧めします。
「いやいや、そこまではしたくない。いまさら面倒」と感じるのなら、このまま何も変化はありません。今のままで我慢するしかありません。現状を変えたいと願うなら、やはりアクションが必要です。
別れるか別れないかは、話合いの後に決めてもいいのではないでしょうか。
 言われたことで改めて妻の気持に気づき、ちゃんとお風呂に入ろうと努力をしてくれるかもしれません。そして、自分の思いが受け止められたとわかったら、夫に対する嫌悪感が少しは和らぐかもしれませんよ。
文責/夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳

 


6 Comments

  1. YUKO

    「自分以外のことがやけに気になる」というのは共同生活にはよくあるケースです。」

    確かにそうですね。新婚のときには気にならなかったこと、むしろ好ましくさえ感じられたことが、時の流れとともに、いつしか嫌悪の対象になる場合も・・・ありますよね。

    夫婦といえども、他人同士の共同生活ですから、ある程度のマナーが必要なのかもですね。

    1. 渡辺里佳

      YUKOさん、ありがとうございます。
      新婚時は好ましく感じられたことが、嫌悪の対象となるって、
      時の流れとは怖いものですねー
      やはり、マナーは大事。不潔なのはちょっと、、ですよね。

  2. けい

    うちの夫も、夜お風呂に入らない。歯を磨かない。布団で寝ない。
    何度言ってもダメ┐( -“-)┌
    会社に行く前には一応ちゃんとして外出しますが。。。

    ひとりで寝るのはさみしいなぁとずーっと思っていましたが
    このごろは夫が寝室に来ると、ちっ!来た!(うるさい、くさい)と思う自分に気づいてびっくり…。
    そーゆー世代なのかもしれませんねぇ。離婚しようとまでは思わないのでまだましか。

  3. 渡辺里佳

    けいさんのご主人も、なかなかの強者ですね~

    離婚しようとまでは思わない。
    ほとんどの妻がそう思って、諦めの境地に達してるのかも。
    この世代、けっこう多いようですよ。

    ところで、けいさん宅は「別寝」なのですね。

  4. kaoru

    若い頃はワイルドでカワイイ~、なんて思っても、年取るとただでさえ加齢臭とかあるし、清潔にしていないと嫌われますよね。増してやお風呂に入らないなんて言語道断!男性は年齢とともにいろいろ面倒くさくなってしまう人も多いのかも。ホルモンの関係もあるのかな~・・・。

  5. nobuko

    不潔なのはいやだなあ(^^;)別に頑張らなくていいけどお風呂に入るとか歯みがきは、健康の為にもしてほしいですよね。
    >病気になったら心配だから」と相手目線で話すのがポイント。
    うん、そこがポイントだろうと思います。昔は恋愛、CJ世代は博愛の精神。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。