カルチャー

「糖質オフダイエット」で3か月で-5㎏を達成!

  • 2013/1/25
  • カテゴリー:

 

今話題の「糖質オフダイエット」。

ダイエットの方法は数限りなくあるけれど、これは本当にすごいらしい。

この「糖質オフダイエット」に成功したのは、料理研究家の吉田瑞子さん。

今までいろんなダイエットに挑戦したけれど、本当にやせたのはこのダイエットが初めてとのこと。それも3か月で-5㎏というから、すごい。

そもそも吉田瑞子さんがこのダイエットを始めたのは、「糖質オフダイエット」のためのレシピ開発をしたため。「この方法なら苦なく続けられそう」というので実践したのだそう。

 

その「糖質オフダイエット」とは、簡単にいうと「ご飯、麺、パンという主食を控えて、糖質の低い食品を食べる」というもので、江部康二先生というお医者さんが、肥満や糖尿病患者のために確立したもの。その理論は長くなるのでここではカットしますが、知りたい人は『主食をやめると健康になる 糖質制限食で体質が変わる』(江部康二著・ダイアモンド社刊)を参考に。

 

やり方は3コース。

①スーパー糖質制限食

朝、昼、晩の3食とも主食なし。

②スタンダード糖質制限食

1日3食のうち、朝か昼の1食は主食をとり、2食は主食を抜く。

③プチ糖質制限食

1日3食のうち、夕食だけ主食を抜く。

 

この3つの中から自分の生活に向いているコースを選び、あとは糖質の低い食品を頭に入れて食事をすればいい、というわけです。

 

ちなみに主食とは「ご飯、うどん、そば、パスタ、パンなど米、小麦粉を主成分とする食品」のこと。これさえ除けば、肉類、魚介類などはいくら食べても大丈夫。カロリー制限はまったくありません。

ご飯やパンなどの主食を除く食事をするというのが一番重要なことなので、あとは今まで作っていたおかずだけの食事、というふうにしてもダイエットになるのですが、もっと頑張りたい人はおかずに使う食材や調味料の糖質も気にして調理するとより効果的です。

 

<野菜>

糖質の高いもの:さつまいも、さといも、じゃがいも、やまといも、かぼちゃ、ごぼう、空豆、とうもろこし、れんこん

糖質がやや高いもの:にんじん、トマト

糖質が低いもの:きのこ類を含め、上記以外の野菜

 

<乳製品>

糖質の高いもの:加糖ヨーグルト

糖質のやや高いもの:牛乳、無糖ヨーグルト

糖質の低いもの:チーズ、生クリーム

 

<調味料>

糖質の高いもの:ソース類、トマトケチャップ、砂糖、はちみつ、ポン酢しょうゆ、白みそ、田楽みそ、みりん、カレールウ、焼き肉のたれ

糖質のやや高いもの:固形スープ、鶏ガラスープの素、和風だしの素、カレー粉

糖質の低いもの:塩、しょうゆ、酢、マヨネーズ、みそ(白みそ、田楽みそ以外)、ナンプラー

 

<アルコール>

糖質の高いもの:日本酒、ビール、発泡酒、梅酒、紹興酒、マッコリ

糖質の低いもの:ウイスキー、ウォッカ、焼酎、ジン、テキーラ、ブランデー、ラム、ワイン

 

このうちで「糖質の低いもの」または「やや高いもの」などを組み合わせておかずを調理すればOKというわけです。

 

話は戻って、成功した吉田瑞子さんのお話。性格的に短期間で成果を出したいタイプとのことで、まずは2週間、「スーパー糖質制限食コース」に挑戦。

朝食はもともとカフェオーレだけだったので、コーヒにたっぷり牛乳を入れるのをやめてブラックにするか、OK食材の生クリームや少量の牛乳を加えることに。

昼食は、パンなしのホテルの朝食のイメージで、目玉焼きにウインナーやベーコンとサラダに。それでは腹持ちが悪く、おなかがすくというときは、油揚げやがんもどきにみそを塗り、長ねぎの小口切り、ピザ用チーズを散らして和風ピザにしてよく食べていたそう。

夕食は糖質オフのビールか焼酎に、肉、魚介を中心にしたいわゆる居酒屋メニューのおかずを。もちろん今まで食べていた〆のラーメンやお茶漬けは厳禁。どうしても主食が食べたくなったときは、OK食材の豆腐、卵、チーズを主食代わりに。

それから朝と夜は必ずヘルスメーターに乗って体重をチェック。これは毎日チェックすることで、ダイエットを自覚させるため。

これを2週間続けたら、あっという間に-2㎏。それからはうれしくなって糖質オフ生活を続行。その結果が3か月で-5㎏。

目標体重になったら、あとは様子を見ながら糖質制限をゆるめ、ときにはランチにパスタを食べたり、NG調味料を少量使ってみたり、とコントロールしているそうです。

「主食を抜く生活なんて、と思いがちだけど、2週間と思えば我慢できるはず。とにかく2週間を目標にまずは挑戦してみて」と吉田瑞子さん。

糖質の高い食材、低い食材のリストや、詳しいレシピは下記のレシピ本を参考に。

 

 

ダイエット表紙 糖質オフダイエットのレシピがたっぷり掲載されています。そのほか、レストラン、ファストフード店、居酒屋、コンビニでのメニューの選び方もあって、挑戦しやすくなっています。パンやご飯なしでも大丈夫なように、朝食やお弁当のレシピもあって、至れり尽くせりです。

 

『おかず満腹ダイエットレシピ』

牧田善二 著 吉田瑞子 料理

(河出書房新社刊 1300円)

 

 

 

 

(さかがみともこ)

 

 

 

おかず満腹ダイエットレシピ—糖質オフでカロリー制限ナシ!肉、お酒、油もたっぷりOK!

新品価格
¥1,365から
(2013/1/25 23:30時点)

6 Comments

  1. りーたん

    詳細な情報ありがとうございます。改めて、糖質が高いものを好む傾向にあることがわかりました。意外に卵やチーズが低くてホッ。日本酒よりワインなんですね~。
    最近、健康を意識し始め、GI値や筋肉量が気になっています。

  2. tomoko

    ★りーたんさんへ
    3食ともに糖質制限食にするのは大変、という人も多いようで、
    朝、昼は今までどおりで夕食だけという「プチ糖質制限食」コースを選ぶ人も多いです。それで見事にダイエットに成功した料理研究家の先生や料理カメラマンもいますよ。
    ちなみに、うちの夫は夕食にどうしても普通のビールが飲みたい、というので、ビールとおかず(糖質オフを気にしない普通のおかず)だけにして、お米を食べるのをやめたら、ベルトの穴1つぶんウエストが細くなったと言ってます。
    なので、無理のない範囲で挑戦するのがおすすめです。

  3. YUKO

    食後に血糖値を急激に上げないためには、食べる順番もポイントですよね。いきなりごはんや麺を食べずに、野菜や汁物から食べるとか。糖質カットということは、ごはんや麺が食べられないということ? それって私には辛すぎるもの、せめて順番を変えることで勘弁してもらえないでしょうか。

  4. tomoko

    ★YUKOさんへ
    紹介した本に「初めは、ごはんを食べないなんて絶対我慢できない、と思うかもしれませんが、体とは不思議なもの。何日かごはんを食べない生活をしているうちに、それが当たり前に感じられるようになってきます」と書かれています。
    糖質オフダイエットに挑戦するなら、残念ながら「ごはん、麺、パンなどの主食を除く」というのが必須です。
    特に夕食は厳禁です。なので、夕食だけでもしばらくごはんを抜いておかずだけの生活を実践してみてください。きっとサイズダウンできると思いますよ。

  5. junko

    Tomokoさん、まず2週間試してみるという発想に刺激を受け、3食分でやり始めました!
    と、いっても、まだ2日目なんですけど…..運動もしているからかもしれませんが、2日目で0.5kg減りました。大きな数字ではありませんが、今まで、どうやっても落とせなかったんです。2週間内にどうしてもご飯を食べざるを得ない日があるんですが、食べたらその分、他で調節しようかと思っています。なんとなく、この方法なら、やれるかな?っていう気がしています。紹介して下さってりがとうございました。

  6. tomoko

    ★junkoさんへ
    コメントありがとうございます。
    そうですよね。仕事などで外食しないといけない時もありますものね。
    あんまり頑張りすぎるとストレスになって、続かなくなると思うので、時にはそういう日もあるよね、と自分を許して。とにかくまずは続けることが大切だと思います。
    2週間後の結果など、よかったらご報告をお待ちしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。