健康

音楽に乗って、スクワットする

先日貧血で倒れ、運動不足を指摘された父の運動不足を補うために

「スクワットとは何か?」を教えることとなった私。
説明、うまくできるだろうか?不安だけど始めてみる。

 

椅子に腰掛けるようなイメージでの屈伸運動のようなものであることをまず説明。
「森光子が毎日やっていたっていう話だよ。スクワットで下半身鍛えていたから『放浪記』の舞台ででんぐり返しができてたっていう話、知らない?」
ふーん知らないね、と父。
そこで母が口を挟んできた。

 

 

「(黒柳)徹子さんが毎日続けてるっていうアレかしら、だったら私もやってみたい」

そこで父が反応する。

「徹子がやってるのか」

 

 

なんですか徹子なんて友達みたいな呼び方しちゃって。しかしこの二人、同世代の黒柳徹子さんにライバル意識でもあるのか。眼の色が変わったぞ。(後で調べたら黒柳徹子さんは故・ジャイアント馬場氏にスクワットの大切さを説明されて、以来毎日欠かさず一日50回スクワットしているのだそうだ。)

で、母も交えてスクワットの実技指導を始める。実は私も、冬のランニングシーズン終了後、糸が切れたように運動不足の毎日。足腰ヘタレてます、自分にとっても運動再開のいい機会。

 

簡単に図解すると・・・・・・。キモは赤マル部分、膝が前に出ていかないように、お尻を後ろに引いて、腰かけるような体勢をつくることでして・・・・・・。

 

スクワット

 

ごめんなさい私の絵はやはり変で、正しいスクワットをこの絵で会得しようとは思わないでほしい。これはイメージイラストということにして、後はネットで、たとえば

高齢者 スクワット

等のキーワードで検索してみてください。いくらでも出てくるから。

両親には自分でやってみせたうえ、
「最初から深く屈伸しすぎず、まずは浅くでいいからやってみること」
「椅子やバーにつかまってもいいこと」
を言い添えた。慣れない高齢者が腰かける姿勢にこだわって転倒、頭を打った、なんてことになったら大変だし。
「で、何回やればいいのかしら」
母からの質問。この人は元来熱しやすく冷めやすく、おまけにさいきん忘れっぽくなってて、三日坊主にすらなれないであろう。しかし質問には答えなければ。
「10回くらいから始めればいいんじゃない?」
テキトーに答えてしまった。さっそくその場で、みんなで10回やってみる。けっこうキツいわー、という二人。
しかし後日、黒柳徹子さんについてさらに調べると、一日50回! これは黒柳さんの70代前半のころのブログを見た数字なので現在もその回数なのか確かではないが、「ジャイアント馬場さんの遺言だと思ってやっている」というから続けていそうだなあ。

 

いままで習慣がなかった80歳前後の二人が毎日50回ずつなんてできるかなあ。それも無言で、数だけ数えながら・・・
なにかいい方法ないかと考えていたら、ある日聞こえてきました、
朝のNHKテレビ小説「あまちゃん」のテーマが。(youtube等検索すると出てくると思います)

 

http://www.youtube.com/watch?v=x5xTkW0blgg
この曲の低音伴奏部(テューバがブッ・ブッ・ブッ・ブッと吹いている)に合わせて屈伸をすると、テンポもなかなかちょうどいい。
そして1曲が1分少々。曲に合わせてスクワットすると、1曲終わりで40回ほどできる。
これまた、ちょうどいい回数。
さらに月曜は少し長いバージョンが流れて、このバージョンに合わせるとスクワットは50回できることが判明。

 

思い起こせば30年以上前、短大の体育の授業で必ずやらされた「3分間縄跳び」、

なんだか明るい曲が流れて、終わるまで跳び続けるとハイ3分終わり、だった。無音の中で孤独に運動するよりいいんじゃないかな、曲が終わりそうになれば「もう少しだー」とか思って頑張れるし、よし、これでいこう。

 

毎朝かならず「あまちゃん」を見るのだから、テーマ曲に合わせてスクワット。
ここから始めよう!と両親に伝えた。
さて、他人に言ってやらせてるだけでは何なので、私も一緒に始めてみた。
朝7時半、BS放送でやっている「あまちゃん」に合わせてイチ、ニ、イチ、ニとスクワット。
自慢じゃないけど、始めてから3週間、休まず続けている!効果はまだ出ないんだけど・・・でも、これ毎日、半年間続けたら足腰が少し変わるかも?

とにかく放送終了までは、私もがんばりまーす。

 

タムラ♪

 

 

※スクワットするときのポイントをわかりやすく解説しているサイトがあった。以下、引用します。

1.脚を曲げていく時にひざをできるだけつま先から前へ出さない事。多少は出てもよいですが、できるだけひざを前後に大きく動かさないことです。
2.前後に大きく動かさないコツは膝を伸ばしきらない事です。
3.肩甲骨を内転させて背骨によせて(右アニメ→)胸をはり、骨盤を前傾させてせすじをのばしましょう。骨盤を前傾させることにより大殿筋とハムストリングスがストレッチされます。
4.視線は前方へ。ゆっくり4秒間かけて下ろし同じく4秒間かけて上がる。
5.下ろしながら行き(タムラ注:HP原文ママ。実際は「息」でしょう)を吸い、吐きながら上がる。
6.手すりか壁などに手で捕まって(タムラ注:「掴まって」)行なってもかまいません。転倒しても大丈夫なように後ろにふとんを置いたりベッドやソファーの前でやるようにしてください。椅子ではダメです。

以上「大沼きんの筋曜日の肉たちへ-腕立て伏せ1」から引用(HPが原文通りの引用を原則としているので気になる漢字には注を入れています)。

 

※2014年10月追記。久しぶりに「筋曜日の肉たちへ」サイトを確認したら

URLが変わったようです。

http://www.cudan.ws/kinyo/squat/basicform.html

このサイト、全体的にすごくわかりやすく、図解も多いのでおすすめです。

 

 


2 Comments

  1. りーたん

    「あまちゃん」のテーマ曲に合わせてスクワットって、すごくいいアイデアですねぇ。連続ドラマだから毎日あるし、これなら続けられそうですよね。

  2. タムラ

    りーたんさん、私自身はとりあえずまだ続いています。あまちゃんの明るいメロディーでスクワット、一日をいい感じで始められます!気になるのは実家の両親。ちゃんとやっているか、そろそろ抜き打ち検査に行ってこようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。