健康

恐怖のカーブス計測日

今日は「カーブス」(女性専用筋トレジム)の計測日。毎月、月初めに、体重、体脂肪、身体サイズ (バスト、ウエスト、腹部、ヒップ、腿、二の腕) を計測することになってます。

なので、月初めのカーブスは恐怖なのですが、今日はちょっと複雑な心境。

カーブスに通い始めてちょうど1年。体重が2 キロ減りました~。これは、私の中では驚くべき出来事。今まで、何をどうしても体重が減ることはなかったから。

ただ、体脂肪のほうは、また30 %台に戻っていてガックリ…。身体の各サイズはほとんど変化なし。これっていったいどういうこと??

スタッフさんが言うには、「体重の増減を気にするより、体脂肪を減らして筋肉をつけることに意識を向けて」とのこと。筋肉は重いので、体重は減りにくいそうだ。

私の場合、体重が減って脂肪があるんだから、筋肉がついてないことになりません?

体脂肪が思うように減らないのは 、やはり、食事の内容に問題があるんでしょうね。

お肉大好き、卵 (鶏卵、いくら、たらこ) 大好き、アルコール大好きだからなぁ。

ただ、運動が習慣になったら、食べても太りにくくなったのは事実だ。

肩こりも改善したし、下腹のポッコリもいくらか改善したから、そこは満足なんですが、まだまだ課題が残ってますね~。

ところで、私の隣で、マシーンを動かしていたおばさま。少し腰が曲がっているけれど、動きはとてもスムーズ。「私の母くらいの年齢(77歳)かしら~」、「積極的に運動してえらいな~」と思いながら拝見していたら、スタッフさんが、「この方、おいくつに見えます?」と紹介してくれました。

「92歳なんですよ。この春から新しいお仲間になりました」

ええ~~!! ビックリ! 噂には聞いてましたが、この方だったんですか。

「この地域では最高齢なんですよ。私たちの励みになりますよね」

肌もつやつやで、笑顔も若々しい。ストレッチも軽々とやっていた。

人間って、こんなに健康で長生きできるんですねー。

先日の新聞に「中高年の運動量が、増加傾向」とあった。今の日本、特に60代が男女ともに、せっせと運動に励んでいるのだとか。次に多いのが50代の女性らしい。

カーブスも、いつも体験者がいるほどの盛況ぶりだし、高齢化に向けて、ますます健康意識が高まりそうな気配。「長生きしても、健康でなけりゃ意味がない」。これが共通の思いなんでしょうね。

私は、まだそこまでの意識はないですけど、せめて、体脂肪20%台を取り戻すまでは継続しなくっちゃ。来月の計測日に、また報告させていただきます。

次を読む (by りーたん)


2 Comments

  1. ヘッケル

    私もカーブス行きたいと思ったのだけど、うちの近くにはなくて、わざわざ電車に乗っていかなければなりません。近くにできればいいのに~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。