カルチャー

「Dlife」で海外ドラマにはまる日々(その2)

ついに40℃超え!!

猛暑ですね~。 こんな時は、涼しい家の中でクールな海外ドラマを見るに限る。

私が相変わらずハマっているのが、完全無料のBSテレビ局「Dlife(ディーライフ)」

前回その1で書いた、ゴージャス復讐劇「リベンジ」もいよいよ佳境に入ってきましたが、

最近ゾッコンなのが、火曜21時~の「ホワイトカラー」です。

 

ホワイトカラー シーズン2

 

 

 

 

 

ストーリーは、頭脳明晰なイケメン天才詐欺師とFBI捜査官がタッグを組み、詐欺や偽造、

横領などの知的犯罪に立ち向かうクライム・サスペンス。

ニューヨークを舞台に、洗練されたファッションやインテリア、ウィットに富んだ会話など、

オシャレ度もピカイチです!

なかでも注目は、主演の天才詐欺師「ニール・キャフリー」を演じる

マット・ボマー。

濃い栗色の髪と目にしっかりとした眉、かなりの小顔の上にセンスも抜群。

詐欺師だけに口先がうまく世渡り上手。だけど人懐っこくてまるで捨てられた

子犬みたいに憎めない、そんな彼の魅力にはまってしまったのです。

詐欺師の腕を買われて、FBIに協力するコンサルタント、という設定も驚きだけど、

専門知識(?)と機転をきかせて、FBI捜査官のピーター・バーグと協力し、

難事件を次々と解決する、という1話完結型のストーリーが面白い。

 

 

 

モジー

 

 

毎回ストーリー展開が早く、かなり集中しているのに「今のどういうこと?」と

なってしまうことがあるけど、そんな時は、どうやら一緒にハマってしまった息子に

聞けば、「ハァ?見てなかったの?○○じゃん」と瞬時に解説してくれる。

息子はNYのスタイリッシュな景色や、胸のすくような展開が気に入っているみたい。

 

何から何までカッコ良すぎる設定だけど、特に私のお気に入りなのが、

ニールが住んでいるマンションのインテリア。

ガラス張りのサンルームのリビングに、アンティーク風の家具や本が並ぶ

落ち着いた雰囲気で、広いテラスからはNYの景色が一望!

いかにもNYのエグゼクティブが住んでいそうな感じ・・・。

それから、あの「SEX &THE CITY」で、主演キャリーの親友として出ていたゲイ、

スタンリー役のウィリー・ガーソンが、今度もニールの仲間「モジー」として

何かと協力してくれるのも見もの。

相変わらずひょうひょうとした演技で、楽しませてくれます。

 

8月13日(火)から新シリーズも始まり、ますます注目!

お忙しい方は、ぜひ録画して、CM飛ばして見てね。

視聴方法は、下記ホームページから。

 

BS 258 「Dlife」  http://www.dlife.jp/

(小林 薫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。